つい数日前のこと。


私の大好きなガラス作家さん、
大迫友紀( @yuki_osako
さんのインスタグラムの投稿に…




婦人画報7月号に
銀座・森岡書店の森岡さんが
好きなガラス作家さんとして、
大迫さんの作品を紹介してくださってます、との
ポストが上がっていました。


これをみて、
一人勝手に興奮しちゃった私。


なぜかというと、
私、森岡書店さんも
好きなお店の一つで
企画展に足を運んだり
インスタをフォローしてたんですよね。


森岡さんを知ったのは
2018年の
『カイ・フランクへの旅』
”フィンランド・デザインの良心の軌跡をめぐる”
というイベントがきっかけで。



『カイ・フランクへの旅』の著者の
小西亜希子さんもお店にいらっしゃって、
貴重なカイフランクの作品を眺めながら
お話を伺い。


森岡さんとも
お店の入っている素敵な歴史ある建築物、
銀座・鈴木ビルの話などを伺って
楽しい時間を過ごさせてもらいました。



と、全く別々の接点で
ファンになったお二方なのですが…


今回の大迫さんのインスタグラムで
そんな大好きなお二人に繋がりがあると知り、
つい、コメントを残したんですよね。


「いつか森岡書店さんで
大迫さんの個展を開催していただけたら
嬉しいです」


と、なんとも図々しいコメントを…。


そしたら!なんと。


そのコメントが火付け?になって、
大迫さんと森岡さんもコメントも
そのポストでやりとりされて。


もしかしたら、そんな素敵な個展が
実現するかも、みたいな流れに!!!!


16D8447E-AC2A-4DFC-B2D8-66A2455821CC


大迫さんを初めて知ったのは
初めて足を運んだクラフトフェア松本でのこと。


その当時の私は
まだ作家さんの作品を
購入することがまだほぼなかった、
いや、多分初めてのことで…。


とても緊張しながら
でもじっくりお話を伺って
お気に入りの一輪挿しを選んだのでした。

  
その後もタイミングが合えば
都内の個展に足を運んだり、と。


作品としては二つしか持っていないくせに
好きな作家さん!と強く言ってしまうのも
ちょっと恐縮だったりするのですが…





森岡書店さんも
ちょっとしかお伺いしたことないんですが…。


ただ開催されるイベントがとにかく幅広く
本当に興味深いものが多くて


「どうしたらそんなに
素敵で広いご縁が広がるのだろう?」


と常々思っていて憧れでもあって。
いつもインスタを楽しみに拝見しています。


そんなお二人が
とってもとっても些細なことだけど
自分のおばさん感覚を抑えられなくてコメントしたことで
会話してくれて、
個展とかが実現したら…と思うと


もう嬉しくて嬉しくてたまりません。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


最近、歳を重ねて図々しくなったからなのか…


発してマイナスではない言葉や文字は
正直に伝えてもいいんじゃないかな、と
時々思うことがあります。


(もちろん良識と距離感を
わきまえた上で、のことですが)


そう言った小さなできことが
自分を肯定する材料になったり
前を向くきっかけにもなったり
自分自身の世界観を広げたりすることにもなるのかな、と
思っています。


まとまらない記事になるだろうな〜、と
思ってましたが
やっぱりうまくまとまりませんでした、
ごめんなさい…。


ただ、この素直な嬉しい気持ちを
今のうちに書いておきたかったので
記録しておきます。


とてもとてもおこがましい表現かもしれませんが


自分のちょっとした行動で
良い化学反応が起きて
人が繋がったり
素晴らしい出来事が生まれるきっかけになったら
なんて嬉しいだろう、
とひっそりワクワクしています。


私のInstagramも
フォローいただけると嬉しいです♪

Instagram  






ラインで更新情報をお届け
現在約1200人以上の方に登録していただいています。
(感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。)
LINEでお知らせ
(↑バナーから登録できます↑)


わが家の小さなカイ・フランクのヴィンテージ



参加しています↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 好きなものに囲まれる暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





Twitter


音声配信「stand fm」では
ラジオ配信もしています。
隙間時間のおともにどうぞ
暮らし快適クリエイター かなでの好きを大切にする暮らし
stand fm











Amazonプライム30日間無料トライアル