ウェグナー

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、本当に「好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

↓このブログの最新情報をラインでお届けできます↓

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

〈憧れのお店『ミナペルホネン・エラヴァ』で〉ウェグナーの椅子、買いました

去年の晩秋の頃になりますが…

近くを訪れる機会があったので、
大好きなminä perhonen 『elävä』(ミナペルホネン エラヴァ)に
立ち寄ってきました。

このお店、本当に大好きで。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_572a
足を運ぶたびに、
色々な刺激を与えてくれる、
素敵な空間です。

mina perhone ミナペルホネン ファッションブログ・テーマ
mina perhone ミナペルホネン

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_572e
皆川明さんが選んだヴィンテージ家具はもちろん、
新鋭作家のオブジェなども販売されていて、
とにかく、飽きません。

と、こんな憧れのお店で。

まさか、の、
北欧ヴィンテージチェアを購入しました。

Hans J. Wegnerの
『FH708』
です。

北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

北欧雑貨 雑貨ブログ・テーマ
北欧雑貨

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5736
これはお店で購入した時の1枚。
丁寧にスタッフさんが梱包してくれました。
(車で行った時だったので、
そのまま持ち帰りました。)
梱包のビニールシート、タンバリンの模様。
しばらく捨てられませんでした…。

4脚以上、在庫があったような気がします。
どれも全てメンテナンス前のもの。

一つ一つコンディションを夫婦で吟味し、
「これにしよう」
と決めて購入してきました。

ただ…
思いっきり、塗料で染められたウェグナーのチェア。

どうせなら、自分たちの好みに
メンテナンスしてみよう!ということになり…

初めてのセルフメンテナンスに挑むことに(夫が笑)。

寒さがひとしお厳しかったこの冬、
彼はひたすら空き時間を見つけては、
この椅子と向き合っていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a15
寒そ〜、と家の中から様子を見ているだけの私と娘…

まずは、塗装を剥がしたのですが…


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5728
まさか黒色の下には、
朱色!がさらに塗られていた、という事実が発覚…
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5730

そして今、こんなコンディションまでたどり着きました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a17
いや〜、頑張ったよ〜、夫。
塗装剥がし、洗浄、サンディング(研磨)と、
なかなかの厳しい道のりを黙々と向かい合って、
ここまでたどり着きました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a16
木材に浸透してしまった赤色が若干残っていますが、
オイルを重ねて徐々に塗布し、
この時よりもだいぶ目立たなくなりました。


座面はいつもお世話になっているお店に、
目下張り替えをお願い中。

今月中には、生まれ変わった
ウェグナーのチェアがわが家にまた1脚、増える予定です。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

丁寧な暮らし

スローライフな日常

暮らしをつくるインテリア*
 
デンマーク、フリッツハンセン社で
1948年にウェグナーによって作られた椅子。
2021年、70数余念の時を経て、どうなるのか、
とても楽しみです。




暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ

わが家のウェグナーの椅子たちです。
全部思い入れの深い宝物。






参加しています↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村





↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約850名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


〈久しぶりの北欧名作家具〉Hans J. Wegner のヴィンテージチェアのあるダイニング

昨年の晩秋のこと。

よく覗きに行く、北欧ヴィンテージ家具屋さん。
hisagu さんで
素敵な出会いがありました。


わが家のダイニングチェアは
3人家族だから、3脚。

内、1脚は
成長段階に応じて大人まで使える、というベビーチェアで
娘が使っていました。

が。

確かに使えないことはないんだけれど、
成長するに伴い、
そして空間が変わるに伴い、
なんだかダイニングに違和感が…

気に入ったものが予算内で手に入るタイミングで、
と、ずっと交換するためのダイニングチェアを探していたのですが、
今回、お世話になっているお店で
購入することができました。

それがこちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a33
ウェグナーデザインの、
CH30 です。
デンマーク、Carl Hansen & Søn社で作られたもの。

1950〜60年代の作品です。


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器 インテリアブログ・テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器

北欧インテリア インテリアブログ・テーマ
北欧インテリア

北欧ヴィンテージ家具との暮らし。 インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。

北欧好きが買って良かったもの インテリアブログ・テーマ
北欧好きが買って良かったもの

北欧ヴィンテージ インテリアブログ・テーマ
北欧ヴィンテージ

北欧家具 インテリアブログ・テーマ
北欧家具

一度、同じhisaguさんで見たものの、
その時は既に売約済みで。






それが、いいタイミングで出会うことができました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2c
材は、チーク×オーク。

チークのチェアを、と最初は探していたのですが、
ダイニングテーブルがフィン・ユールのローズとなって、
予想外の重厚感が出たリビング。



なのでチーク1色よりも、
オーク材の軽やかな色合いもあったほうが、
わが家のダイニングには馴染む気がします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a36
 座面裏にはしっかりと刻印も。
こういうの、たまりませんよね。
わかる方には、わかってもらえるはず…笑。

北欧ヴィンテージ家具が大好きなわが家ですが、
その理由はやっぱりデザインと、
作りの堅実さ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2d
特にこのCH30は…

この背面のクロスの木組みが本当に美しいんです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2e
ネジや釘と言った金具を一切使わず、
それぞれのパーツがフィットするように
凹凸をつけて作られた家具。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a2f
後ろ姿もまた美しく。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a35
背もたれのオークのこのアーチも
木材を贅沢に使い、一つの木からくりぬいたものです。

「クラフトマンシップ」。

なんて素敵な言葉で、
素敵な文化だろうと思います。

最初にお店で見た時は、
リペア前でしたが…

hisaguさんが
リペアもまたとても丁寧にしてくださって…

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a37

 座面も好みのものに張り替えていただきました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a30

カメラの露出でちょっと明るくなっていますが、
ちょっとデニムのような、
グレーがかかったネイビーの生地を選びました。

リビングのソファも
ネイビー×グレーの組み合わせなので、
この色にして良かったと、置いてみて改めて思いました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a34
これが、今のわが家のダイニング全景です。

この家に住み始めて揃えたものがほとんど。
時間をかけて、気に入ったものを一つずつ揃えてきました。

モノ選びの基準 ライフスタイルブログ・テーマ
モノ選びの基準

わが家の『定番品・愛用品』紹介します 雑貨ブログ・テーマ
わが家の『定番品・愛用品』紹介します

愛用品 ライフスタイルブログ・テーマ
愛用品

好きなものに囲まれたくらし ライフスタイルブログ・テーマ
好きなものに囲まれたくらし

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a32
ウェグナーのデザインのものは、
この2客のチェアに加え、
わが家は、ソファ、本棚、と合計5つになりました。






過去記事、自分でも改めて読み直すと面白い笑。
でも根底にある想いは変わらず、いやむしろ深まっているなぁと思います。

別にウェグナーにこだわって集めているわけではないんですが
行き着く先がそこだったりするから、
夫婦共々不思議だなぁ、と思います。

6〜70年かけて、
引き継がれたこの1脚。

決してお安い買い物ではないけれど、
とても長い目で見たら、
お財布的にも高すぎる、とは全く思わないし、
(むしろとても全う、どころか安いくらいだと思う)

何より本来の「エコ」のある姿って、
こういうものじゃないかな、と思いました。


私も大切に育てていきたいと思います。


参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログへ





↓Instagram更新中です。
ブログとは違う一面、も時々…。
Instagram 

↓に登録していただくと、
LINEで更新情報をお届け♪ 
現在約700名の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう〜。)


QRコードで簡単登録もOKですよん↓


「にほんブログ村」の、
ページ登録もよろしくお願いします♪

古く小さく愛しいわが家〜北欧家具とのくらし〜 - にほんブログ村



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。


シンボルアイコンとして家具を置く〜わが家のウェグナーと40からのもの選び〜

今更改めていうまでもないですが、
わが家は夫婦揃って、
北欧家具が大好きです。

ヴィンテージから、新しいものまで。

コツコツコツコツコツコツ、と。
長い年月をかけて集めてきたもの。



特にリビングの家具は、
ほぼ北欧家具で成り立っているのですが。

その中でも、
1番の存在感を放っているのは、
間違いなくこの椅子。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c88
ハンス・J・ウェグナーデザインの、
pp550
通称、ピーコックチェア。


正真正銘の、正規品です。

その人の価値観によると思いますが、
40代になり、
ますますリプロダクトは「無し」という選択になりました。
だったら、日本の若手作家さんの世界にひとつだけの椅子を
買ったほうがいいと個人的には思います。
(あくまでも、個人的見解で、
インテリアの楽しみは人それぞれでいいと思っています。)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

今日は、仕事で、
初めまして、の若手作家さんと
打ち合わせをして来ました。

日本工芸の作り手さんです。

そして改めて思ったんです。

支援したい人のもの、作品を
買っていこうと。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準
(↑そんな思いを込めて立ち上げたコミュです。)

まとまりのない文章ですが。

とても刺激的で、
そして楽しい1日でした。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

置きっぱなしなだけ〜わが家の北欧ソファに仕込んであるもの〜

毎回の掃除の度ではありませんが、
最低でも月1回はやるようにしていること。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3733
それは、このソファのクッションを取り払って、
ダイソンであらゆる埃を吸い取ること。



いいお天気の週末を狙って掃除機がけ。
この間、クッションは庭の椅子とテーブルで日光消毒です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3785


わが家のソファは
ウェグナーのGE236のスリーシーター。


ある家具屋さんから、
ウェグナーのソファの座り心地でお勧めといえば…
と紹介されて。

スプリングがしっかりしているので、
今もなお、へたりとかは一切感じません。

お昼寝にももってこいです(笑)。

購入したソファの現物は、これ→ 
まだお店に、当時の画像が残っています。

出会ったときはもう張り替え済みでしたが、
どうしてもネイビーとグレーの色合わせに思い入れが強く、
一部張り替えてもらいました。

イギリス製のリネン混の生地は
季節を問わず快適な肌触り。
ケチって安いファブリックを選ぼうかとも思ったのですが、
お店の方のおすすめ通りにしてよかった、と今となっては心から思います。


と、話が逸れてしまいましたが…


合計6つのクッションで成り立つこのゲタマのソファ。
当然、隙間から、
いつの間にか埃がこぼれ落ちてしまいます。

だから、クッション全外しのお掃除は必須。

こんな短いうちに!?と思うほど…
誰かの食べこぼしなどが出てきます…。
ムスメだけが犯人でないのも、
掃除しているとよくわかります…。


なので、そんな事情もあるため、
春秋にはこの一手間を施しています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3784

一気に日常感溢れる消耗品の登場ですみません。



「ダニバリア」


最近知ったのですが、
ハウスダストが一番増えるのが
この秋口なのだとか。

ダニが湿気で繁殖しやすく、
かつ、夏場の死骸もとても多くなるそう。
調湿なんて施されていない、古いわが家…。
ああ、怖い。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3786

なので、このシートを敷いています。


使用して1ヶ月くらいがたちますが、
このシートの効果なのか、たまたまなのか、
とにかくダニに刺されることはなくなりました。


効果をなんとなく実感しているので、
寝室のマットレスの下にも、
敷き詰めています。




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_37f4

ペットのいるお家にも、オススメです。

にほんブログ村テーマ おすすめ☆楽家事・時短家事へ
おすすめ☆楽家事・時短家事

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
 

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

異国ミックスが楽しい!〜北欧ヴィンテージ家具のある暮らし〜

おはようございます。

今朝は、凍結の恐れ、ということで
いつもより約1時間遅い登校となったムスメ。


私もこの後すぐ家を出ますが、
スタッドレスを履いているとはいえ、
緊張感のある通勤となりそうです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて。


いつもは秋口に出している、
わが家のリビングの準主役的存在。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*



今年はなんだかんだで、
年明け、の登場になってしまいました。
thumb_IMGP0182_1024
このアングルでは見えにくいですが…


こちら。

thumb_IMGP0177_1024


ヴィンテージのペルシャ絨毯。
ようやく登場です。

わが家のはそうでもないですが、
折り目が細かいものは
少女にしか作れないとか。



にほんブログ村テーマ カーペットへ
カーペット

にほんブログ村テーマ WEB内覧会*リビングへ
WEB内覧会*リビング
5〜60年前のものだと言われています。


ヴィヴィットなカラーと
主張がとてもある織り柄…
わが家の家具と馴染むかどうか…


購入時には相方さんと二人、
なんども真剣に悩んだものですが、


thumb_IMGP0188_1024

それは全くの杞憂。



thumb_IMGP0180_1024
わが家のウェグナー三兄弟、
ピーコックチェア、
RY8(本棚)、
GE236のソファ、
そしてオールドアラジンと、
なんとも高相性。






それぞれ貫禄負けしてないからなのか…
thumb_IMGP0181_1024

フィン・ユールのディプロマットデスクだって、
ポールセンのコントラストだって。


北欧のもの、ではないのに
経年変化を楽しんでいる北欧ヴィンテージの家具たちと
美しく馴染みます。



thumb_IMGP0178_1024




ベニワレンも素敵ですよね。
いつか欲しい一枚。

昨シーズン、
思い切ってバスタブで踏み踏み、と
クリーニングをしてみたのですが
その効果も相まってか
とても心地よく、
この底冷えする古い家で過ごす時間を
寒さからも守ってくれます。


thumb_IMGP0179_1024

模様替え最中。

アラジンストーブをこうしてピーコックチェアの前において、
贅沢スペースにするのもいいな、なんて思ってみたり。


楽しい想像タイムです。


thumb_IMGP0193_1024

偶然、ポール・ヘニングセンの
照明が揃ったリビングですが、
その照明たちの持つ柔らかな色調とも
相性いいな、って
自己満足ですが毎年思います。

 


にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ
Louis Poulsen ルイスポールセン


にほんブログ村テーマ 我が家の照明☆ライト☆灯りへ
我が家の照明☆ライト☆灯り


にほんブログ村テーマ 間接照明へ
間接照明


にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング


thumb_IMGP0189_1024

thumb_IMGP0187_1024

北欧ヴィンテージの家具のいいところは、
「多国籍」を受け入れてくれるところだな、と思います。


和のものともとてもしっくりくるし、
今回のペルシャ絨毯もしかり。

thumb_IMGP0184_1024

どれもきっと、
長く使える、長く使うことを想定して、
丁寧に作られたものだからからかもしれません。


大切な家具や、古い道具たち。
これからも、どうぞよろしくね。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準



これからも、
一生添い遂げられるような
家具、雑貨をコツコツ探していきたいです。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











読者登録
LINE読者登録QRコード

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
Twitter
Twitter始めました。フォロー大歓迎です。
search
gallery
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
  • なぜ「北欧ヴィンテージ家具」を選ぶのか?の、答えを考えた
archive
楽天市場


sponsored links