学生時代。
当時、思ったことや、
頭に浮かんだことを、
文やイラストにしてお気に入りのノートに残していました。
ザ「アオハル」な、ノート。
(ぜーったい、誰にも見られたくない。)
当時大好きだった
「アフタヌーンリビング」で買いました。
学生時代の私にしたら、
ちょっと思い切った額の、赤い布張りのノートでしたが。

色々と、モラトリアムの中、
思うことをたくさん記していました。

社会人になり、
ノートは残しておいたものの、
それを眺めることはあっても記すことはめっきりなくなり…。
最終的には恥ずかしくなって、捨ててしまいました。
今となっては、とても後悔しています。
20代前後の私の気持ち、もう一回覗いて見たいな。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて前置きが長くなってしまいましたが。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e3b

「白い本」デビューをしました。

最初にこの本を見たのは、
何年前のことだったでしょうか?
やっぱり、学生の時だったような。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e3c
私が初めて見たのは学生時代だけど、
1984年、初版。
もう35年!、たくさんの人たちに支持されているのですね。

こちら、本とは言っても。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e3e
実際は、ノート、なのです。

文庫本サイズの、真っ白なページだけで構成された、
シンプルなノート。

日記として使う人もいれば、
メモ帳として使う人も。
その人のアイディア自体でいろんな使い方ができる一冊です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e3d
カバーもこんな感じで、
どこかレトロさを感じるけれど、そこがまたとても素朴。
カバーもついて、布が張られ。
手に取るたびに喜びが感じられるような1冊です。

40を過ぎて。

仕事においても、プライベートにおいても、
また、今までとは別の景色が
ちょっと見えてきた気がします。

そして、残念ながら、
心身の衰えも…。


そしてふと、毎日の中で、
大切な家族二人に向けて、思ったことを書き留めておきたい、
と思うことが多くなりました。

そのために、2冊、買いました。

ブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活


小さな幸せに

シンプルで豊かな暮らし

日々の出来事


暮らし・料理・ナチュラル生活・日記

自分用にももう1冊買おうかな、と悩み中です。

 
先週、私の両親は、
二人とも誕生日を迎えました。
父は80、母は77。
年に2度の帰省のたびに、二人とも少しずつ背中が小さくなっているような気がして
寂しく感じるときもあります。

そんな二人は、もう何年も、
数行だけれど日記をつけているようです。
いや、何十年もか。

それの真似、ではないのですが。
相方さんとムスメには
まだまだ伝えたいことや、話したいことがあって。

エンディングノート、なんてものでもないんですが、
伝えたい言葉、気持ちを
大好きな二人へ向けて、
思ったタイミングで綴っていこうと思います。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

丁寧な暮らし

スローライフな日常

「その時」はいつ来るかわからないから。

長年インク切れだった、
高校?中学?時代にお世話になっている方からいただいた万年筆。

もう20年以上前のものです…

 このノートを綴る時は、
万年筆で書きたくて、カードリッジを注文しました。

買って満足、にならないように笑。
ゆっくりと、丁寧に
綴っていけたらいいな、と思います。 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。