わが家の北欧ヴィンテージの
キッチン雑貨の中で、
多分、一番大物は、
この子かな? 

thumb_IMGP8910_1024

スウェーデンはSILVA社の
チーク・プライウッドの
トレイです。

thumb_IMGP8915_1024
横から見ると
そのプライウッド(=合板)の
丁寧な作業の過程が
よくわかります。


ブログ村テーマ
iittala/ARABIAイッタラ・アラビア北欧雑貨


iittala * ARABIA * marimekko 北欧ラブ♪


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器


イッタラ カステヘルミ  *ガラスウェア



昔、相方さんが
お友達から頂いたもの。

アクタスの123人の家vol 1.5にも
紹介されている、
素敵なおうちにお住いのお友達。
この間はご夫婦で
うちまで遊びに来てくれました♪


なかなか、
男性同士で
そんな贈り物をしあう人たちって珍しいと思うんですが…(笑)。

ありがたく、使わせていただいてます。



thumb_IMGP8912_1024
1950〜60年代に作られたものだそう。
シールははっきり残っています。


わが家の家具と
だいたい同年代だから、
部屋においても違和感なく、
でもしっかりとした存在感も醸し出してくれる
頼もしい存在です。


thumb_IMGP8911_1024


thumb_IMGP8913_1024


ちょっと見づらいけれど。
刻印もちゃんと残っています。




お気に入りの北欧ヴィンテージ雑貨。
しばらくこちらは、
お手入れをしていなかったので…


夏休みのお手伝いの一つに。
ムスメにわが家の大切なヴィンテージ雑貨の
メンテナンスを手伝ってもらいました。

thumb_IMGP8907_1024


5月のクラフトフェア松本で買ってきた
日本の天然のくるみ油。
(ヒバ油とハッカ油を使った
お掃除記事はこちら→



くるみを調べていたら
人気作家の高塚さんのカッティングボードを発見!
珍しい!!
こちらもトレイとしても使えそうですね。


購入目的は、
わが家の木製家具や雑貨の
メンテナンスでの幅広い活用に。


特にくるみ油は、
口にしても害のない材料、ということで
例えば木製トレイのお手入れにも最適ということで
迎えたのでした。


こちらのオイルも
家具用としてよくリピートしています。





thumb_IMGP8909_1024
ムスメ、
一生懸命、
力一杯くまなく、
オイルを塗ってくれました。



北欧の名作、といえば…
こちらのトレイも
憧れます。







 


ムスメが頑張って
磨いてくれたトレイは
こんなにしっとりと輝いて。

thumb_IMGP8914_1024


独特の耳のような形と、
オーバルの美しいカーブが
ひときわ映えるようになりました。


thumb_IMGP8916_1024


大判のチークトレイは、
こんな大皿2枚もお手の物。




パスタと言ったら、このお皿。
インスタ栄え、にももってこいですよ♪






こちらは日本のものだけど、
同じように長く使っていきたい、
質実剛健な東屋さんのTANKER2。
こちらもとっても働き者です。




にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


思い入れのあるものを、
好きなものを、
大事にお手入れして、
長く使って。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*



そんな視点を大切に
日々を紡いでいきたいな、と思わせてくれる、
わが家の大切な贈り物の一つなのでした。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。