この春からペットショップなどで販売される
犬、猫への
マイクロチップ登録の義務化が始まりました。






それと同時に、
家庭で既に飼っているペットへの
マイクロチップの装着も
推奨されるようになったことは
ペットを飼っていない方でも
まだ耳に新しいニュースかな、と思います。


1577378_s



で、わが家も
飼い猫の小梅に付けたいな、
と思っていた矢先…



暮らしている自治体で
マイクロチップ装着の
補助金制度が開始されることに!



24929582_s



これは朗報、とばかりに、
早速申請書を市役所から取り寄せ、
許可が降りたので
行きつけのクリニックで
小梅にもマイクロチップをつけてもらいました。



IMG_7816



車での移動が大嫌いな小梅。
動物病院も彼女にとったら
『嫌なところ』
ということがわかっているらしく、
移動中もクリニックでも
終始落ち着かない声で鳴いていました。



(たまにおとなしいワンちゃんが来ると
容赦なく睨みを効かせていましたが…汗)



3739433_s


これはフリー画像サイトのものですが
マイクロチップを装着したのも
ほぼこの場所。



肩甲骨近く、背骨の中心より
ちょっとずらしたところに
やや太めの注射器でチップを入れるだけで
施術はあっという間に終わりました。



(あんなにミャーミャー鳴いていたのに
注射中はじっとして一声も上げず。
先生にも看護師さんにも
褒めてもらいました)



親バカですが
頑張った、と私も思います。


で。
この
犬と猫のマイクロチップ情報登録」制度。



私の行きつけのクリニックでは
4,400円の費用がかかりましたが…



マイクロチップを装着することで
日本獣医師会に登録する仕組みになっているんですが、
後日、医師会から約2000円が
返金されるそう。





(私もその情報は初耳で
クリニックの看護師さんが
書類を記入する際に教えてくれてびっくり…)



さらに予め市の補助金も申請していたから
満額の2000円も補助を受けられ…



結局はほぼ実質無料に。



最終的にはネットで登録を
自分で完結させ、
登録証明書を
入手する必要があるのですが、
300円しかかからないので
費用はその程度で済んだと同じでした。



※マイクロチップの装着費用は
クリニックで大きく差があります
(私の知り合いの方は
2倍以上の金額がかかった人も…)
また予約の有無や受付方法も違うので
必ず確認することをお勧めします

補助金は新しい法律へのものなので
どこの自治体もあるわけではないと思うので
事前に情報収集してみてくださいね



登録証明書 2



(登録手数料は、
登録1回につきオンライン申請では300円、
紙申請では1,000円がかかります。
しかもPayPayでも支払いでき、
PDFダウンロードできるという
とても便利な仕組みになっていました)



IMG_7747




マイクロチップ。



迷子になった時のことはもちろん、
予期しない災害時など
万が一、というときに
自分の家族が戻ってくる確率を
上げてくれる、頼りになるものだと
私は思っています。



悪質?ではないクリニックの場合、
数千円で済む場合がほとんどなので
もし補助金がない自治体でも
装着は本当にお勧めします。



でも、その前に。


情報収集も大切だな、と思った
今回の出来事でした。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


おまけ


動物病院の受付の方に
猫向けのGPSがあるか伺ったところ、
装置自体が大きめなため、
猫や小型犬には向かないものがほとんどなのだそうです。



ということで。
近々、AirTag、
購入しようと思っています。




  

  


ペット用にはもちろん、
お財布や鍵、子供の鞄にも
AirTag欲しいな〜、と思います。






ラインで更新情報をお届け
現在約1300人以上の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。)
LINEでお知らせ
(↑バナーから登録できます↑)



参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








Instagram   Twitter


音声配信「stand fm」では
ラジオ配信もしています。
隙間時間のおともにどうぞ
暮らし快適クリエイター かなでの好きを大切にする暮らし
stand fm



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク