月の頭ごろ。
相方さん宛に届いた、一つの包み。

包みを開けると
なにやらもうその時点で
レトロ感満載の箱登場。

thumb_IMGP4786_1024

thumb_IMGP4791_1024

もう、上の写真で
中身が何かわかっちゃいますが(笑)。

届いたのは
ラタンでできた、
象印の魔法瓶。
VGR1000というモデル。
このシリーズは藤のモデルの中でも
一番古いラインなのだとか。

製造されたのは、約40年ほど前。
ほぼ、私と相方さんと
同世代(笑)。

ずっと相方さんが、
欲しい、欲しいと言っていたものでもあります。

またまたヤフオクで見つけてきた様子です。
thumb_IMGP4794_1024

びっくりしたのは、
このポット、
ラタン部分を
職人さんの手編みで行っていたのだとか。

今でも、リバイバル、とかで作ったら
欲しい人っているんじゃないかなぁ、と思うんだけど、
手仕事ってことは、
採算が合わなくなって今は無くなってしまったのかな?
と思ったり。

飾りじゃなく、
実用品として使えるもの、というのが
私の条件。
外箱こそちょっと痛みはありましたが、
中は梱包もしっかりしている、
きれいな未使用のデッドストック品を
見つけてきてくれました。

thumb_IMGP4788_1024

蓋には象印のマークのぞうさん。
これも、今のとは違うデザインです。
なんか、子供のおもちゃの絵みたいで
かわいい♪。

で、蓋の下の部分に
小さな茶色い丸があるんですが…

これを注ぎ口に合わせると
蓋が開いて
中身が注げる仕組みになっています。
thumb_IMGP4789_1024


今まで、私が以前買って持っていたのは
サーモスのステンレス卓上ポット。

thumb_IMGP4793_1024

真っ白で
注ぎやすいのがお気に入りでしたが
こちらも廃盤の様子。



夏場は家族みんなが
お茶をゴクゴク飲むので
これに水出しのティーパックと
氷と
水を入れてしばらく置くだけ。


(中身はスーパーで買ってくる
伊藤園さんのジャスミンティーです。
わが家はみんな、麦茶よりジャスミンティー派。
水出しでもよ〜く出るので
便利です。)


リビングに置きっぱなしでも
冷たいし、
ムスメも冷蔵庫に入れてあるジャグより
スムーズに注げるので重宝しています。

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫へ
家事が楽しくなるモノ・工夫


にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ
時短家事の工夫

低年齢のお子さんのいるお家では
(お母さんの)お茶入れが楽になるし、
特に夏場は、
冷蔵庫もスペースがより欲しくなるので、
保温タイプの卓上ポット、って
便利なアイテムだと思います。

保温ポットいろいろ…

あ、肝心な
わが家のヴィンテージポットの機能性ですが、
魔法瓶、なだけに
その保温力はしっかり。
平成生まれのサーモスと
引けを取りません。

今年はダブル使いすれば、
冷蔵庫にジャグを置く必要もなく、
たくさんの量を用意しておけるので
私が楽できそうです(笑)。

 
サーモスのステンレスとは違って
外側はラタンだから
水に弱く、
洗うときもちょっと気を使わなければいけないのは
難点だけれど、
でも見た目は
やっぱりこちらの方に
軍配が上がります。 
thumb_IMGP4795_1024

リビングにおいても
他の家具との調和を乱さないし、
お気に入りの器とも
雰囲気が合って。

北欧家具好き、古いもの好きなわが家にとって
嬉しい出会いになりました。


自分の生活に似合うものを
時間をかけても
納得するまで探すこと、
やっぱり大切だと思います。


暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram