日常が戻ってきました。
なんか、私の中では、
幼い頃から
お正月からGWまでが、
一年の中でとっても速く感じる時期です。
 
年度末、年度始め、とかもあって
ちょっとバタつく時期だからかもしれませんね。

長いお休み明けでもあるので、
心身ともに
体調を崩さないように、
淡々と過ごしていくことをちょっと心に留めて、
過ごしていこうと思います。

そうそう、昨日は母の日でしたね。
thumb_IMGP4057_1024
ムスメからのプレゼント。

thumb_IMGP4058_1024
字も絵も、
とっても上手になりました。
成長を感じることの喜び。
こちらこそいつも、ありがとうね。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて。

いきなりですが、
私はもうここ5年以上、
ロングヘアです。
(唐突にすみません…)

ムスメも、ディズニープリンセスと
私の影響を受け、
激しくおかっぱを勧めてみるも、
頑として主張を曲げず、
ロングヘア。
(5歳でも立派に女子なのですw)

それで、毎日使うお気に入りは
母子お揃いの、このブラシです。


MARKS & WEB の
ウッドヘアブラシ。

私はLサイズ。

ムスメにも、
徐々に身支度が自分でできるように、と、
同じもののSサイズを与えました。
柔らかい、ムスメの絡まりやすい髪の毛も
優しく梳かしてくれます。

このSサイズは、
職場のロッカーにも置いているし、
旅行用品のポーチの中にも
入れています。

それくらい、このブラシがお気に入りです。


トラコミュ
美髪のために


ヘアケア・トリートメント・スタイリング剤


*おすすめ!baby・キッズ・ママグッズ*


ブラシの木材はオーク。
私のは2代目ですが、
買ったばかりのムスメのものと比べると
年季が入っているのがわかります。
thumb_IMGP4067_1024

ブラシ部分は天然素材、豚毛。
そのブラシと、ヘッド部分の絶妙なクッションで
梳かすだけでツヤが生まれます。

以前は学生時代に買った
プラスチックのブラシを使っていたのですが、
これに切り替えた時は、
「ブラシだけでそんなに髪のキレイさが変わるの!?」
と驚いたほど。

友達に「いいブラシ知らない?」
と聞かれて、
これをお勧めしたら、
とっても喜んでもらえました。


レデッカーのこのブラシも
ちょっと気になります…


ただ、唯一、このブラシには
難点があって。

それは、
「水洗いが出来ない」
ということ。

天然毛を使用しているのと、
それを植え込んでいるクッション部分には
当然穴があるので
水分が入ってしまうと
衛生的に良くないのだとか…

となると、問題になるのが、
このブラシのケア。

今までは、手持ちのコームとか、
場合によっては爪楊枝とか持ち出して(笑)
一生懸命ムキになって、
ブラシの根元にたまったほこりを落としていましたが…

このアイテムを見つけてから、
お手入れがとっても楽になりました。

KENTのヘアブラシクリーナー。
thumb_IMGP4061_1024

楽天さんではケントはありませんが、
似たお品がありました。
 

thumb_IMGP4063_1024
ステンレスの細かなワイヤーがブラシになっています。

感触としては細い針金のよう。

コームとかでは書き出しにくい、
ブラシの根元に着いたほこりを
力強く書き出してくれます。

thumb_IMGP4069_1024

 毎朝、毎晩使うお気に入りのヘアブラシ。
その唯一のネックだった、
お手入れのしにくさが、
苦にならなくなりました♪。


普段使うものこそ
お気に入りを。

そして、それをちゃんとお手入れして
より長く使う、という流れ。

特にブラシは
鏡に向かっている時のものだから、
ついつい雑になりがちな自分のお手入れに対して、
モチベーションを上げてくれるほうがいいなぁ、とも思ったり。


より、愛着を持って、
日用品とも向き合いたいな、と
改めて思ったのでした。

トラコミュ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ。
Instagram 



マークスアンドウェブ。
こちらも愛用中。
ガーデニング作業後の必需品です。