これは贅沢だな〜、と思ったものの、
思い切って手に入れて
日々、使っていると
なんとも愛着が湧いてくるもの、ってありますよね。

わが家にとって、そんなものの一つがこれ。
thumb_IMGP3850_1024

SUWADAの爪切り、です。



トラコミュ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常



SUWADA爪切りクラシック L
というのが、商品名です。

もともと私は、
ヘンケルスの、いわゆる爪切りタイプの型を使っていたのですが
相方さんの「爪切りは世界のSUWADAだ!」
というこだわりのもとに
わが家にやってきました(笑)。

私はそれまで
こんな感じのニッパータイプ、は使ったことがないので
最初はちょっと恐る恐る、だったのですが…

はっきり言って
使いやすいです。
thumb_IMGP3853_1024

何だろう、爪切りでパチパチ、
爪を切る、というのとは違って、
thumb_IMGP3854_1024
この刃先で、まるでハサミのように
爪を整える、という感じ。

小回りが利くのです。

言われてみれば、
ネイルサロンの爪切りだって
この形ですもんね。


私の場合、爪の形が、
手足の爪のトップが直線的な形のため、
この刃のかたちが爪の間に入りやすく、
とても重宝しています。

thumb_IMGP3857_1024

日本製。
鋳物の名産地、三条市で作られています。

全てのパーツパーツを
それぞれの専門の職人さんが
作っているんだとか。

thumb_IMGP3856_1024

スワダのロゴマーク。


「美を創りだす道具は、
それ自身も美しく、
愛情が湧く本物でなければならない」

これはSUWADAさんの
オフィシャルページトップにある言葉。

目にした途端、
しびれました。

愛読している雑誌でも
頻繁に取り上げられている、この爪切り。
thumb_IMGP3864_1024
&premium 5月号。


thumb_IMGP3863_1024

そして、Casa。
thumb_IMGP3865_1024



thumb_IMGP3866_1024

紹介されていることが
本当に多いのですが、
それを見るたび、
にんまりしてしまいます。

自分の愛用品が
素敵に取り上げられているって
やっぱり悪くない(笑)。

thumb_IMGP3851_1024

マットブラックのケースも美しく。

thumb_IMGP3852_1024
ね、男前でしょう?

海外でもとても支持されているというのが
デザイン・機能性、どちらもとっても
よくわかります。

仕上げに用いる、この爪やすりも
デザイン、使いやすさともに
申し分ありません。
thumb_IMGP3860_1024

thumb_IMGP3861_1024



それこそ常に
お財布と相談して、ですが…。

一度買ったらなかなか買い換えないもの、
例えばそこに置きっぱなしになっていても
デザインが素敵なもの、
そして何より、
これから先も
あり続けて欲しい、と思う
ものづくりをしているところのものを選ぶ、ということ。




できる範囲で
それを忘れず、
暮らしに取り入れるものは
その価値観で選びたいと思うのでした。

thumb_IMGP3867_1024
これは、わが家のネクストターゲット。
ものによっては半年以上待ちだとか。


またまたお財布と相談して、なのですが(笑)、
いつか迎えたい本物です。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ。
Instagram



木になる次号は…
「僕と私の気になる店」だそう。
き、気になります…