コツコツと集めているものの一つに、
北欧ヴィンテージのガラスのオブジェ、があります。


ガラスに関わらず
北欧ヴィンテージのオブジェは好きなのですが…


例えばリサの陶板とか…


でも、
なぜかガラスの収集率が、高い。


それはやっぱり
あの透明感や
光の通り方、屈折、そんな素材感に惹かれるところが
大きいのかもしれません。


で、今回出会ったのは…

thumb_IMG_0852_1024

エリック・ホグランの
アシュトレイ。


クリアでまるで氷のような
ちょっと大ぶりなこちらと…



thumb_IMG_0853_1024

それよりは一回り小さい、
レッド、というか、アンバー、というか
その中間的な色合いの
アシュトレイのふたつを大人買いです。
(相方さんが…♪)





thumb_IMG_0851_1024


ふたつ並べるとその大きさの差がわかります。

アンバーの方は、手のひらに収まるサイズ。
クリアの方は直径12センチほど、
両手にちょうど乗るサイズ。


他のモチーフもあったのですが
デザインがトータルで気に入ったのが
どちらも牛のデザインだったという…


BODA社で作られたものなので
約5〜70年くらい前のものになるのかな?


よく言えば「プリミティブ」と表現される
彼の作風ですが、
よく北欧家具屋さんや雑貨屋さんと話に出るのは
「雑、だよね〜」
「絵、得意ではないよね」
とか、そういう話題(笑)。


専門家だって、そう思っている。
けれど…


彼の作風の
そのいかにも手作り感、
歪みだったり、
気泡だったりに心うばれている人が多くて。


大量生産とは一線を隠す
まさに真の「アートピース」です。


わが家のホグランさん、
大集合。

thumb_IMG_0849_1024

今回迎えたふたつのアシュトレイと、
左手、ブルーのものは、
すべて「北欧家具 hisagu」さんで購入。



価格を比較すると、
良心的、いや良心過ぎるよ!!と言いたくなります。(ってか、言ってるか…)



名作揃いのお店で
とても人柄のいい店長さんがお迎えしてくれる、
大事にお付き合いしたいお店の一つです。


今回買ったものは「アシュトレイ」=灰皿、として
作られたものですが、
アクセサリー入れや
スタンドで立てかけて飾りたいな、と思っています。


thumb_IMG_0850_1024





インスタにも同じように
北欧好きフォロワーさんの間でも
ファンの多いERIK HOGLUND。


私も新居には
これ!と決めたものがあります。


頭の中で構想中の空間にある、
あのホグラン…。


それと一緒に今回のお買い物も
お家の中で輝いていたらいいな、と思います。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


明日に開始を控え、
スーパーセールネタも
ブロガーさんの中で話題に。




スタートセールや、事前クーポンの取得は

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
から入手可能です。






今回は珍しく?事前告知。
スコープさんのネタで盛り上がってますね。


にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)



中でも今回、またしても目玉は


こちらの、iittalaのフルッタ、でしょうね〜。







thumb_IMGP7965_1024

わが家もふたつありますが
(過去記事「その魅力〜即完売!scopeさんのフルッタ♪」→
今回も争奪戦になりそう。

薄手で気軽に日常使い…というのには
ちょっと向いていないけれど、
テーブルを華やかに見せたいとき、
お客様に冷たいものをお出しするとき、
あるだけでグッと華やかになります。



もちろん、わが家も
果敢に挑む予定です♪



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。