少し前になりますが…


中目黒で開催されていた、
thumb_IMG_1644_1024
CHICKADEE & HOME IN TOKYO

に、お邪魔してきました。



ブログ村テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。


北欧雑貨


癒しは北欧インテリア^^


北欧デザイン


北欧ヴィンテージ


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器


北欧×モダン=北欧モダン


アンティーク・ヴィンテージのある生活


モダンインテリアとデザイン家電

チッカディーさんは
仙台にある、
北欧ヴィンテージ家具や雑貨を扱うお店。


帰省の途中で
立ち寄るのが
旅の楽しみの一つでもあります。


私は、というか、
わが家は
北欧の古い家具が好きで、
(ちょこちょこマイナーチェンジこそしてるものの)
ブログにもある通り、
「北欧家具とのくらし」
を楽しんでいます。


この家に越してきたばかりの頃。


まだ家具が好きなものは少なく、
持ち寄ってきたちぐはぐだった感じの家が、
少しずつ好きなものを揃えて変化してって…


ザ・昭和な古い賃貸戸建と、
北欧ヴィンテージ家具、という、
一風似つかわしそうにもない組み合わせが
思いの外心地よくなって…


今のわが家が、あります。

越した当時のリビング…
IMGP8912

そして、今。

同じ部屋が
こうも変われるのか、と
その変遷は、
自分の、そして夫婦の
確実な自信へと繋がっています。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


話が飛んでしまいましたが、

どうしてそう、変わっていったのか…

それを考えると、
やっぱりたどり着く答えの一つには


「本物を見て、その道の詳しい方から
話をたくさん聞くこと」


だと思っています。


そういう考えを持つようになった一つのきっかけとして、
チッカディーさんの存在は
大きかった…


わが家には
アノニマス(作者不明)の
北欧ヴィンテージ家具もいくつかあります。
ムスメのチェストや、
ムスメのデスク、
ムスメのデスクチェア(ムスメのばっかり〜…)、
リビングのテーブル、
私のドレッサー代わりのミニチェスト、
ダイニングチェア、などなど…



それらはそれで、
とても今だって気に入っているし、
買って後悔しているものは
ひとつもありません。


でも。


手に入れられる、
入れられないは別として、
どんなジャンルにおいても、
名作を見る、ということは、
自分の財産となり、
価値観を築く大切な要素になる、と
そう思っています。



と…前置きが長くなりましたが、
展示会の様子を、どうぞ♪

thumb_IMG_1737_1024
ピーター・ヴィッツの本棚。
これ、うちの本棚にしたい!


thumb_IMG_1738_1024
フィンユールのワンシーターに、
ソファ。
このソファは初めて見ました。
その名も「Japan」。

北欧家具や雑貨には
日本からインスピレーションを受けたものが
たくさんあります。

なんか、嬉しい♪
そして、だからうちのような
オンボロ昭和な家とも
北欧家具は相性がいいのかな、と思ったり。
thumb_IMG_1740_1024
ジャパン、の背面と
ミニベア。
どちらもどの角度から見ても
本当に美しい。

thumb_IMG_1739_1024




そして、私が一番憧れている
パパベア。
thumb_IMG_1743_1024

もう、このコーナーの作り方一つだって、
とても勉強になります。

照明は現行もあります。
でも、ヴィンテージの、ちょっといびつな感じが
(底の仕上がりとか)
そこがまた味があってたまりません…


このベアチェア、
オットマンとセットで見つかったものなんだそう。
ウェグナーが
晩年を過ごす際に
養老施設に持ち込んだ一脚、というエピソードは
あまりにも有名。


北欧家具、というものを知って
欲しい、と思った一番の家具で、
やっぱりこんなコンディションのいいものを見ると、
今でもその考えは変わってないな、と再認識。
 

そんなお金ないけれど、
今、このセットを買える相当のお金が天から降ってきたとして(笑)
ピカピカの新車を買うか、
それともこの家具を買うか、と聞かれたら、
即座に後者、と答えます。

快く、
座らせていただいて…
あの感触、忘れられません。



うちの財政事情も
よくご存知だと思うんですが(汗)、
それでも顔を覚えていてくださって、
毎回足を運ぶたびに、
ご夫婦でとても気持ちのいい接客をしてくださいます。

thumb_IMG_1742_1024
とても珍しいと言われる
フィンユールのBO62。

上の背もたれの形は
カードゲームをするときに
ちょっと状態をひねって
肘を置くため…って
どんなかっこいいエピソードやねん!
って、関西育ちじゃなくても
突っ込みたくなってしまいます…。


「おじょうちゃんに似合いそうだから…」と、
ムスメを座らせてくれました〜…。
ありがとうございます。

BlogPaint
(そして、価値を知ってか知らずか、
どことなく得意げな笑顔を見せた
ムスメなのでした…。)

あ、でも、
大人ももちろん、特に小さな子供を連れての際は
店員さんにお声がけする、とか、
しっかり手の届く範囲でこどもを見守る、
というのは、
どんなお店もだけれど、
特にこういうお店では基本のマナーだと思います。
気持ちよく、お買い物したいですもんね♪



今回は
こんな素敵なパッケージに入った
美味しいクッキーのお土産も頂きました♪


上のアシュトレイと同じライン。
リンドベリのドミノ。





サイドには
北欧家具・デザインを築き上げてきた
巨匠の名前がずらり。


そして、別のサイドには…



デンマーク語と英語で
「ありがとう」
の文字。


あ〜素敵。
かっこいい。

空き箱は大概即処分しますが、
これは私のカードケースとして
愛用します。

 
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


もちろん、北欧家具、だけじゃなくって…


陶芸作家だったら
大好きな額賀章夫さんだったり、
横山拓也さんだったり、
そして素敵なセレクトショップを営んでいる、
店員さんであったり・・


自分が好きなものの、プロ、
その道の人、と
お話をする、いろいろ教えてもらう、
というのは
いろんな面において
とても財産になるな、と思います。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


40も間近になって。
とてもいい吸収力が
身についてきたかな、と自画自賛。
(相方さんからの影響も多大です。)
おばさんの図々しさが
身についたともいうのかもしれませんね(笑)。



にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


徒然草のこのフレーズ。
なぜか高校時代(もしかして中学か?)から
ずっと心にある言葉。

「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」
 

言い得て妙。

本当にそうだよね、って、
心から思います。

 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。