先日も記事にしましたが…
(過去記事はこちら
マーケットで
ドライフラワーを
買いました。


あ、相方さんがです。

にほんブログ村テーマ 暮らしの中のドライフラワー☆へ
暮らしの中のドライフラワー☆

thumb_IMGP6336_1024

大きな、
ユーカリの一種。

thumb_IMGP6337_1024
とても存在感があり、
まるで造形物のよう。


ユーカリは好きな植物の一つ。
庭にも植えているし、
他にもドライを幾つか持っています。


他のユーカリのドライと比べると・・
どれだけ大きいか
わかるか、と…
thumb_IMGP6340_1024
左から…
ユーカリテトラゴナ、
ユーカリトランペット、
そして、今回買ったユーカリの実。

thumb_IMGP6343_1024

Tumbler & FLOWERS
(HPはこちら→、かっこいい!)
というお店で。

男性の店主さん。

置いてある植物、
アレンジも
やっぱりどこか男性らしい感じで
かっこよさが出ていて素敵でした。

相方さんは
店主さんと
男同士、
このユーカリについて話し合っていました。

最初は花が付いていたこのユーカリ。
それが枯れてしぼんで、
こういう形に自然となったんだそう。

なかなか
お花ネタで
語り合う男性同士ってのも
珍しい光景かもしれませんが、
お花男子な相方さんなので
日常的によくあります(笑)。


thumb_IMGP6352_1024
ユーカリテトラゴナ。
白く着色してるわけではないのに、
粉雪をまとったような淡い白さが
繊細で好き。
thumb_IMGP6342_1024

こちらが、ユーカリトランペット。
お友達のお花屋さんにお願いして
立派な枝を市場で見つけてきてもらった、宝物。

そして今回の
大きなユーカリ。
thumb_IMGP6351_1024

枝からして力強い。
木を実際に
見てみたくなります。


ユーカリは
ドライでもとっても持つので
アレンジにも向いています。





そして、関東以南なら
簡単に育てられる品種も多くあります。
わが家には↓と、もう一種あるのですが、
どちらも2年ほどで
二階に届くほどになりました〜!


私がワークショップで作ったリースも
ヒムロスギのもの。
そこにユーカリをあしらっても
素敵ですね♪



…と、

写真を撮っていると、
どこからか、
お邪魔虫さんがやってきて
そばに寝転がる、の図。

thumb_IMGP6341_1024

thumb_IMGP6339_1024


…。

そこ、テーブルなのになぁ。


…で、めげずにそのあとは、
飾っていたドライフラワーの
見直しをしました。
thumb_IMGP6347_1024

そうすると、やっぱりまた、
ついてくる小梅…

thumb_IMGP6348_1024

 ずっと飾っていると
やっぱり埃がたまっていたり、
実や花が枯れ落ちて
スカスカになっていたりするので、
この日も数本整理しました。
わが家でドライフラワーを飾る
ひとつのきっかけになったのは、
北欧ヴィンテージを扱う家具屋さんをはじめ、
いろんなショップさんでも
かっこよくディスプレイされているのを見てです。


ヴィンテージのフラワーベースとも
とっても相性がいいし、
 

 

そのまま家具の上にさりげなく置いても
はまる気がして。


古い家具と、
ドライフラワーの持つ雰囲気は
相性がよくて
ついつい飾りたくなってしまいます。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。