古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

職人技

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

銘品といわれるものを日常に〜くらしを丁寧にするきっかけづくり〜

何年越しでだろう?

存在を知ってから、
ずっと手に入れたいと思っていた憧れのものが
ようやくわが家にやってきました。


thumb_IMGP9624_1024


シルバーの箱に入ってそれは届きました。

開けてみると…

thumb_IMGP9625_1024

「わ〜、きれい〜。」
思わずそんな声が漏れてしまいました。


ブラシの平野さんの
洋服ブラシです。

thumb_IMGP9626_1024



信頼しているセレクトショップで
こちらを使っていて。


これからの季節。
毎日のように身につける暖かい素材のものは
どうしても毛玉ができがち。


今までは毛玉ができると
ビーン、と毛玉取り機でカットしていたのですが、
それって結局、
その素材をすり減らしていることなんですよ、と
そのショップのオーナーさんに聞いて。


それでお勧めされたのがこちらのブラシ。


できた毛玉をほぐしてもとの生地になじませることができるし、
着用後に使えば
根本的な防止策にもなる、と。


自分の好きな洋服たちを
ずっと長く、きれいに着られるなんて…

そんな嬉しいことはないなぁ、と思って
ずっと憧れていました。 



一つ一つが手作りのブラシ。
この鋲も、職人さんが一つ一つ手打ちしたもの。

thumb_IMGP9628_1024


そしてこのブラシの要となる、植毛も
全て手作業。
想像しただけで気が遠くなってしまう…。

使われているのは馬毛。
豚毛に比べてとても柔らかいそう。
使われている部位も
尾毛のなかでも最も硬く、太い部分を集めているので
一頭からも少ししか採れない
貴重な部分なのだとか。


thumb_IMGP9627_1024


私が購入したのは
柄の部分がない「水雷型」というタイプ。



こちらとも迷ったのですが、
慣れてくるとより広い面積を
きれいに整えることができると聞いて。


thumb_IMGP9630_1024

手に取ってみるとこんな感じ。
大きい、と最初は思ったのですが、
スナップをきかせると使いやすい!!

こちらのブラシ、
老舗の洋品店でも
愛用されていることが多いそうなのですが、
なるほど〜、と手に取ってみて
改めて思いました。


ブログ村テーマ
ステキ雑貨、買いました♪


おすすめの家具・雑貨・インテリアショップ


お気に入りグッズを見つけたら♪



早速毛玉が立ち気味だった
スローケットでおためし。

thumb_IMGP9629_1024




Before
thumb_IMGP9631_1024


そしてafter
thumb_IMGP9632_1024


ちょっとわかりにくいかもしれないですが、
浮き立っていた毛足が馴染んでいるのがわかります。

thumb_IMGP9633_1024

取れかけの毛やホコリが
しっかり取れています。



もっとわかりやすかったのが
こちらのストール。
thumb_IMGP9634_1024

まあいつも、
こんなコンディションで使っていたのですが…


thumb_IMGP9635_1024


ブラシをかけることで
表面が整うだけじゃなく、
光沢まで増したのにはびっくり!!



洋服ブラシにこんなに…?
と躊躇して、
で、迷いに迷って、
そしてお財布事情と相談してGOだったタイミングに
在庫も復活していたので
清水買いの一品でしたが…


ああ〜、やっぱり
買って間違いはなかった、と思った瞬間でした。


thumb_IMGP9638_1024


植毛も、ブラシの毛足を揃えるのも、
鋲を打つのも、
手に取る木の部分をきれいに整形するのも…

全て日本の職人さんによる、
手仕事の賜物。


 
にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


ああ、やっぱりこういうものを
できるだけ支持して
そばに置いておけたらいいな、と
改めて思ったお買い物でした。


thumb_IMGP9637_1024


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*

私はお手入れブラシも
一緒に買いました。


私が購入した時は
セットは品切れだったのですが
今回はまだ数個在庫があるようです。


手仕事、なので
まあ、在庫のない期間の多いことといったら(笑)。
入荷されても
数日ですぐ完売される
人気商品のようです。


そのこともあって
迎えるまでに時間がかかったものでしたが、
手に入れた喜びもひとしお、です。


今では着る前、
着た後、のブラシ掛けがすっかり日課になりました。

モチベーションを上げてくれる
いい道具を持つということは
結果、お手入れが苦にならないきっかけになるのだと思います。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











台所用品熱が止まらない…cotogotoさんで見つけたアウトレットに飛びついた理由

先日、都内へお出かけした際に、
cotogoto さんへ足を伸ばしたことを記事にしたのですが…


(過去記事→) 


お弁当箱展を目的だったのに、
連れて帰ってきたのは、
こちらでした。

thumb_IMGP9500_1024

 



山田工業所の、打ち出しフライパン。
TARO。
thumb_IMGP9507_1024




今までわが家は…
脱テフロンを徐々に進めていて…


フライパンはすでに
ドイツの鉄フライパン、タークに乗り換えたのですが…

これね…
焼きあがりとか、
伝熱性とか、
デザインとか…

本当に「よくできてる」と思う
キッチンツールなのですが…


欲張って30cmにしたので
お、重いんです…。


例えばフライパンを振るような作業がない調理、
お肉を焼いたり、
パンケーキ焼いたり、
そんなのには問題はないんですが…・


炒め物とか、
ちょっとお鍋を動かしてお料理したい、というのには
私の腕力では無理だったので、
軽い素材のものが欲しいなぁ、と思っていて。


そんな最中、
お店の片隅で
アウトレットで販売されている
この中華鍋を発見!!


そして手にした時の
衝撃的な軽さといったら!!!

thumb_IMGP9506_1024


佇まいまでも美しい…


そのアウトレットの理由、っていうのがですね、
thumb_IMGP9499_1024

かろうじて見えるかな?
この傷のせいなんだとか。


どうせ使っていればそんな傷すぐにできてしまうのに、
いいの〜、と思ったほど。


それでも購入を迷っていたのですが、
最近はもっぱら私より厨房に入る率が高い
相方さんが買ってくれました♪

ありがと〜。



thumb_IMGP9501_1024

日本で唯一の打ち出し製法で作られている
フライパンなのだとか。
それにより、厚さ1.2mmの薄さが実現している
鉄鍋なのです。

持ち手がチタンになっていることで、
熱が伝わりにくく、
特にミトンや布で包まなくても
さっと手に取ってお料理できるのが嬉しいです。

 

お揃いの山田工業所さんの中華お玉も欲しくなります…。
それと、
鉄鍋を愛用するには
ささらが必需品だと実感する今日この頃です。

thumb_IMGP9505_1024

鉄とチタンを繋げる、
こんな柄の細部にまで
職人さんの仕事がしっかり詰まっているお鍋。








普通のフライパンタイプもあります。

 


thumb_IMGP9509_1024
無骨なデザインは、
わが家の古いキッチンに
よく馴染む。


thumb_IMGP9515_1024


TURKのフライパンも
最近ようやく使いこなせるようになってきた感がある中で、
この中華鍋にも
期待大なわが家なのでした。


これからも、
末長く、
どうぞよろしくね♪


まだ炒め物しか使ってないので、
早くチャーハン作りたいです(笑)。

前回放送の
「マツコの知らない世界」も
面白かった〜。


長年悩んでいた卵焼器も、
放送されたこちらにしようかと
影響を大きく受けています(笑)。



どうせ買うなら、
使い捨てなくていいもの、
長く使いたいもの、
支持したいと思う作り手さんが作ったものに囲まれて暮らしたい…
私の基準はそこになるべくおきたいと思っています。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

↑管理人をしています。
トップブロガーさんも参加してくださっていて嬉しい。



 

今回のこちらも
日本の道具好き、器好きには
オススメの2冊。
雨の日の、いいお供になりました。


 
↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


スコープさんに
あの椅子が、入荷されましたね〜。
今夜10時販売開始とか。


かわいいな〜、素敵だな〜。
迷ってどれか一つに絞れない。

そう言っているうちに争奪戦になるんだろうな…。


このモデルは、今回限り。
再販なし、とされているそうですよ。

にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)





アルテック / スツール 60 。
ミナの生地はちょうちょ、とタンバリン。
[ artek / stool 60 mina perhonen ]


アルテックのスツールを買うなら
3本足、と決めていたので
そこがさらに購買意欲をくすぐられます。


さあ、どうする私。



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











繊細な手仕事〜ツルヤ商店・Hileのかごと、そのBefore&after〜

今月のお買い物マラソンで
ポチして到着を楽しみにしていた、こちら。


ブログ村テーマ


ツルヤ商店、ハイルの
オーバル型の脱衣かご♪


山形の、ツルヤ商店。
1907年に創業開始、
それ以来、ずっと「藤」にこだわって
堅実な藤製品を世に送り出している老舗。


そこで、
小野里奈さんという、
私とほぼ同年代のデザイナーさんが手がけた作品が、
このHile(ハイル)シリーズ、なのです。



thumb_IMGP8158_1024


松屋銀座の手仕事直売所で初めて目にして以来、
いつか迎えたいと思っていた
憧れのお品が…




やって、きた、よ〜♪
thumb_IMGP8157_1024

箱を開けて、中身を見て、惚れ惚れ。

thumb_IMGP8163_1024

いたるところ美しいけれど、
底面のこの八つ目網は、
思わずため息がこぼれてしまうほど。

こんなに規則的で美しいのに、
一つ一つが手づくりだなんて。

thumb_IMGP8162_1024

フレームにしっかりと編み込まれた藤。

職人さんの
ごつごつとした、でも美しい手が
ここから安易に想像ができます。






thumb_IMGP8164_1024

ひっくり返すとこんな感じに。
真ん中に棒をつけることで
網目だけの底の強度を上げているんですね。


で、こちらのかご…。

用途は何かと言いますと…


thumb_IMGP8165_1024
寝室のこちらに置いて
パジャマ入れ、とするために迎えました。



今まではこんな感じ。

thumb_IMGP8154_1024


イケアの布製のバスケットを使っていました。
軽くて、お手頃で、
シンプルなデザイン。


引っ越し当初、IKEAで必要品を買い込んだ際に、
選んだものです。


でも、雑な使い方を続けていたせいか、
写真のようにきちんと自立するには
中身をぎゅっと押し込まないといけなくなり…

で、自立してくれないと、
朝、ポイポイとパジャマを放り込むので
バスケットの中に入らず、
バスケットの上に乗っかっている、
というようになってしまったので…


何か別のものを、と思っていた時に
思い出したのがハイルの脱衣かごでした。

before
thumb_IMGP8156_1024

after
thumb_IMGP8166_1024

ドレッサー代わりの北欧ヴィンテージのサイドテーブルとも、
レクリントのランプとも、
馴染んでくれました。


やっぱり、北欧の古いものと
和のものって、似合うな〜、と再認識。

レクリントのランプ、わが家はヴィンテージですが、
現行もあります。
このシェードも、
日本の折り紙からインスパイアされたんだそうです。





thumb_IMGP8159_1024
一つ迎えると
他のラインナップも気になって仕方ない…

thumb_IMGP8160_1024

ハイルのかごは私が迎えたオーバルの他に、
ラウンドとスクエアがあります。


脱衣かごに、
 


脱衣かごの半分くらいの深さの
乱れかご。
  


そして、

脚付きかご!

どれも捨てがたいけれど…

オーバルか、

スクエアかを、
いつか手に入れたいなぁ、という
野望がまた一つ増えました。


ほしいものノートに、
またひとつ、
名前が増えました。



ハイルデザイナーの小野さんは
宮城ご出身と後で知って…。

東北生まれの私にとっては
やっぱりこのかごを選んで良かった!と、
改めて思いました。


その地域地域の産業を
応援できるような買い物を
できるだけしたい、と思います。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











入荷待ち約2年⁉︎タダフサ待ちなしで、Edyデビューでやってきました

私は
「憧れのものノート」
という、ノートをつけていて、
それこそ気が向いたときとか、
思い立ったときしか記さないのですが…


それに書いていた
憧れだったものを
先日迎えました。


こちらです。

thumb_IMGP6779_1024

えへへ。


えへへへへ。


箱からしてわかる方もたくさんいると思いますが…
包丁工房 タダフサさんの、万能包丁です♪

ちなみに、楽天さんで
予約を受けているショップさんがありますが…
2018年11月頃以降入荷って!
(今が何年か、思わず考えてしまいました…)

パン切り包丁も、
すごいことになってます…。



夏かな?
丸の内の中川政七商店さんでお話を聞いたときは
2017年6月頃、のお渡し、っていうようなことを
聞いた覚えが…


前から気になっていたので
ちょくちょく在庫情報をチェックしていたのですが、
受け渡し期間はどんどん伸びる一方な気がします。


たまに、プロキッチンさんでは
不定期に入荷が。


先月あたりかな?
入荷があったのですが
ちょうど財政難のタイミングでして…
迷っているうちに
即ソールドアウト。
そりゃ、そうだ。

ちなみにプロキッチンさんには
限定の子供用包丁も。
お手伝いをしたがる最近のムスメ。
これでお料理することが
楽しい、と思ってくれるなら
(さらに、私が疲れてるときとか、
作ってくれたりしたら…)
プレゼントしてあげたいな…とも思っています。


プロキッチンさんは
ペティ、刺し身包丁も在庫あり。
次は、刺身…と思っています。

 



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

で、そんな入荷待ちの大人気の包丁なんですが…


私、

待つこともせず、

しかも数ある本数の中から(!)
気に入った柄まで選べる、なんて

幸運な方法で手にすることができたんです♪


どこでかっていうと…


近所の巨大ショッピングモールの、
キッチンツールやさん♪


田舎あるある〜(笑)。
都内やネットで品切れしているものが
普通に置いてある現象…♪



ショーケースに並んでいるのを見つけて、
店員さんに恐る恐る、
「あの〜、このタダフサの包丁って予約待ちですよね?」
と聞いたところ…


「最近入ったばかりで、在庫、ございますよ。」

とのびっくりお返事が!


もう、テンション舞い上がる私。
「一本一本個体差がございますから、
どうせなら一番お好きなものを…」
という、店員さんのご好意に甘えて
在庫(多分10本弱はあったかと…)を全て出していただき、
気に入った一本を選んできました。


thumb_IMGP6778_1024

箱を見るだけで、
テンションが上がる♪

thumb_IMGP6780_1024


タダフサさん。
小学校の社会でも習った、
鋳物の町、新潟燕三条で作られています。

昭和23年からの創業。

職人さんによる一本一本の手作り。


丁寧な仕事、とはまさにこのこと、と思わされる、
オフィシャルページ(こちら→)の
製造工程を見ると
胸が熱くなる…。





お店で開けてみたけれど、
お家で開けるときも、
やっぱり緊張…


そーっと、そーっと、
箱を開け…

thumb_IMGP6783_1024


ようこそわが家へ、
タダフサさん。

thumb_IMGP6784_1024


悩みに悩んだ上、
私が選んだのは
本数の中でも少なかった、
板目の美しい、
年輪を感じられる一本を。
thumb_IMGP6788_1024

thumb_IMGP6787_1024

抗菌炭木材、という素材でできた柄。
元は栗の木でそれを、
炉の中で炭の一歩手前の状態まで燻製にし、
木材に菌が付着した際に栄養分となる、
水分や栄養がほとんどなくし、
菌が繁殖できなくなり、
死滅してしまう加工なのだとか!

しかも
タダフサさんの特許技術で生まれた素材なんだそう。

ものづくりへのこだわりが
こんなところからも感じられます。

thumb_IMGP6789_1024

丸みを帯びているハンドルは握りやすく。
3層構造のステンレスは
軽いのにサクサク切れる♪ 


thumb_IMGP6786_1024
思わずここでも
「ムフッ」
としてしまう、ロゴ…

これだけでも愛おしい… 

thumb_IMGP6782_1024

箱にはこんな用紙も。
普段は相方さんにお願いしますが、
研ぎ直しなどのアフターフォローもしっかり。

タダフサさんの
自社製品に対する自信が垣間見れます。

タダフサさんは待ちきれないけど、
日本のいい包丁が、という方や


柄も同一素材で
お手入れの楽さ&清潔さ第一を考えるなら
こちらもいいかもしれません。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


今回、このお買い物を使うにあたって、
支払いの方法に選んだのは、Edy。
これが初めて、です。


電子マネーといえば、
nanacoとSuicaくらいしか使ったことがない私だったけど、
よくよく調べたら、
楽天ポイントはEdyに移せるんですね〜。
知らなかった〜。
(今さら〜、と思われる方も多いと思うけど…汗)


そしてたまたま、
今回、Edy200ポイントプレゼント、
という企画をやっていて…


そしてさらに、
タダフサを置いてあったお店が
Edyを使えるお店だったので…


初挑戦してみました。



毎月のスマホやネット料金、
光熱費はもちろん、
ネット以外のショッピングも
お買い物するときはほぼこちらに統一。
Edy機能付帯しといてよかった〜、ってつくづく思いました。



楽天カード、キャンペーンも豊富で、
楽天をよく使うならこちらのカードを使えば
プラス1倍のポイントが還元されるので
おすすめです。
しかも今加入すると、ポイントの他に、
Edy500円分もプレゼントだそう。


クレジットカードはもう増やしたくないし…
と言う方も
Edyだけのカードも発行できます。






楽天ポイントからEdyに変えるには
ネットでの手続きと
ファミリーマートかサンクスでの
端末で受け取り手続きが必要だったので…


ちまちましてるけど
一度、お店にお取り置きをお願いして、
ポイントをEdyにして、
(その前に、ポイント→Edy変換で3%ぶんのEdyプレゼントキャンペーンにも
ちゃっかりエントリーして→
さらに楽天カードから不足額分を
Edyにチャージで
1000円ごとにもれなく100ポイントプレゼント、というキャンペーンも
見逃さず…


満を持して、
初、「シャリ〜ン」(笑)。

Edyのお買い物デビューをしたのでした。

もしかしたら、
私の生活圏内だと、
一番使う機会が多いのは
Edyかも…と今回実感。

ちょっと研究して
ズボラな家計管理の
一助にしようと思います。


この端末、初めて知ったけれど、
これがあれば
コンビニに行かず、Edyのチャージができちゃうそう…。
あまりにも今回、
Edyの旨みを享受したので
お気に入りに追加しました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


話がすっかり
Edyに移ってしまいましたが…


テンション上がりの勢いで、
今年迎えた
キッチンのお気に入りをもう一度、パシャっと。
(あ、ケトルは違うかな…)
thumb_IMGP6791_1024





thumb_IMGP6792_1024
北欧のヴィンテージジャー&ガラスボトル。
額賀章夫さんのアトリエで買った壺。
ダマスクのキッチンタオル。
イタリアの農園の端材の
カッティングボード、
デッドストックのラタン製象印ポット、
スウェーデンの古いケトル、

thumb_IMGP6793_1024
 陶器市でご本人から買えた
キッチンツールスタンドにしている
桑原典子さんのフラワーベースetc...


そして、
そんな素敵な出会いが多かった
今年のキッチンツールの買い納めにふさわしい…
thumb_IMGP6794_1024

タダフサの三徳。
(写り込んでる、私…)

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*



またか、って思われちゃいそうだけど、
本当、ご縁、に恵まれたお買い物でした。
買い物のご縁も人のご縁も、
そこだけの運は
強い気がする、私です(笑)。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


レポ、続々上がってますね。
個人的には今年一番、
買い周りの中でも盛り上がっている感じが…








トップブロガーさんも愛用のサラダスピナー。
嬉しいセールになっています。
うちもあったほうがいいかな?
(私、サラダの水切りとか、
すごい雑なんです…)


劇落ちくんとプラスマイナスゼロコラボの
ファイバーふきん。
(すごい組み合わせ!)
キッチンより、
洗面台周りや
ガラス拭きにしたいなぁ。
グレー系の色も好きなので迷ってます。



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。