住み始めて3年目。
築35年を超したわが家。

にほんブログ村テーマ 古い家に住むへ
古い家に住む


その古さに合わせて
お気に入りになったスペース、
例えばリビングや
台所、玄関などがその例ですが…


その一方で、
古さゆえになんとなく好きになれない、
というか、
どうやっても
自分の納得いくような空間にならない場所もあります。

 
洗面スペース、
お風呂、
トイレ、
などがその顕著な例。




でも…現状を克服できない、とはいえ、
100%諦めるのではなく、
より快適に思えるような工夫もしています。


その一例が、
トイレ。

18


タンク付、
一応簡素なウォシュレット
(住み始めてすぐに故障したので
不動産屋さんに相談したところ、
新品に交換してもらえました♪)
がついたトイレ、
あとは小さな窓と、
その上に棚が一段備え付けられているだけの、
シンプルで基本的なトイレです。

 
トイレ、は家族だけじゃなく、
来客時にも使う機会が多い場所。

 
なので清潔を保つことは大前提で、
それプラス、お気に入りを配置したり、
香りの演出をしたりして、
どうにかこうにか、私なりに凌いでいます(笑)。

 
トイレの中の、お気に入りたち。
fog linen workの真鍮のタオルハンガー。
18


シンプルなフォルムとこの色合いが
古い空間に似合うな、
と思って迎えたものです。 
18
トイレブラシ&サニタリーポットは
倉敷意匠の陶器製のもの。トイレの中でも脱プラスチック計画は進んでいます。
2階のトイレでは
ブラシ部分を流せるタイプのクリーナーを使っていますが、
あの色が主張している感じよりも、
よりこの場所に似合うものを、
と選びました。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準 
スペアのブラシも販売されているので、
衛生的にも安心して長く使えます。


 
ほかには…

18

ドライフラワーを施してみたり、
18

お気に入りのHOLSTEEのポスターに添えられていた、
英詩とその翻訳文を白いフレームに飾ってみたり。
18

 
(これ、トイレットペーパーの上にあるせいか、
なかなか皆さんの目につくみたいで、
「トイレにあるカード、いいこと書いてますね〜」
って言われることが多いです。)

 

 
それと香りは無印のフレグランスオイルを。

18

この木のディフューザーは廃盤になったみたいですが、
その前にセールになっているタイミングで
大量に買い込んでおいてあります。

 
普通のまっすぐな棒状のものより
香りの広がりがいい気がするし、
何よりツリー型がお気に入り。

 
トイレの香りはここ最近はずっと、
「リフレッシュ」を選んでいます。




そして、家族にも
お客様にも使いやすいように
消臭スプレーはデザインがすっきりしていて素敵な
ロハコのエステー トイレの消臭スプレーも置いて。
(一番↑の写真に写っています。)

 

 
昨年、クリーナーは
見た目も効果も抜群なこちらに変えました。
18
それまでは普通のクリーナーを使って
窓上の棚に置いてあるバスケットに入れて隠していましたが、 
お気に入りのデザインを
「見せる収納」にすることで、
空間のレベルアップにもなるかなあ、
という望みを込めています(笑)。 
何気ない場所の何気ない個所。
自分の好みとはかけ離れている場所。
でも、完全に諦めて放棄するより、
自分が好きなものを置いたり、
使ったり、で、
ちょっとは気分よくする、というのが
古いわが家に暮らすという経験から、
学んだことの一つです。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。