竹かご

築約20年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、本当に「好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

stand.fm (声のブログ)始めました 

「くらし快適クリエイター kanadeの好きを大切にするくらし」


↓このブログの最新情報をラインでお届けできます↓

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級取得

うつわのこと、お花のこと、服装、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、画像等の無断使用・転載はお断りします☆

【たった一つで何役でも】長く育てて使える、手仕事の美しい暮らし道具

少し前になりますが。

いつかは欲しいと思っていた、
職人さんの竹かごを、
購入しました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52c2
竹細工作家の、橋本千菜美さんのもの。
まだ若くて、華奢で、かわいらしい作家さんです。

かごと暮らす。。 インテリアブログ・テーマ
かごと暮らす。。

バスケット&カゴ 雑貨ブログ・テーマ
バスケット&カゴ

もう一つお目当にしていた蕎麦ざるは
スロースターターだったので、残念ながら手に入れることができませんでしたが。
素敵な竹かごを見つけることができました。

作家モノの「うつわ」や「こもの」 インテリアブログ・テーマ
作家モノの「うつわ」や「こもの」

美しく暮らすモノたち ライフスタイルブログ・テーマ
美しく暮らすモノたち

工芸、クラフト 美術ブログ・テーマ
工芸、クラフト

好きなものに囲まれたくらし ライフスタイルブログ・テーマ
好きなものに囲まれたくらし

お気に入りの作家さんの器やアクセサリー 料理ブログ・テーマ
お気に入りの作家さんの器やアクセサリー

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52c1
彼女の竹細工は、
山に入り、竹を採取するところから始まります。
その小柄な体からは想像できないほど、
とにかく体力も腕力も必要とする竹細工の工程。

採った竹を鉈でさらに割り、均一なひごを作る。 
それだけでももう想像を絶する労力なのですが、
さらにひごを滑らかにするために、
側面も角を落とすのだそうです。

かごやざるを編む工程よりも、
その材料を作る工程がはるかに時間がかかり、
大変だという話を聞きました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52c0
数種ある中で、
私が選んだのはワンハンドルのこちらのかご。 
均一な網目が綺麗でしょう?

ファッションアイテムとしても、
暮らしの道具としても、
ずっと傍に置いておきたいな、という思いで選びました。

偶然、作家の橋本さんも同じかごを使っていて。
私が買った竹はまだ若く色も白い感じですが、
数年経った彼女の作品は、程よい飴色に。

私の竹かごも同じように、
経年変化をしていくそう。
成熟していくであろうこのかごの将来が
楽しみでたまりません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52c3
私の母も、実家で竹かごを愛用しています。
母の場合は、畑に持って行って、
その日の野菜を収穫するかごとして使ったり。
近場のお出かけにも使っています。

ちゃっかりもらおうかと思ったのですが、
「これはあげないよ」
と、笑って言われてしまったので、
私も自分のための一つをいつか、と思っていました。


竹細工のように。
ずっと引き継がれてきた道具って。
やっぱりその引き継がれてきた分だけの、「良さ」が
ぎゅっと詰まっていると思います。

ちなみに、私の竹細工デビューは「盆ざる」。
調理道具としても、器としても大活躍しています。



おしゃれの道具としてバッグにもなり、
野菜や果物を入れるかごにもなり、
収納の道具としても使える。

もちろんお手頃なものに助けられる場面も、
生活の中には多々あります。
これからもきっとたくさん消費することでしょう。

でも。
叶うことなら、一生物を少しずつ増やして生きたいというのが本音。
(お財布と常ににらめっこですが…)

長く使うことを想定できるものを暮らしの中に少しでも加えるのが、
40数年生きてきた私の喜びとなっています。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

丁寧な暮らし

スローライフな日常

暮らしをつくるインテリア*

自然から生まれ、長く使える暮らしの道具。
丁寧に使えば、娘も(もしかしたらその先の世代も)
使うことができる道具。

もし朽ちてしまっても、
自然にまた返っていく道具。

そういうものをちょっと背伸びしながらでも、
揃える暮らしをしたいなぁと思います。
  
わが家愛用の竹細工たちの記事はこちら↓




 

参加しています↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

インスタ(ご本人と動物たちのアカウント両方)をフォローして以来、
ますます好きになってしまった石田ゆり子さん。
この本の中でも
「女性の籠好きは本能的なもの」みたいな表現があって。
深く賛同しながら読みました笑。

インテリアも誰の真似でもなく独自のセンスがあり。
動物たちへの愛も惜しみなく。
素敵な方だなぁと本当に思います。


ブログポータルサイト、「にほんブログ村」の
読者登録も簡単にできるようになりました。
登録していただけると嬉しいです↓

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram

↓「ブログリーダー」に登録していただくと、
LINEで更新情報が届きます♪
ぜひご登録ください☆


QRコードからでも登録できます。




☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。 






 

伊藤まさこさんもお気に入り、竹細工職人さんの美しい手しごと

すっかり間が空いてしまいましたが…


先月、堪能した信濃路旅行。
お目当てのクラフトフェア松本では
私のアクセサリーしか手に入れませんでしたが…


翌日足を延ばした安曇野で
素晴らしい出会いがありました。


(過去記事はこちら→

1泊2日の長野旅行。

初日は松本、
2日目は安曇野、となったのですが、
2日目の行程を決めたのはその日の朝のこと。


例年だと上田のhalutaさんに行くのですが、
今回は日、月の旅だったのでhalutaさんはお休み。


それならば、行ったことのない場所へ行こう!
ということで、
急きょ安曇野に決定しました。
thumb_IMGP8800_1024


その一番の誘因となったのは…
足を運んでみたい、職人さんの工房を
たまたま前の日にネットで見つけたから!


その先が、「竹の工房 よしだ」さん。
thumb_IMGP8871_1024

吉田佳道さんという、
竹細工職人さんの工房に
どうしても行ってみたくなったのです。

thumb_IMGP8872_1024

つい最近も新宿伊勢丹で個展を開催されていたり、
シェーカーボックスの作家、
井藤昌志さんのセレクトショップ、
「LABORATORIO」(ラボラトリオ)さんでも
取扱いのある作家さんです。
東京だと、シボネさんも!


月曜日だし、
工房がお休みだったらどうしよう…
と思っていたのですが、
運よく開いていて♪



吉田さんご本人はいらっしゃいませんでしたが、
奥様がとても親切に
一つ一つの作品を説明してくださって、
子連れにもかかわらず丁寧に接客もしていただいて、
今回の旅の一番の思い出がそこでできました。





古民家をイメージしたという
ご自宅兼工房も
いたるところにご夫婦の嗜好が反映されていて、
とても素敵な空間でした。
thumb_IMGP8816_1024

(写真撮影はNGだったので
ご紹介できないのが残念ですが…本当に素晴らしかった!)


吉田さんは、ほぼ日の伊藤まさこさんの
こちらのコラムでもご紹介されています→



くらし、について、長く憧れを持っていた方も
好きな作家さんと知って、
より嬉しくなりました。




そして…前置きが長くなりましたが、
迎えたのはこちらの作品です。

thumb_IMGP8860_1024



竹かご。竹の性質を生かしきった、
美しい作品。


その名も
「ささなみかご」。

thumb_IMGP8858_1024

その土地土地の竹によって、
作る作品も異なるのだとか。


これは九州の真竹を使ったそうで…
太い竹を割り裂いて何本もの細いひごにして…
どれだけの工程がかかるか、
と…気の遠くなる思い。

thumb_IMGP8859_1024

お値段を聞いて
「安すぎじゃないですか?」
と思わず口にしてしまうほど。

その私の言葉に対して奥様は
「そうご理解してくださる方がいるのは本当に嬉しいです」
と、笑顔で答えてくださいました…。

thumb_IMGP8859_1024


そしてこの作品について言えば、
この美しい曲線を描くために、
日本の籐職人さんのもとで
その編み方を教わったのだそうです。




奥様のお話を伺いながら、
その作家さんとしてのご主人の探究心に
感嘆の声が何度漏れたことか…。


そして同じサイズのかごが
幾つかある中で
やっぱり手仕事のものなので
個体差もあるわけで…



「せーの!」で相方さんと指差したものが、
真ん中に置かれた、この子でした。
同じものを指差したあと、
互いに安堵の笑みと、
「これ一緒に選ぶって自信あった」
という私の言葉に
「俺も」
といつものやりとりもあり(笑)。


ブログ村テーマ
丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

この美しい竹かご…わが家での用途は、
というと…



ここに置きたかったのです。

thumb_IMGP8869_1024


古い台所に、洗いかごとして。




カゴとこのキッチンタオルのダブル使いだと
とても頼もしいです。
にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)



入れられた器たちも、
置いてあるだけで絵になります。
thumb_IMGP8865_1024



ただ、このかご、
外側はガラス質で水に強いのだそうですが、
内側は水分を吸収しやすいのだとか。
thumb_IMGP8868_1024


梅雨…、
ただでさえ湿気が多いこの時期ですが、
それでも洗った器はすぐしまって、
そのあとはこのかごを風通しのいい場所に置いて、
大切に使いたい、と思います。


この白い竹も、
使っているうちに徐々にあめ色になっていくのだとか。


経年変化、というものに弱い私たち(笑)。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


丁寧に作られたものを心を込めて使っていくくらし、
ここでもまた一つ、始まりました。

thumb_IMGP8873_1024
吉田さんの個展、
関東でも。
足を運びたい欲求にウズウズしています。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


ブロガーさんの間では
明後日から始まるこちらの情報がどんどん集まってますね。
遅ればせながら私も
チェックするつもりです。






↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。








LINEで記事更新のお知らせ↓
LINE読者登録QRコード

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
Twitter
Twitter始めました。フォロー大歓迎です。
search
gallery
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
  • 〈無印良品〉新商品が人気ケースにぴったり!シンプルですっきりと収納できる組み合わせ
archive
楽天市場


sponsored links