ブログネタ
家具・インテリア に参加中!
先日、北欧ヴィンテージの家具屋さん、
HIKEさんに寄り道をしたことを記事にしたんですが…

中目黒に足を延ばした目的は
こちらです。

10081


SMLさんで開催中の、
大谷哲也さんの展示会。

 
こちらの本でも、
紹介されている作家さんです。



大谷さんの作品に初めて出会ったのは
多分、昨年の銀座手仕事直売所。

直火もオーブンも平気!な
まっ白い磁気のお鍋に心を奪われて…
 

クラフトフェア松本や今年の銀座手仕事直売所でも
機会があるたびに手にとっては
「いいなぁ。いいなぁ。」
と憧れていました。


で、今回。
 
大谷さんの作品展としては大規模な展示会が
この中目黒のSMLさんで開催されると知り、
「見るだけでも…」と向かったのですが…


まんま、と。


お気に入りを見つけて、お持ち帰りしちゃいました♪。
(私にとっては思わぬ出費ですが、
相方さんは「絶対買う。」と思っていたそうです…。)


まずは鍋の型で迷い、
次はその個体差で迷い…
(一つ一つ手作りなので、深さや淵の広さなどが
少しずつ違うんです。)


この子を二人で選んできました。


10082

10084
深型の、お鍋、です。


大谷さんはとても人気のある作家さんなので、
クラフトフェアなんかもそうだったのですが、
作品をブースに並べると同時に
お客さんがたくさーん集まります。

銀座の時も、最終日は、
棚がかなりさみしくなっていました…。


この個展、私は開催3日目にお邪魔して、
店員さん曰く、初日に比べるとかなり売れてしまったそうですが…

私がこれまで足を運んだ中では
一番作品も多く、
絞り込んだお鍋もまだ在庫がいくつかあって、
その中から
じっくりお気に入りを見極めて
買うことができて、とっても嬉しかったです。


で。
10086


買ってきた当日に、今シーズン初の、お鍋。
10085

お気に入りの器で食べるお鍋は、
またさらにおいしく感じるから不思議。


今回はお鍋だったけれど、
キッチンで作ったものを
そのまま食卓に運んでも絵になるのがこのお鍋のいいところ。


使い込むと、まるで焼き物のような色合いに変化していくので、
その経過も楽しんでいきたいお鍋、です。





うっかり割ってしまわないよう、
それだけは気を付けなくっちゃ。

長く愛でて、大切にしたいものが、
また一つ増えました。

10083


お店でこちらも購入。
SMLさんが出版されている本です。
器だけじゃなく、それが並ぶ食卓や風景も素敵です。



↓参加しています。
読んだよ〜のおしるしに
画像をクリックしていただけると嬉しいです♪。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村