少し前になりますが…

気がついたらなかなか溜まっていた
ネット限定のTポイント。

有効期限が近づいていたので、
何を買おうか迷った時に、
今のところ楽天さんでは取り扱いのないお店の、
長年買い換えたいと思っていたものにしよう!
と…

こちらをポチ、っとしました。






日本橋 木屋さんの
アルミの雪平鍋。

(オフィシャルネットショップはこちら→ 日本橋 木屋

いつか日本で作られた、
ちゃんとした雪平鍋が欲しいと思っていました。

軽い=気軽に使える。
熱効率がいい=時間の短縮になる。


職人さんたちの手で
一つ一つ打ち出された面は
まるで一つの
芸術作品のよう。




さりげなく、こちらに
刻印も施されています。


木屋さんは元々は鍛冶屋さんとして、
1792年(!)に創業された老舗。


江戸時代。
日本橋が商人の町として
栄えていた時からあったお店が
今なおこうして続いていて。

ああ、大切に使おう、と
しみじみ思ってしまいます




歴史を物語るような、渋い紙袋。

thumb_IMGP8840_1024

とっても堅実なイメージが
この紙袋からも伝わってきます。



「味の道具揃え」なんて
なんて粋な表現なんだろう!



タグの裏には歴史と、
おろす前の下準備が記されていました。

私もお米のとぎ汁で
下処理をしてから
使い始めました。


持ち手もまた美しい。
肢もゴシゴシと洗って水分を含ませることで、
より鍋とのつなぎを強固にできるのだとか。

いろんなところで
職人さんたちの知恵が生かされています。

そして、木はいつか朽ちるもの…。
その時のために、
持ち手と鋲も別売されています。

それくらい、鍋本体は
長く長く使える、という
証なのかもしれません。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準



わが家。
実は小鍋は
ずっとこのIKEAのものを愛用していました。

コストパフォーマンス、
場所のとらない作り、
蓋つき。
同じものを二つ持っていたほどです。


でも、今回新しいお鍋を迎えたことによって、
一つを断捨離しました。
ありがとう、と、
私も相方さんも
声をかけてから、処分しました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


以前買った、同じく木屋さんの寸胴鍋と並べて、の図。
(寸胴についてはこちらの過去記事へどうぞ→

同じ工房の
同じラインだから当たり前だけど、
お似合いお似合い♪


また昭和感満載の
わが家の台所での佇まいがなんとも言えず。


thumb_IMGP8854_1024

寸胴はすでに
大量作り置きに猛烈な力を発揮してくれています。

そして雪平も、
ちょっとした茹でもの、
汁物、
佃煮…などなど、
本当に便利。


実力派の調理道具。
これからもまた少しずつ
増やしていきたいな、と思ったのでした。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


おなじみscopeさんでも…

木屋さんの商品はよく紹介されます。
(そしてすぐ完売します…)

木屋さんのもの、わが家にあるのは、
お鍋二つだけだと思っていたら
そういえば↑も持ってます。
すりおろし器についた薬味をまとめるのに
とっても便利です。





↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。