古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

陶芸

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

やっぱりうつわが好き〜新入りの額賀章夫さんの作品たち〜

先日、額賀章夫さんの工房へ
ムスメと二人でお出かけしてきました。


わが家にある器の中で
圧倒的な数を占めている、額賀さんの作品。
陶器、磁器を含め、
多分一番数が多いと思います。


(こちらにも紹介されている作家さんです。
世界中でご活躍されている姿を拝見するのは
ファンとしてとても嬉しい反面、
もうこれ以上、有名にならないでほしい…とちょっと思ったり…。)


その日は、晴天にも恵まれ、
紅葉が見頃を迎えた里山を超えてのドライブは
とても清々しいものでした。

ムスメとの女子トークも弾む弾む(笑)。


今回は2日目に足を運んだので、
器の数はだいぶ減っていたようですが、
それでもお気に入りを無事見つけることができました。

今回迎えたのは、こちら。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e4



オーバルプレートを3枚。
小皿を2枚。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e7

今回買ったこのオーバル型より、
一回り小さいものも3枚持っていますが、
そのお皿のヘビーユース率が高く。

もう少し大きいのも欲しいな、と思っていたところでの
嬉しい出会い。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e5

黒を2枚、生成りを1枚。
意外にもムスメが
「黒、かっこいいよね!」
と。
私も同意見だったので、びっくり。

もうすっかり、個展などに連れ回され慣れたムスメ。
今となっては、同じように関心を持って、
作品を一緒に見てくれるのが嬉しい。
迷った時も、どちらがどういいか、
アドバイスをしてくれる、頼もしい存在になりました(笑)。

色は全部統一するのもいいけれど、
色違いで持つのも食卓が華やいでいいので、
1枚は生成りにしました。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e6

他にはこんな豆皿も。
小さなお菓子を装うのにも良さそうです。


で。
写真を撮った後、額賀さんの作品がわが家にどれだけあるか、
全て集めてみました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e8

一気に買い揃えたわけでは決してなくて、
一つ一つ、
ご縁のあったタイミングで、
少しずつ揃えてきた額賀さんの器たち。

これだけあるのにも関わらず、
どれも食器棚で眠りっぱなし、というものはなく、
日常的に使っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e9

額賀さんの温もりがあって、でもシンプルなデザインが
とても好きです。

どの器も、世界に二つとないもの。
端正に、一つ一つ、
手作業によって作られたもの。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準 


そういったものを日々使う幸せ。
素敵な作家さんに出会えて良かったな、と改めて思ったのでした。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村




↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

陶器市で買ってきたもの〜お気に入り作家さんの男前な器〜

益子の陶器市、この秋も出かけてきました。
その時に、買ってきたうつわ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393f

稲吉善光さんの小鉢。

あれだけ何万?何十万?と作品の並ぶ陶器市の中で、
買ってきたのはこれ一つっていう(笑)。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

でも、それくらい、
消耗品と思わないものは真剣に選びたいです。



楽天でも買えるの!?
お気に入りリストに即登録しました。




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393d

このマットな質感がなんとも言えず。
砂を交えて作られている、と、
以前お話をした際に聞いた気がしますが、
ざらっとした表面がなんとも味わい深い。

テントにはいつもご夫婦でいらっしゃって。
「(作品の)写真を撮ってもいいですか?」
と以前、お声がけしたら、
「これでいい?」
ピースサインで稲吉さんと奥さんが並んでくださったことも。

とてもユーモアがあって、
暖かな作家さんです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3940

見れば見るほど、
使えば使うほど、
うっとりする、うつわ。

手に取ると、
吸い付くようにしっとりと。


説明書にあった通り、
一晩、水に浸してから使いました。
そのあと、お料理を盛り付けた際、
この工程で染み込むことを防ぐことができるのだとか。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3941
稲吉さんの器は、二つ目。

お世話になった方への、贈り物としたことも。
男性でしたが、インスタでも、
愛用していてくれてることをあげてくれて嬉しかったな。
渡した時、涙目になってたことも忘れません。
上田に会いに行かなくっちゃね。


話が逸れましたが。


そこにあるだけで、一気に雰囲気を変えてくれる、
かっこいいうつわ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393c

うっかり割ることのないように。

末長く、どうぞよろしく。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

整理収納アドバイザー資格有保持者のくせに、
うつわと服は増えていってるような…。
でも私にとって快適なのは、
ミニマムな暮らし、ではなく、
選びたい時に選びたいものがある、
好きなものに囲まれた暮らしだと思います。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


でも、快適に使えるように
収納の工夫をすることが
昨今の急務です。



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

はじめての碧〜北欧ヴィンテージと和のある暮らし〜

ヨーロッパの著名な画家が
日本の浮世絵や文化に影響を受けたように


北欧の家具も
日本の影響を受けて作られたものが
少なくないそうです。

 

レクリントのこの照明は
日本の折り紙からインスピレーションされた、とか、
 
ロイヤルコペンハーゲンの
ニルス・トーソンデザインの
BACAのシリーズは、古伊万里の絵付けに影響された、などなど…。


建築もそういうものが数多くあって…


日本とヨーロッパの
深い結びつきを感じます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

先日記事にした、
額賀章夫さんの個展で
新しく迎えた器はこちら。

thumb_IMGP0389_1024

最初は小鉢に手が伸びたのですが、
このフラワーベースを最終的には選んだのでした。



ブログ村テーマ
うつわと暮らす


作家モノの「うつわ」や「こもの」


美しく暮らすモノたち


お気に入りのうつわたち


シンプルな道具たち


工芸、クラフト


thumb_IMGP0388_1024

額賀さんの作品は
細々ながら揃えていますが、
(奥にドライフラワーを飾っているのも
額賀さんの作品です)
この、ブルー、碧い製作のものは
今回がわが家にとっては初めてのものに。

thumb_IMGP0392_1024


真上から覗く、の図。


一辺倒じゃない、美しさ。

なんて深みがあるんだろう。
じーっと見ていると、
海や深い湖が思い浮かんでくるよう。

thumb_IMGP0400_1024

買ったら…

とりあえずどこに置こうか模索。

H・J・ウェグナーのブックシェルフ、
RY8にまず置いてみました。

thumb_IMGP0401_1024

自分たちで海で拾った大きな流木と
エアプランツの脇に。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


うん、いいかも。

他にも試行錯誤の旅は続きます。

わが家のディスプレイの特等席、
テレビ台を兼ねたサイドボードの方脇に。

thumb_IMGP0394_1024


山で見つけた名も知らぬ植物も一緒に。


thumb_IMGP0395_1024

thumb_IMGP0393_1024


モリソン小林さんのアートとも、
takaseさんでみつけた古い植物標本とも
ルイスポールセンのフロアスタンドとも
見事に調合。


thumb_IMGP0404_1024

サイドボードのもう一つの片側。
こちらも流木と
ヴィトラ社のジョージネルソンのテーブルクロックとも。

 

 

「和モダン」と言う言葉では
片付けるのが薄っぺらいほど
自分の存在を放ちながら
周りを引き立てる力があります。


で、結局。

thumb_IMGP0398_1024


今現在選んだのは、こちら。
アルネ・ボダーのローズウッドのみにチェストの上に、
同じ額賀さんの作品と
海で見つけた模様が綺麗な石と、
ミナペルフォネンで頂いたポストカードと合わせて。

フィン・ユール邸にも置かれている
オルスコウのペーパーバスケットも
一役買ってくれています。



もはや、北欧のみならず、
いろんなものにすんなりと溶け込んで
そして凛とした雰囲気を醸し出す、花瓶。


もはや器の域を超えて、
一つのアートピースになりました。


来るべくして、わが家にやってきた、器。

そんな特別な存在と巡り会えました。



遠回りはしたけれど…

自分の家に飾りたいもの、の
核が出来上がってきたかな、と
(遅っ)
自己満足ですがそんな風に思えます。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











器好きなわが家の、どうしても外せない個展

年明けのお楽しみの一つ。

今年も、笠間市にある
「ギャラリー門」さんで開催されていた
額賀章夫さんの個展に家族で足を運んできました。

thumb_IMGP0377_1024

週末は朝寝坊の、わが家。


のんびり過ごしていたら、
笠間に着いたのはもう夕方近くになっていました。


そして、会場へと足を運ぶ…と。


扉を開けて
「え?ええっ?」


とおもわず声に出してしまう、私たち。


なんと、初日にもかかわらず、
人気のため、
商品はかなりの品薄状態だったのです…。


thumb_IMGP0378_1024


ブログ村テーマ
うつわと暮らす


作家モノの「うつわ」や「こもの」


美しく暮らすモノたち


お気に入りのうつわたち


シンプルな道具たち


工芸、クラフト




thumb_IMGP0376_1024

DMを飾っていたこちらの器も
もちろんすでに旅立ったあと…。


thumb_IMGP0374_1024

それでも数はわずかになっていましたが、
目の保養になる作品たち。

夕方にもかかわらず、
たくさんのファンの方が足を運んで
作品をご覧になっていました。


そんなにたくさんいつも買えるわけではないのに、
私たちのことを覚えていてくださって、
笑顔でお迎えしていただいて嬉しかったです。


少しでしたが、作品のこと、
益子の釜で焼いている作品のこと、
これからのイベントのこと、など、
いろいろ笑いながらお話できる時間は
本当、楽しい。


thumb_IMGP0375_1024


かわいいころんとしたフォルムの急須は
中国茶用のもの。


秋にも中国茶を
アトリエでご馳走になったのですが、
なんとも奥深い世界。

時間にもう少し余裕が持てるようになったら、
楽しみたい世界の一つになりました。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


thumb_IMGP0379_1024

3時からはお茶会、ということで、
地元のカフェのおいしいスイーツがたくさん用意されていました。


「どうぞどうぞ」
と言う言葉に
遠慮なく、いろんな種類をいただくわが家の面々…


最近、皮肉めいたことを
いうことを覚え始めた7歳女子。
人一倍頬張ってるくせに
「これじゃ、お買い物に来たのか
おかし食べに来たのかわかんないね〜」
と。

ま…まぁ、確かに(笑)。


でもね、完全出遅れのわが家でしたが、
残り物には福がある、と言う言葉がある通り…


thumb_IMGP0386_1024

ご縁があって
いいお買い物ができました。

額賀さんの作品はぼちぼち揃えてきましたが、
今回は初めてのライン。


また改めて、
紹介させてくださいね。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











ただ、「白い」だけじゃないお皿〜横山拓也さんの個展と、手に入れたうつわ〜

先日、約1年ぶりくらいに、
西麻布にあるうつわのお店、

桃居 さん

に、お邪魔してきました。


今回で2度目のお出かけになります。


ご主人のうつわ、ものに対する概念が
本当に私の憧れるくらしそのもので、
何度読んでも感銘を受けます。
そのくらい、大好きなお店のひとつです。
(お店紹介のページ→


今回の目的も、
昨年に引き続き、
お会いしたかった作家さんがいたから。


thumb_IMGP9961_1024
横山拓也さん、です。


(昨年、横山さんのうつわを迎えた際の
記事はこちらからどうぞ→


今年はムスメも加わり、
三人でお邪魔しました。
週末ということもあり、
横山さんのうつわを求めて
老若男女問わず、お客様が来ていらっしゃいました。

thumb_IMG_0473_1024

店内にはたくさんの横山さんのうつわ。

thumb_IMG_0476_1024

眺めてはため息、の繰り返し。
美しい作品がたくさん展示されていました。

ブログ村テーマ
うつわと暮らす


作家モノの「うつわ」や「こもの」


美しく暮らすモノたち


お気に入りのうつわたち


シンプルな道具たち


工芸、クラフト

thumb_IMG_0474_1024



thumb_IMG_0472_1024

嬉しかったのが、
お店に入ると、横山さんが


「確か、去年も…」

と私たちのことを覚えてくださっていたこと!


悩みに悩んで
買えたうつわはひとつきりだったのに。

そのひとことが、
とても嬉しく感じました。


今回も色々と
お話をしたのですが…

thumb_IMG_0471_1024

一番印象的だったのは
このうつわのエピソード。

「君の名は」の
あるシーン、ある場所からイマジネーションされたそう。


多分家族一、
DVDを繰り返してたくさん見ているムスメも
そのお話しには興味津々な様子でした(笑)。


たくさんの作品の中から、
気になるものを幾つか選んで、
一箇所に置かせてもらって、家族で検討会。

最終的には
去年買ったうつわとは違う型、で
用途が広そうなもの、と
ムスメの
「⚪︎⚪︎(自分の名前)だったら、これを選ぶかな」
の、鶴の一声で…

thumb_IMGP9962_1024

この鉢を迎えることになりました。

(ムスメの発言には
横山さんも桃居のご主人も
クスッと笑っていました…笑。)

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


thumb_IMGP9963_1024

釉薬を塗って焼いて終わり、ではなく、
細やかな行程を幾度と経て
作られる横山さんのうつわ。

間近で見ると
その奥ゆかしさに心を掴まれます。


thumb_IMGP9964_1024

上が今年迎えた鉢、
下は去年買った大皿。

thumb_IMGP9965_1024

どちらも味わい深い。


大切に、大切に使おうと思います。

thumb_IMGP9966_1024

お話、とっても楽しかったです。
また、お会いできるのを楽しみにしています。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。




今年最後の買い周りイベントかな?
大感謝際、開催されるようですが、
今週末は多分、PCとは向き合ってられないかなぁ…

とりあえず、枚数限定クーポンは
一通り押さえておきました。
  

ブロガーさんたちからの
情報収集も
ちゃっかり進める予定です。







kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー
  • 無印良品セール★シャリふわ感がたまらない、快適寝具
  • 無印良品セール★シャリふわ感がたまらない、快適寝具
archive
楽天市場


sponsored links