わが家の庭が
一番お花で溢れるのは
今の季節。


紫陽花をたくさん植えてある
(植え過ぎてある)ので、
庭で楽しみつつも、
家の中でも楽しんでいます。


そこで、最近購入して
大活躍しているアイテムがあります。



ベージュ ナチュラル フラワーショップ 新作のお知らせ Instagramの投稿



この季節は気温も高くなるから
花瓶の中の水も腐食が進むのが早いです。


そうなると当然、
花の持ちも悪くなります。


水を毎日変えること、
場合によっては水揚げをすること、など
長持ちさせる基本の方法はあるけれど。


私はこれも合わせて使っています。



IMG_0436 2


「?」
ってぱっと見、思いますよね。


これ実は銅でできている、
小さなボウルで…


IMG_0438 2






こんなふうに
フラワーベースの中に入れて使うものです。




 切り花が傷む原因の1つには、
水の中で発生した雑菌が切り口で増えることで
水を吸い上げにくくことがあるそう。



そんな原因を押さえてくれるのが、
この銅の素材のボウルなんです。



(スティックタイプもあります)


銅には殺菌・抗菌作用があるから、
雑菌の繁殖を抑えることで
切り花をより長くきれいに保つことができると知り、
これは便利♪と買ってみました。


IMG_0494


まずは手持ちのベースにポトン。


今回使ったベースはこれ



そこに今回は
紫陽花の中でもしおれやすい
アナベルを飾ってみました。


IMG_0498


ちょっとわかりにくいけれど、上から見ると
こんな感じに。


IMG_0496


ボウルが格子状になっているから
花の支えにもなって、
飾りやすくなるのも便利なポイントです。


うちのアナベルは
割と茎が細めのものが多くて
水揚げしてもあまり持たなかったのですが。


これを使ってから
以前よりプラス数日は
日持ちするような感じがあります。


化学薬品で長持ちさせるより、
こんな道具で長持ちさせる方法が
使っていても気持ちいいな、と私は思います。


IMG_0499


それにしても、紫陽花はきれい〜。
アナベルは特に繊細で、
純潔な雰囲気が特徴的です。


IMG_0501 2



アップで撮影すると
まるで作り物のような
ベルベット状の萼(がく)が
何とも華やかです。


IMG_0495


昼も



IMG_0497



夜も。


眺めては何度もきれいだな〜、と思い、
好きなお花をより簡単に
より長く楽しむくらし。


お花好きさんには
一つあったら重宝する道具だと思います。


このボールを販売している
shesayさんのフラワーベース。
シンプルでお手頃、
使いやすいデザインのものが多くて
私も愛用しています。



  

  









ラインで更新情報をお届け
現在約1300人以上の方に登録していただいています。
(ありがとうございます)
LINEでお知らせ
(↑バナーから登録できます↑)


こちらからのブックマークも大歓迎♪
QR_804807


参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村







Instagram   Twitter












スポンサードリンク