古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

  ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅と手仕事のものでつくる、「好きなものに囲まれた暮らし」。

木工作家

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、本当に「好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

↓このブログの最新情報をラインでお届けできます↓

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

金沢旅行の旅みやげ〜喜八工房さんの職人技が光る逸品〜

先月、金沢への小旅行で、
立ち寄った「喜八工房」さんのお店。


喜八工房さんは
旅の少し前に家族分のお椀を揃えたお店。
その美しさ、実用性にすっかり虜になり、
実店舗にもぜひ足を運ぼう!と決めていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341e

お椀はネットで購入。
旅行が先に決まっていれば、実際に手にとって選んだのに、とちょっと悔しい気持ちも。
ブログ村テーマ






UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32db


素敵な器を作るお店は、
お店そのものもとても素敵な空間でした。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32d7

ひがし茶屋街にある店舗。

お庭のあしらいも初夏の日差しを浴びて、
とても清々しく。

にほんブログ村テーマ
木のうつわ。。。



喜八工房のうつわ


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32d9 2

フィン・ユールのウッドボウルを髣髴とさせる、
流れるような木目が美しいボウル。


店員さんもとても親切な方で、
気になるもの一つ一つ、
丁寧に説明してくださいました。


そして数ある作品の中から、
わが家が選んだのは、こちら。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3423

白木が美しい、一輪挿し。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3420

他に見たことのないデザインに一目惚れ。
これを1本の木から繰り出して、
割れないように中も掘り出して…

まさに鍛錬された技を持つ職人さんだからこその、
作品だと思います。



ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


スローライフな日常

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3425

底にはこんなアクセントも。

店員さんがお店にある在庫、全てを出してくれ、
一番お気に入りの木目のものを選びました。
手作りだから、手仕事だから、
ひとつひとつ違う美しさ。
「せっかくだから、一番のお気に入りを。」
という店員さんの気遣い、とても嬉しかったです。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3422

耐水性ではないので、
ドライフラワーを飾っています。

でも、中にガラスなどでできた、
細い容器を入れられる程度のゆとりがあるので、
近々見つけてきて、
生花も飾れるようにしたいと思います。




喜八工房さん、
他の器も本当に魅力的なものが多くて、
最終的にどれを選ぶか、
本当に迷いました。


でも、
私は花器が好きなようで、やっぱりこの一輪挿しに。

四季折々の花々を
この花器でも楽しみたいと思います。


↓参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。






やっとの脱100均!家族おそろいで念願のうつわを。

 今更ですが…

前回のお買いものマラソンのときに購入した、
喜八工房さんのお椀が届いています。


これで家族3人分、
みんなおそろいになりました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341e


ブログ村テーマ



白木に見えますが、
ウレタン加工が施されていているので
沁み跡の心配はありません。
でも、テカっていないところがとても好み。

他にはG型とY型もあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341b

材は樫の木。
固くて職人さんにとっては扱いにくい類の木だと思いますが、
その木目はどれも個性があって美しい。





木目を見ては、
これは木のどの辺の部分かな?とか想像しながら手に取るのも、
木工の醍醐味です。

それに何と言っても、
ぬくもりがたまりません。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341c


実はあるお店でこのお椀を見つけた時、
「私、このお椀が欲しい」
と言い出したのはムスメ。


それを覚えていた相方さんが、
ムスメにプレゼントし…わが家にこの樫椀が最初に来たのです。
(過去記事「子どもだからこそ触れさせたい日用品〜手しごとのうつわを身近に〜」→) 


で、
そんな素敵なお椀をムスメだけが使っていて、
私たちは「とりあえず・間に合わせ」的に買った、
100円ショップのお椀を使っていたのですが…



食器棚に並べても、
食卓に並べても。


そのお椀だけが浮いているように見え…、
そして、
ムスメが使っている樫椀を手に取るたびにその魅力に惹かれ…、


ついに追加で、
私たち夫婦の分2つを購入しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341d


何気なく買ってしまって、
でもお気に入りになかなか出会えずに、
気が付けば100円ショップのお椀は4年ほど使っていたのですが…


やっぱり
モノってそのまま「とりあえず」の状況で所有してしまうと、
なかなか手放せなくなるんだな、
と改めて気づきました。

ブログ村テーマ
すっきり暮らす


明日のためにできるシンプルなこと


スッキリさせた場所・もの


暮らしの見直し




ただでさえ、
好きなものが溢れがちなわが家。
やっぱりここは快適に暮らすためにも
貫きたいポリシーだな、と感じます。


でも古いお椀も、
日々の食卓を支えてきてくれたものの一つ。
感謝しながら、処分しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341f


食器一つとっても、
暮らしを考えるうえで大切な価値判断を教わったな、
と実感しています。



ちなみに、お椀とうつっているお茶碗は(茶色のもの)
今日発売の、カーサブルータスでもご紹介されている額賀章夫さんのもの。
大好きな作家さんです。
(早く読みたい…)


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


スローライフな日常


新しく迎えた樫椀、
家族全員で長く使いたいと思います。


実は…金沢旅行では、
喜八工房さんの実店舗に行くことができ、
そこでもすてきな出会いが。


にほんブログ村テーマ 木のうつわ。。。へ
木のうつわ。。。

にほんブログ村テーマ 喜八工房のうつわへ
喜八工房のうつわ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32db






また改めて記事にしたいと思います。



↓参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログへ


☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。






憧れの木工作家さんと会う〜今年の益子で手に入れたうつわ〜

今年の益子の陶器市。

いい出会いがあればいいな、と思って楽しみにしていたのは、
陶芸作家さんではなく、
木工作家さんのテントでした。



Ian Haydenさんのテント。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_31f9






前々から覗いてはいても、
いつもこのワンちゃんとお散歩中なことが多く、
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_31ff

奥様とはお話しできても
なかなかご本人とは会う機会がなく、
でも今回はスタッフさんとお話ししているうちに
帰ってこられて。


脱サラをして
日本で木工を自学で身につけたという経緯も伺っていたので
(しかもその前職が
女性の方なら大半が知っているような
大手外資のアジアのとある部門の担当の上の方っていう、
軒並みならぬ経歴の持ち主なのです)
なおさら、
どうして木に魅せられたのか、
そういう生き方を選んだのかとか、
聞いてみたいな、という興味がありました。



今回も心惹かれる作品が多い中で、
私が選んだのは、こちらのうつわ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_324d

欅の巨木からくりぬいて作られた、
木目が美しいボウルです。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_324f

底を見ると、
その年月の積み重ねがはっきりわかります。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_324c

他に見たこともない独特の形も
思わず手に取った理由の一つ。


普通にボウルとして
食材を入れるのもいいと思いますが、
私は中にガラスの浅いボウルと剣山を入れて
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3252


花器として主に楽しもうと思います。

にほんブログ村テーマ 花のある生活へ
花のある生活

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3251





ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


スローライフな日常



とても気さくなヘイデンさん。
作品を作り上げるまでのこと、
仕事を辞めて今の道を選んだこと、
とても優しい眼差しで
色々とお話ししてくださいました。


サラリー(ウー)マンの私としては
好きなことを選んで、
生業としている方たちに
とても尊敬の念があります。


「何を選んで、どういう風に生きたいか」


そう仰っていたのが
とても心に残りました。
(奥様は「彼、仕事やめた。私仕事やめられなくなった。」
とユーモアたっぷりにお話ししてくれました(笑))。



彼のパンフレットに
「In nature, no two objects are alike,
and  each piece of wood is a work of art unto itself.」
と一番先に書かれていました。


陶芸もそうだけれど、
さらに木工は
その木の個性が作品に現れ、
ヘイデンさんもその個性を生かした物作りが好きなんだそう。

どこをどう探しても、
この器はわが家にしか無い、
世界にひとつだけのものです。
自然って、すごいなぁ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3250

そうそう頻繁には買えないけれど、
すっかりファンになってしまった作家さん。


機会を見て、
お気に入りを増やしていけたらいいな、と思います。



↓参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ 


☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。






読者登録
LINE読者登録QRコード

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
Twitter
Twitter始めました。フォロー大歓迎です。
search
gallery
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
  • 〈幸せを感じる1枚〉40代、そろそろ日常にこんな贅沢もありかな、と思ったニット
archive
楽天市場


sponsored links