北欧家具

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、本当に「好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

↓このブログの最新情報をラインでお届けできます↓

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた

気が付けば、わが家は、
ありと、あらゆるところに、
北欧ヴィンテージの家具を置くようになっていました。

暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ 

先日、思いがけないご縁で、
記者としての経験をさせていただいた、
名作北欧ヴィンテージ家具を扱う
MOTO FURNITURE』さん…
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b00
その取材を通して、
わが家がなぜ、北欧ヴィンテージをこよなく好んでいるか、ということを
気づけたような気がしたので、
改めてまとめてみました。

わが家の北欧ヴィンテージ家具の一部です↓


1 日本のライフスタイルにも馴染むデザイン

いきなり別方向から攻めますが…
ヨーロッパの名だたる画家たち、
例えば、ゴッホやモネが、日本の文化(浮世絵など)に、
大きな影響を受けた、ということをご存知の方も多いかな、と思います。

北欧家具も、そういうものが多いんです。

和室のある家は、どんどん減っているらしいですが、
北欧ヴィンテージの持つ味わい、機能性の良さは、
木造建築の多い、日本にもよく馴染みやすいんですよ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b01

取材記事にも書きましたが…
今、皆さんがご覧になっているドラマ、好きな芸能人が出演しているCMなどなど…
住環境の背景にある家具にちょっと注目してみてください。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5afd

モダン、であれ、シンプル、であれ、家庭的な環境、であれ…
かなりの確率で北欧ヴィンテージ家具(もしくはそれを模したもの)を
置いている場合が多いです。

つまり、プロのインテリアコーディネーターさんでさえも、
北欧ヴィンテージを置く、という選択を持つことが多い、ってことがよくわかります。

2 資産としての価値

これは特に、いわゆる「作家もの」の世界に言えることですが。

当たり前だけれど、今から当時の作家が手がけた「ヴィンテージ」を作り出すということはできません。
私も実はあまり詳しくないんですが、
フィン・ユール、ウェグナー、アルネ・ボター、モーエンセン、などなど…。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b0d

現行品が発売されているものもちろんありますが、
経年変化の持つ美しさと言ったら…。

日本では一時的なブームで広まりつつあった
「北欧インテリア」
ですが。
今や、世界中にファンも多く、
年々その価値も増しています。

私は資産運用について全くと言っていいほど無知ですが、
私と同じようなタイプの方なら、
名作という作品を保有する、というのも
いい方法なんじゃないかな、と思います。

(いくらかけても構わないから、
欲しい北欧ヴィンテージを見つけて欲しい!という方々が、
ディーラーにお願いして探す世界でもあります…。)

うちは決してお金持ちではないけれど(汗。

娘がもしも、露頭に迷うことがあったなら、
今うちにある家具を上手に手放せば、
ちょっとは食べていけるかな、と思っています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b0a

ただ、私たち夫婦が生きている限りは、
今のところ、どの北欧ヴィンテージも手放すつもりはありません笑。

3 サステナブルなものづくり

これは、自分が親になって、そして震災を経て強く思うようになったこと。
日本人の「使い捨て文化」、
もう、ほどほどにしなきゃいけない、と大真面目に思っています。

確かに私も、日用品の多くはいわゆる消耗品で、
100円ショップをはじめ、ファストファッションにもたくさん助けられています。

家計のこともありますもんね。

ただ、目の前の便利さだけを求めた暮らしで
果たして日常の「100%」を満たしていいものか、
とはとても思うんです。

北欧ヴィンテージの家具の多くは、
木材のこだわりがあり、そこに確実なクラフトマンシップの技巧が活かされ、
「長く使う前提」で作られているものが数多くあります。

暮らしに使っていけば、少々の傷も汚れもできるでしょう。
だけど。
ちょっと手入れすることによって、
また新しい命が吹き込まれるんです。

森林が新たに伐採されることもなく、
自然に還らない特別な物質をほぼ使うこともなく。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5afe

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b00

私にとって、それってとても尊く、
美しい世界の循環なんですよね。

中には
「じゃあ、持っている北欧ヴィンテージに飽きたらどうするの?」
という方もいるかもしれないけれど。
そういう時は、是非、近所のリサイクルショップではなく、
オークションサイトや、ヴィンテージ専門の家具屋さんに問い合わせてみてください。
きっと次の使い手さんが見つかって、
またそこで、長年愛されると思います。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b0c

あなたが未来に託したいのは、
ゴミで溢れた世界か、
それとも古いものでも大切に使おうとする価値観か。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b04
極論でいうとこんな価値観が、
北欧ヴィンテージの世界を通して知ることができます。

(あ、でもこのブログでは、
100均ネタもファストファッションネタも
これからもいいと思ったものはあげると思います。
できる範囲で理想に近づいていきたいとおきたいと思っているので、
ダブスタ、と言わずお付き合いください…)

4 まとめ

以上、4つが私が北欧ヴィンテージ家具を愛する理由になります。
なんか、熱を伝えたいあまりに、
小難しい表現になってしまってごめんなさい。

でも。
取材を通して思ったんですが。
本当に北欧ヴィンテージの家具の虜になってしまった方達には
今回のモトファニチャーの方々をはじめ、
真剣にモノのこと、未来のこと、を考えている方が多いんです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b10

3.11を通して。

私は、娘の世代もそうですが、
その先も、ずっと先も、
自分たちが無責任に生み出したもので
「ツケ」を残す社会にしたくはない、と強く思うようになりました。
家具以外のものにおいても。

(娘が4、5歳の頃。
自分のお小遣いを出して買った、立体絵本です。
なぜか、頑なにこれを買う!と言って聞かなかった…。
多くの大人に、読んでほしいです。)

どんなものでも。
多くの人たちが、長く大切に、
愛でることができる暮らしになれば。

世界は確実に変わっていくと思います。

こちらのサイトが、
私の記事になります↓ 

掲載中の写真も、私が撮影したものです。
誤字がありますが…一度お時間があったら、
ご覧ください。

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧雑貨 雑貨ブログ・テーマ
北欧雑貨

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

わが家が初めて、モトファニチャーさんと出会った時の記事です↓。

買わなくても、買えなくても。
一度プロの、腕のいいリペア職人さんがいる、ヴィンテージのお店を覗いて、
直接お話しすると、
また違った世界が見えてくると思います♫。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

暮らしをつくるインテリア*

参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村





2月から、「古く小さく愛しいわが家」の
スピンオフブログを立ち上げました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5be9
ブログ名「好きなものに囲まれて暮らしたい」

もっとラフで、ノージャンルで更新中 
こちらも見ていただければ嬉しいです


↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約850名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


〈記事掲載のお知らせ〉北欧ヴィンテージ家具店『モト ファニチャー』さんを取材してきました

昨年の、秋の終わり頃。
とあるご依頼を受け、
人生初の「取材」、そして記者としての執筆をしました。

その取材先はというと
名作北欧ヴィンテージ家具を中心に取り扱う
MOTO FURNITURE』さん。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b0b

依頼のお話があったときは、
「え?私でいいの???」
というのが正直な感想でした。

過去に取材を「受け」たことは数回ありますが、
こちらが「する」側の立場になって原稿まで書くとは…。
何度もその旨を確認したのですが、
一般の「北欧家具好き」としての視点での取材で大丈夫です、ということで、
お店に伺うことになりました。
(北欧ヴィンテージ家具ブロガー、という肩書きにしていただいたようで、
大変恐縮です…)

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧雑貨 雑貨ブログ・テーマ
北欧雑貨

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b02

現在、モト ファニチャーさんのHPで
私の書いた原稿を掲載いただいています。
(記者、とあるのが私です…)
長文になるのですが、思いをぎゅっと込めたので、
よかったらたくさんの方にご覧いただきたいです↓

掲載中の写真も、私が撮影したものです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
実は、モト ファニチャーさんに、
以前わが家はお世話になったことがあります。


そう、わが家のダイニングテーブルを購入したのが、
モト ファニチャーさんだったのです。

まさかフィン・ユールの家具を
わが家に置けるなんて夢にも思っていなかったので…
もう5年以上前の出来事ですが、
購入した時のこと、お店に伺った時のこと、
鮮明に覚えています。

今回の取材を受けて、
どこでどう繋がるかわからないなぁ、と
再びのご縁をとてもありがたく思いました。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

暮らしをつくるインテリア*

と、ちょっと長文になる気配がするので、
またお店の取材の記録は別記事で更新したいと思います。
もっともっとたくさんの人に、
北欧の、こと北欧ヴィンテージの良さを知ってほしいなぁ。
そんな内容の記事にする予定です。

暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ 

モト ファニチャーさん、
ご掲載ありがとうございました。

参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村







2月から、「古く小さく愛しいわが家」の
スピンオフブログを立ち上げました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5be9
ブログ名「好きなものに囲まれて暮らしたい」

もっとラフで、ノージャンルで更新中 
こちらも見ていただければ嬉しいです


↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約850名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


〈憧れのお店『ミナペルホネン・エラヴァ』で〉ウェグナーの椅子、買いました

去年の晩秋の頃になりますが…

近くを訪れる機会があったので、
大好きなminä perhonen 『elävä』(ミナペルホネン エラヴァ)に
立ち寄ってきました。

このお店、本当に大好きで。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_572a
足を運ぶたびに、
色々な刺激を与えてくれる、
素敵な空間です。

mina perhone ミナペルホネン ファッションブログ・テーマ
mina perhone ミナペルホネン

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_572e
皆川明さんが選んだヴィンテージ家具はもちろん、
新鋭作家のオブジェなども販売されていて、
とにかく、飽きません。

と、こんな憧れのお店で。

まさか、の、
北欧ヴィンテージチェアを購入しました。

Hans J. Wegnerの
『FH708』
です。

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

北欧雑貨 雑貨ブログ・テーマ
北欧雑貨

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5736
これはお店で購入した時の1枚。
丁寧にスタッフさんが梱包してくれました。
(車で行った時だったので、
そのまま持ち帰りました。)
梱包のビニールシート、タンバリンの模様。
しばらく捨てられませんでした…。

4脚以上、在庫があったような気がします。
どれも全てメンテナンス前のもの。

一つ一つコンディションを夫婦で吟味し、
「これにしよう」
と決めて購入してきました。

ただ…
思いっきり、塗料で染められたウェグナーのチェア。

どうせなら、自分たちの好みに
メンテナンスしてみよう!ということになり…

初めてのセルフメンテナンスに挑むことに(夫が笑)。

寒さがひとしお厳しかったこの冬、
彼はひたすら空き時間を見つけては、
この椅子と向き合っていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a15
寒そ〜、と家の中から様子を見ているだけの私と娘…

まずは、塗装を剥がしたのですが…


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5728
まさか黒色の下には、
朱色!がさらに塗られていた、という事実が発覚…
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5730

そして今、こんなコンディションまでたどり着きました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a17
いや〜、頑張ったよ〜、夫。
塗装剥がし、洗浄、サンディング(研磨)と、
なかなかの厳しい道のりを黙々と向かい合って、
ここまでたどり着きました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a16
木材に浸透してしまった赤色が若干残っていますが、
オイルを重ねて徐々に塗布し、
この時よりもだいぶ目立たなくなりました。


座面はいつもお世話になっているお店に、
目下張り替えをお願い中。

今月中には、生まれ変わった
ウェグナーのチェアがわが家にまた1脚、増える予定です。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

丁寧な暮らし

スローライフな日常

暮らしをつくるインテリア*
 
デンマーク、フリッツハンセン社で
1948年にウェグナーによって作られた椅子。
2021年、70数余念の時を経て、どうなるのか、
とても楽しみです。




暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ

わが家のウェグナーの椅子たちです。
全部思い入れの深い宝物。






参加しています↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村





↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約850名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


お知らせ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、私からお知らせが一つあります。

もうお気付きになっている方もいらっしゃるとは思うんですが、
改めて、ご報告させてください。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

暮らしをつくるインテリア*

B09B6A95-0681-4DCE-BF24-6B3D7DE98311
ブログのヘッダーが、新しくなりました

どうにかリニューアルしたいなぁ、と思いながら半年以上。
今回、重い腰を上げて、慣れない操作で自作してみました。

今まで撮影した写真の中で、どれを使うか本当に迷いましたが…
特に思い入れの強いもの、わが家らしいものを選んだつもりです。

プロへの制作依頼も考えましたが、とりあえず自分でやってみて…
結果、楽しかったです♪

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

と、報告とか勿体ぶって言っておきながら、
こんなシンプルなお知らせになってしまい申し訳ありません

モノ選びの基準 ライフスタイルブログ・テーマ
モノ選びの基準

好きなものに囲まれたくらし ライフスタイルブログ・テーマ
好きなものに囲まれたくらし

暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ

今日から2月。
気持ちは新たに、
これからも引き続きブログ生活を楽しんでまいりたい所存でございます。

どうぞよろしくお願いします。

ヘッダーに使われた画像の過去記事をピックアップしてみました。
ご覧いただければ嬉しいです。









参加しています↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村






↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約850名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


〈久しぶりの北欧名作家具〉Hans J. Wegner のヴィンテージチェアのあるダイニング

昨年の晩秋のこと。

よく覗きに行く、北欧ヴィンテージ家具屋さん。
hisagu さんで
素敵な出会いがありました。


わが家のダイニングチェアは
3人家族だから、3脚。

内、1脚は
成長段階に応じて大人まで使える、というベビーチェアで
娘が使っていました。

が。

確かに使えないことはないんだけれど、
成長するに伴い、
そして空間が変わるに伴い、
なんだかダイニングに違和感が…

気に入ったものが予算内で手に入るタイミングで、
と、ずっと交換するためのダイニングチェアを探していたのですが、
今回、お世話になっているお店で
購入することができました。

それがこちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a33
ウェグナーデザインの、
CH30 です。
デンマーク、Carl Hansen & Søn社で作られたもの。

1950〜60年代の作品です。


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

一度、同じhisaguさんで見たものの、
その時は既に売約済みで。






それが、いいタイミングで出会うことができました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2c
材は、チーク×オーク。

チークのチェアを、と最初は探していたのですが、
ダイニングテーブルがフィン・ユールのローズとなって、
予想外の重厚感が出たリビング。



なのでチーク1色よりも、
オーク材の軽やかな色合いもあったほうが、
わが家のダイニングには馴染む気がします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a36
 座面裏にはしっかりと刻印も。
こういうの、たまりませんよね。
わかる方には、わかってもらえるはず…笑。

北欧ヴィンテージ家具が大好きなわが家ですが、
その理由はやっぱりデザインと、
作りの堅実さ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2d
特にこのCH30は…

この背面のクロスの木組みが本当に美しいんです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2e
ネジや釘と言った金具を一切使わず、
それぞれのパーツがフィットするように
凹凸をつけて作られた家具。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2f
後ろ姿もまた美しく。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a35
背もたれのオークのこのアーチも
木材を贅沢に使い、一つの木からくりぬいたものです。

「クラフトマンシップ」。

なんて素敵な言葉で、
素敵な文化だろうと思います。

最初にお店で見た時は、
リペア前でしたが…

hisaguさんが
リペアもまたとても丁寧にしてくださって…

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a37

 座面も好みのものに張り替えていただきました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a30

カメラの露出でちょっと明るくなっていますが、
ちょっとデニムのような、
グレーがかかったネイビーの生地を選びました。

リビングのソファも
ネイビー×グレーの組み合わせなので、
この色にして良かったと、置いてみて改めて思いました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a34
これが、今のわが家のダイニング全景です。

この家に住み始めて揃えたものがほとんど。
時間をかけて、気に入ったものを一つずつ揃えてきました。

モノ選びの基準 ライフスタイルブログ・テーマ
モノ選びの基準

わが家の『定番品・愛用品』紹介します 雑貨ブログ・テーマ
わが家の『定番品・愛用品』紹介します

愛用品 ライフスタイルブログ・テーマ
愛用品

好きなものに囲まれたくらし ライフスタイルブログ・テーマ
好きなものに囲まれたくらし

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a32
ウェグナーのデザインのものは、
この2客のチェアに加え、
わが家は、ソファ、本棚、と合計5つになりました。






過去記事、自分でも改めて読み直すと面白い笑。
でも根底にある想いは変わらず、いやむしろ深まっているなぁと思います。

別にウェグナーにこだわって集めているわけではないんですが
行き着く先がそこだったりするから、
夫婦共々不思議だなぁ、と思います。

6〜70年かけて、
引き継がれたこの1脚。

決してお安い買い物ではないけれど、
とても長い目で見たら、
お財布的にも高すぎる、とは全く思わないし、
(むしろとても全う、どころか安いくらいだと思う)

何より本来の「エコ」のある姿って、
こういうものじゃないかな、と思いました。


私も大切に育てていきたいと思います。


参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログへ





↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約700名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


読者登録
LINE読者登録QRコード

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
Twitter
Twitter始めました。フォロー大歓迎です。
search
gallery
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
archive
楽天市場


sponsored links