ヴィンテージキリム

築約20年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、本当に「好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

stand.fm (声のブログ)始めました 

「くらし快適クリエイター kanadeの好きを大切にするくらし」


↓このブログの最新情報をラインでお届けできます↓

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級取得

うつわのこと、お花のこと、服装、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、画像等の無断使用・転載はお断りします☆

〈育てていく、美しい道具〉ヴィンテージキリム、5つの魅力

ご訪問ありがとうございます。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


夏の終わりごろのこと。


わが家で3枚目の
ヴィンテージキリムを購入しました。


この家に住んで6年が経ちましたが、
4枚ラグを購入して
そのうち3枚がヴィンテージキリム、です。

絨毯、じゅうたん、キリム、ラグ インテリアブログ・テーマ
絨毯、じゅうたん、キリム、ラグ


ヴィンテージキリム3

今日は、なぜわが家がそんなにもキリムにハマっているのか、
その魅力を織り交ぜつつ、書いていこうと思います。



インテリア雑貨・家具・アンティーク インテリアブログ・テーマ
インテリア雑貨・家具・アンティーク

素敵なインテリア アンティーク雑貨♪ インテリアブログ・テーマ
素敵なインテリア アンティーク雑貨♪

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

インテリアを楽しむ♪ インテリアブログ・テーマ
インテリアを楽しむ♪





○1 デザインの豊富さ


ヴィンテージキリム、と一言で表現しても、
その産地や
造る民族によって色やデザインがとにかく豊富です。

地域によっては当然、
採れる顔料も違ってくるし、
アイコン(象徴)も違ってくるので、
織りなされる柄もさまざま。


IMG_3486 2

今回わが家が購入したのは、
ベージュ地にブラウン、ブルー、ピンク、と
ちょっとかわいらしい柄のものです。


この色の組み合わせがお気に入り。

おそらく花々を模していると思われるモチーフも
「らしい」雰囲気があって好きです。


キリムやペルシャ絨毯は、
ほとんどが手織り。

そのため、逆に同じ色柄を探す、というのが困難なほど。
探せば探すほど、
いろいろなデザインに出会える魅力があります。



わが家が過去に購入したオールドキリムはこちら




○2 丈夫で長持ち


ヴィンテージキリム、
ウールをぎゅっと詰め込んで織り込まれているので
とにかく丈夫です。


織が密なので、
2メートルを超えるような大きいサイズだと
一人では持ち運ぶのは困難なほど、ずっしりと重いです。


でもその分、とにかく丈夫!

IMG_3482 2


猫飼いのインテリア好きには悩ましい爪研ぎ問題ですが、
ちょっとやそっとではぼろぼろにはされません。


作った地域の人たちが石敷きや大地の上で靴を履いて使うものなので、
本当に丈夫なんですよね。

わが家もいつか、マイホームを立てた暁には
コンクリートの床の上にキリムを重ねて敷いてみたいな、なんていう
願いもあります。


丈夫なのでダイニングテーブルの下に敷いて
椅子やテーブルで生じる傷を防ぐ、という使い方もできますよ。


○3 経年変化が楽しめる


今回購入したこのラグ。

IMG_3483 2

ご覧いたただいてわかるように、
経年変化による色褪せ、擦れによる濃淡が生じています。


でも、これがとにかくかっこいい。


新品では出せない雰囲気。
真似して人工的に作り上げると一気にチープになるこの経年変化の加工。

それが楽しめるのも
本物ならでは。


わが家で使っていくうちにも
また変化していくことでしょう。

ちなみに、オーバーダイ、と言って
褪せたラグをさらに染め直した種類のものもあります。

これもいつかは、と思っているラグの一つです。

インテリア雑貨 雑貨ブログ・テーマ
インテリア雑貨

暮らしをつくるインテリア* インテリアブログ・テーマ
暮らしをつくるインテリア*

生活を楽しむ料理・旅行・生活・お買い物 ライフスタイルブログ・テーマ
生活を楽しむ料理・旅行・生活・お買い物 


○4 使い捨て、ではない道具


これは、2、4、で説明した項目と
多少内容が被っているかもしれません。


皆さんの中で、ラグの寿命、と考えた時、
何年、を想像しますか?


私もヴィンテージキリムに出会う前までは、
もって5年?くらいの感覚でいました。


IMG_3469 2


でも、数年前、
中目黒のHIKEさんでのラグ展を見に行ってからその概念が刷新されました。


今でこそメジャーですが、
ベニワレンを初めて見たのものその時でした。
同時に新旧問わず豊富なペルシャ絨毯も拝見しました。


ベニワレンはまた
地域が違い、キリムではないですが、
長く使い続けるという観点で作られているのは同じ。



使い捨て、ではないものを持つ喜びは、
わが家が北欧ヴィンテージなどの家具に興味を持つ気持ちと
つながるものがあるなあ、とその時深く感銘を受けました。



IMG_3481 2


服もそうですが…

ラグや家具など
面積が大きいものは捨てる時に余計胸が痛みます。


(ものによっては
少女の細い指でなければ織ることのできない
とても繊細なラグもあるんです。)


なら私は、
極力捨てなくても長く楽しめるものを選びたいです。


○5 どんな部屋にも合わせやすい


これ、意外に思う方も多くいるかもしれませんが…


本当に合います!


少なくとも、お部屋にある程度こだわりがあって
インテリアを楽しみたい、と思っている方のおうちなら
許容範囲は広いと思います。

  

  

わが家のような古い日本の戸建でも、
和室でも、
かっこいいモダンな部屋でも、
シンプルで洗練された雰囲気のお部屋でも…


IMG_3477 2

(今回2枚目のキャットウォーク、いただきました。)


なので、引っ越したり、
別の部屋で使う可能性を考えたりしても、
オールドキリム、っていい選択肢なんじゃないかな、と思います。


多国籍な雰囲気を演出すると
より空間に溶け込む気もします。




#オールドキリム、
#オールドペルシャ

などで検索してみると
いろいろな方の素敵な使い方が拝見できて楽しいです。


古いものは、ちょっと…という方は
新しいキリムやペルシャ絨毯を購入して
育てていく楽しみもおすすめですよ。
(予算は多分、ぐっと上がると思います…。
私も憧れのものの一つです…)



以上、今日は
オールドキリムの持つ魅力について書いてみました。

本当にデザインが豊富で、
その作成された背景も知れば知るほど興味が湧いたりもするこのラグの世界。

興味のある方はぜひお気に入りの一枚を
探してみてくださいね。


わが家のリビングについてはこちらで記事にしています↓



北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ



参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村






Instagram
my Instagram

Twitter
my twitter

2月から、「古く小さく愛しいわが家」の
スピンオフブログを立ち上げました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5be9
ブログ名「好きなものに囲まれて暮らしたい」

もっとラフで、ノージャンルで更新中 
こちらも見ていただければ嬉しいです


↓に登録していただくと、
更新情報をお届け♪ 
現在約1100人以上の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。)









QRコードで簡単登録もできます↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村


おすすめサブスク
隙間時間のお供にスマホで利用してます







Amazonプライム30日間の無料体験はこちら


 




楽天じゃなくても、楽天ポイント貯まります↓
Rebatesお友達紹介キャンペーン



今さらだけど、夏じまい、冬支度。

伸び伸び伸び伸び伸び伸び…


溜まっていた、夏じまい作業を
この週末に終えました。




体調不良だったり、
(39度超えをムスメも私もこの秋の週末に経験…)
お出かけだったり、
行事だったり…で。

いつもより1ヶ月くらい遅れての
この作業。

まずは、扇風機をきれいに。
(今頃感満載ですが…)


外せる部品は外して、
中性洗剤でスポンジで洗い、
ついでに、埃が気になり始めた
レクリントの照明もシャワーできれいに。
thumb_IMGP9709_1024

扇風機のはすぜない部分は、
中性洗剤を含んだウェスで
綺麗に拭き拭き。

にしても。
扇風機(の、特に羽根部分)って
どうしてこうも
埃がつくものか…。
(わが家だけだったらどうしよう、と思いながら書いています…。)

しまう時には
来年気持ちよく使うためにも、
やっぱり
お掃除は必要不可欠です。


使っている洗剤はこちら。

主にお風呂掃除に使用していますが、
住宅用洗剤としてあらゆる場所に使えます。

環境に優しい成分なのと、
見た目のボトルも洗練されてていて好きです。


クリーナーは無くなったら、
こちらの洗剤を希釈すれば
同様に使えるという嬉しい仕組み。

同シリーズのこちらは単体として洗剤にも使えるのですが、
希釈するとマルチクリーナー同様に、
ありとあらゆる住宅用洗剤として使えるので
リピしています。



thumb_IMGP9711_1024

スポンジは、こちらのもので。

おなじみ、THEの新製品。
特殊合成ゴムの力で
水だけでも汚れ落としの力を発揮しますが、
今回は洗剤と一緒に使いました。

海洋汚染にも使われるという素材が用いられているだけあって、
効果も使い心地も◎です。


ちなみに、キッチンの油汚れには
これをずっと使っています。
ヒバの香りが
清潔感を増長させてくれるのと、
しっかり油汚れを落としてくれるのが頼もしい一本。



thumb_IMGP9720_1024

水を拭き取った後、
しばらくはお日様の力を借りて
しっかり乾燥。

夕方。

カバーをつけて…
thumb_IMGP9721_1024



また来年もお願いね、と、
しまいました。

thumb_IMGP9722_1024

押入れの中で見えないので
カバーはつけなくてもいいのかもしれませんが、
ぶつかって破損したりしないように、というのと、
押入れを開けた時の
見た目すっきりのために
真っ白なカバーをつけています。


 
広さに余裕があれば、
右のようなボックスに収納するのもいいですね。



ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


さあ、その一方で、
こちらを陰干し。

にほんブログ村テーマ インテリア 秋冬支度へ
インテリア 秋冬支度


にほんブログ村テーマ そろそろ冬じたく。。へ
そろそろ冬じたく。。


thumb_IMGP9724_1024

わが家のリビングの
秋冬の主役、とも言っても過言ではない、
ヴィンテージのペルシャ絨毯。

 



これを敷いて
アラジンストーブを出せば、
さあ、冬、な
わが家です。


にほんブログ村テーマ 暮らしごと。へ
暮らしごと。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











Profile

かなで

かなで


築40数年の賃貸戸建住まい
北欧のもの、手仕事のもの、
古いものが好き
フルタイムワーママ
整理収納AD資格所有者
『好きなものに囲まれた暮らし』を
大切にしています

Twitter
Twitter始めました。フォロー大歓迎です。
ad
LINEで記事更新のお知らせ↓
LINE読者登録QRコード
search
楽天市場









ブログランキング
sponsored links