実家へ帰るついでに、こちらの宿に立ち寄りました。

鉛温泉 藤三旅館
去年、たまたま宿泊したのがきっかけ。
湯治部に泊まるので、
わが家以上に年季の入ったお宿に泊まるのですが…


何よりも温泉がいいのと、
ちょっとしたイベント気分が味わえて今年もリピートしました。

湯治部、はもともとは、
農家の方が冬の間、疲れをとるために長期間過ごすために作られたもの。

なので、
部屋のこたつも、ヒーターも…
いろいろとオプションになるんです(笑)。

こんな調理場もあります。


雪化粧をした渓流を望むお風呂に、
身長163の私でも顎近くまで浸かる立ち湯「白猿の湯」がたまりません。

これに入りたいから、ここを選んでる、
と言っても過言ではないくらい。
この温泉に浸かると、
3分もしないうちに全身が芯から温まります。


周りはすっかり銀世界。
ここでゆっくり今年の疲れをとって。

新年は賑やかに、実家で迎える予定です。

thumb_IMGP2818_1024

今年の更新は、
今日でおしまい。
楽しくブログがつづれ、
また新たなつながりも増えて
充実した一年でした。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

↓インスタは気ままに更新中です。
Instagram


 ↓参加しています。
読んだよ〜のおしるしに
画像をクリックしていただけるとうれしいです♪。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村