古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

大谷哲也

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

六九クラフトストリートと、お会いした作家さんたち♪

先日は、
クラフトフェア松本2017について
中心に記事にしましたが…

(過去記事→

今日は、
その後の松本散策について。

にほんブログ村テーマ 長野へ
長野


ご存知の方もたくさんいると思うんですが…
松本、って、
いいお店がたくさんあるんです。

にほんブログ村テーマ 作家モノの「うつわ」や「こもの」へ
作家モノの「うつわ」や「こもの」



とくにこの
六九通り界隈は、
松本に行ったら外せない場所です。



ブログ村テーマ
*シンプル&ナチュラルなお洋服と雑貨*


カフェ


雑貨屋めぐり


お気に入りのお店



thumb_IMGP8706_1024


とくにこの、ちょっとひなびた感じのする、
タイムスリップしたかのような通りには…


木工作家さんの三谷龍二さん、の「10cm」をはじめ…

thumb_IMGP8693_1024

ミナ・ペルホネン、


にほんブログ村テーマ mina perhone ミナペルホネンへ
mina perhone ミナペルホネン


 
thumb_IMGP8707_1024
ちょっと足を延ばすと、
シェーカーボックスで有名な
井藤昌志さんのセレクトショップ、
ラボラトリオさんも。


にほんブログ村テーマ わが家のシェーカーボックス。へ
わが家のシェーカーボックス。

今回はクラフトフェアに合わせて、
この通りで
六九クラフトストリートというイベントが
開催されていました。

thumb_IMGP8692_1024

「洗練と素朴」

相反しない。

thumb_IMGP8687_1024
去年、皆川さんと一緒にお写真を撮ってもらった
展示スペース。

今年も素敵な空間になっていました。

thumb_IMGP8689_1024

thumb_IMGP8690_1024

thumb_IMGP8691_1024

いつかは欲しいな、このチェア。


そして、いつも覗く、
花屋ことの葉さん。

thumb_IMGP8704_1024

私の好きな
グリーンと白と
ドライのお花中心のお店ですが…

thumb_IMGP8705_1024

振り返ると
大谷哲也さんの展示会が!

しかも、ご本人、在廊中!!
thumb_IMGP8700_1024

わが家のおなべもライスクッカーも、
元はこんなに真っ白だったのね〜、と
相方さんと笑いながら眺め。

サイズ違いもやっぱり欲しいね、と
再確認。

今年は大谷桃子さん(大谷さんの奥様)しか、
クラフトフェアに出展されていなかったので
残念だな〜と思っていたので
嬉しいサプライズでした。

thumb_IMGP8702_1024

木工作家さんの紀平佳丈さんもいらっしゃって、
ご親切に色々と
お話を聞かせていただきました。


通りを見終わり、
さあ、駐車場へ、となったとき…


今年も
皆川明さんも、
三谷龍二さんも、
お見かけすることができ♪


いったいこの通りって…

と、思わずにはいられない
数十メートルの散策でした(笑)。






 

でも残念ながら、
こちらでは小物だけで
お買い物はおしまい。


thumb_IMGP8708_1024

夜は明るいうちから繰り出し。

松本といえば、な馬刺し食べ比べと
地酒3種飲み比べ
(他、色々…笑)を堪能しました。


馬刺しは名前を忘れちゃったけれど、
他で聞いたことのない、部位。
(写真右の白いもの)
たてがみ部分の脂、なのですが、
コリコリしている食感から
一気に口でまろやかに溶け出すのがたまりませんでした〜。


そんなこんなで、
松本滞在を終え、
翌日は安曇野へ。


にほんブログ村テーマ 信州のあれこれ。へ
信州のあれこれ。



そこで、このたび一番の刺激と
収穫を手に入れて…。

また、旅の続きは
改めて認めたいと思います。

 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











餃子パーティーでお家ご飯、と食卓のお気に入り♪

時間(と気持ち)に余裕がある時、
わが家では
餃子パーティーをします。

にほんブログ村テーマ おうちごはんを楽しむ暮らしへ
おうちごはんを楽しむ暮らし


にほんブログ村テーマ おうちごはんへ
おうちごはん


みんなでいっしょに
ワイワイ言いながら
皮に包んで
目の前で火を通して
出来立てのホヤホヤを食べる…
thumb_IMGP5849_1024

ムスメも今、
料理に興味がとてもあるので、
こんな機会があると、
とても喜びます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

この日。

私はちょっと体調が優れなくて
「寝てていいよ」
と言ってくれた相方さんの言葉に甘え、
下ごしらえは全ておまかせ。

「あ、寝すぎた!」
と思って起きてきた頃には
もう包むだけになってました。

持つべきは、料理上手な夫(笑)。

thumb_IMGP5846_1024

包み方も、三者三様。
包むのも
相方さんが一番うまかったりします…。
(私って…)



色んなご飯のシーンで活躍する盆ざる。
うちは大きめサイズですが
小さいのも欲しくなります。


この日は、ホットプレートではなくて、
大谷哲也さんのお鍋を使って
水餃子を楽しむことに。
thumb_IMGP5836_1024

thumb_IMGP5842_1024
大谷さんのお鍋、
使い始めてそろそろ一年。
いい味が出てきてます。

育てる器、とは
まさにこのこと。

thumb_IMGP5841_1024

水餃子だけ、と予定でしたが
急遽焼き餃子も作ることに。

それももちろん、
相方さんの仕事なので、
わたしはひたすら
すぐたべれる様に
子供でもできる様な支度をするだけです(笑)。


thumb_IMGP5844_1024

こんな時大概お世話になるのは、
この東屋さんのアルミトレイ。
(あ、餡がこぼれてる…)



取り皿や
調味料など、
テーブルにひとまとめにすると
場所も広がってとても便利。




薄くて軽いのに
しっかりとした安定感があって
例えば↑のスコープさんの写真の様に
一気に片付けたい時も
本領を発揮してくれます。

そのトレイに載せているのは…
thumb_IMGP5840_1024
・額賀章夫さんの楕円皿

・ロールストランドのボウル


・THEの醤油差し


・白山陶器の醤油差し(お酢を入れてます)


・スターネットのお箸

・ポン酢いろいろ

です。
(私はこの昔からあるポン酢が大好きで…。
これとお醤油でのタレじゃなきゃ嫌なんです…)


thumb_IMGP5848_1024
こっそりムスメの椅子に陣取って
スタンばってるのは小梅さん。

3人揃って楽しげな雰囲気がわかると
必ず仲間に入ってこようとする、
人懐くてかわいいやつです。

thumb_IMGP5851_1024

そして。
焼き餃子もご覧の様に
綺麗に焼きあがり。

焼きはこちらで。
ドイツのフライパン、ターク。
30センチ、扱っているお店が少ないけれど現在在庫あり。
熱伝導が素晴らしく
たくさんお料理したい時に便利です♪


傍では水餃子を
ぐつぐつと。


私と相方さんとでは
餃子の餡の作り方は違うんですが、
彼が作った餃子は
白菜の歯応えがとてもシャキシャキとしていて
美味しかったです。

こんな日のビールは
これでいただくに限ります。
お料理も一層美味しく感じる♪


ビール用は本当は↓。
でもこんなふうに
好きな型で色んな楽しみ方をするのも
いいと思います。



久々の餃子パーティー。
3人でお腹パンパンになるまで食べました〜。

お出かけもいいけれど。
たまにはこんな、
楽しみを兼ねた夕食を
時間をかけて作るのもいいかな、と。

そんなある日の、
家族の風景でした。 


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


☆楽天ROOM☆
自分のお店感覚でブックマークしています♪
よかったら覗きに来てください。

良品週間もラストスパート。


明日は駆け込みでお買い物の予定です。

ブロガーさんのお買い物情報も
最終チェック。

ブログ村テーマ
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪


無印良品で買ったもの♪













炊飯器、卒業しました〜家電に頼らない、という選択

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、
わが家に迎えた、
大谷哲也さんのライスクッカー。
thumb_IMG_0260_1024





一緒に写っている、
わが家のキッチンの働き者たち




 すっかり使い方にも慣れて、
ご飯を炊くときは
毎回このライスクッカーのお世話になっています。



thumb_IMG_0257_1024
 
お釜でご飯を炊く、
ということ。

最初は
「面倒臭くないかな?」
「難しかったらどうしよう…」
なんて思っていたんですが、


本当に良い意味で裏切られました!


まず作り方について。
わが家のライスクッカーは3号炊きなので
3合のお米と
3合半のお水を入れるだけ。

あとは30分くらいそのまま浸し 

沸騰するまで火にかけ

沸騰したら弱火で4〜5分

15分くらい蒸らす

それだけなのです。
大雑把に計算しても
50分くらい。
わが家の炊飯器の早炊きコースと 
数分しか変化がありません。

そして、使い勝手。

お釜と蓋、だけなので
お手入れが簡単。
炊飯器だと
お釜の他にも
内蓋や、蒸気口のお手入れが毎回必要だったけど
その煩わしさから解放されました。

さらに、当然、
コンセントを必要としないのでそれも楽。
コンセント事情があまり考えられていない、
古いわが家。
いつも炊飯器を
リビングに持って行って使っていたので
キッチンから出ずに
ご飯を作れるのも嬉しい気づきでした。

気になっていたこびりつきも、
ご飯を食べている間に
水に浸しておけば
そんな苦労もなく取れます。

洗うときは、
亀の子束子の白いたわしの
柔らかいタイプを使っています。


保温機能はもともと使わないことが多かったので、
余ったご飯は炊きたてのうちに
冷凍庫へいれるので問題はありませんでした。 

で、やっぱり何よりも、
その、ご飯のお味と言ったら!

私だけじゃなく、
相方さんも
「全然違う!」
というご飯に毎回炊き上げてくれます。

と、こんな風に熱く語っちゃいましたが…

本当に買ってよかった、
出会えてよかった、と思える
作品であり、
調理器具です。


なので…

炊飯器はまったく使わなくなったので、
しまっておくことにしました。

thumb_IMG_0271_1024

リサイクルとかも検討したけれど、
もしかしたら、
家族がお弁当生活になったときのことを考えて
(朝、タイマー機能に
頼らざるを得ないこともあるかもしれないので…) 
取っておくことにしました。

ピカピカに磨いてから、
シンプルなコットンの布に包んで 
thumb_IMG_0273_1024
 
(いつもお世話になっている
地元のお洋服屋さんのラッピングで使われていた布。
お買い物をするとこんな布で包んでくれるのです)


thumb_IMG_0278_1024

空きスペースとなっていた
吊り戸棚のなかにしまいました。
thumb_IMG_0275_1024

しばらくこのままにしてみて、
最終的な判断を出そうと思っています。

いままでありがとう。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


忘れもしない、
去年の土用の丑の日。

集中豪雨で
住んでいる市内の半分くらいが
停電したことがありました。


時刻は夕方。
「みんなで食べよう!」
と奮発して買った国産うなぎ片手に
帰ってくる途中の出来事…。
(信号も停電し、
メインの通りは大渋滞でした…)


そのとき初めて、
上の写真のルクルーゼと
ガスコンロで
ご飯を炊いてみたんですよね。

で、無事に
おいしく温かいうな丼が食べれたのでした♪。


そのときも思ったし、
今回、お釜に変えてみても思ったけれど、
電気に頼らないでご飯を作る、
って環境も備えておくって
実はとても大切なんじゃないかな、と。


カセットガスも
あったほうがいいなぁ、と思うものの一つです。

一目惚れしたことがきっかけで
迎えた大谷さんのお釜ですが、
見た目以外にも
いろいろと大切なことを
教わった気がします。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

って、こんなことを書いたすぐあとに、
久々の大きな地震が…
(今回は予約投稿で綴っていました)
ムスメを寝かしつけたその瞬間でしたが
携帯の警報音、
震災のときの揺れを思い出す、怖い揺れでした…。


この記事のタイミングで、この地震…
非常用品や食材のストックは
常備してるけど、
改めて
見直しをしなきゃだめだよ、って
何かに伝えられたような、そんな気もします。


被害が最小限でありますように。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると
嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ。
Instagram

 

 



 

炊飯器卒業?大谷哲也さんのお釜、初炊きです♪

昨日の朝。
いつもは目覚ましが鳴っても
なかなか起きられず、
慌ただしく支度をして保育園&仕事、に向かうのですが

珍しく早く、
そしてすっきりと目覚めました。

で、私の周りの
ステキインスタグラマーさんとか、
ステキ女子友を見習って
(と、自分の体型にいよいよ危機感を感じて)
かる〜くジョギングなんぞした後に…

先日購入した
大谷哲也さんのライスクッカーを初使用♪


thumb_IMGP3625_1024
ご飯を炊きました。

 使い方は、いたってシンプル。
これは3号炊きなので
3合のお米と、
3.5合のお水に30分ほど浸して
thumb_IMGP3671_1024

水がよく染みたところで
thumb_IMGP3672_1024
沸騰させるまで、強火でぐつぐつ。
沸騰後は、弱火で4〜5分ぐつぐつ。
thumb_IMGP3673_1024

後は火を止めて、
15分蒸らすだけ。

 
で、いよいよドキドキの
オープン!
thumb_IMGP3678_1024
(愛用している無印の手ぬぐい。
至る所で役立ちます♪)

じゃ〜ん!
thumb_IMGP3680_1024
 とふたを開ける瞬間、
大げさな効果音を思わずには入られませんでした。
(一人、キッチンででしたが…)

お米の粒が立つ、っていうけれど
本当にそう見える♪

早速炊きたてを
家族でいただきました。

大好きな作家の
額賀章夫さんのお茶碗で。



thumb_IMGP3687_1024

私の写真が稚拙で申し訳ないなぁ。 

シンプルですが、
卵かけ御飯、と、梅干し。
今日はご飯が主役!です。
thumb_IMGP3685_1024

相方さんは
「なんか、やっぱり美味しい気がする」
ムスメも
「今日のごはん、おいしいね〜」
と絶賛してくれました。

思ってた以上に
簡単なお釜のごはん。
今朝はお米を浸す部分からやったけど
前もってこの工程さえしておけば
炊飯器の早炊きコースより
断然早いです。

今、わが家はお弁当持ちがいないこともありますが、
多分、これで当分の間
炊飯器を使うことはなくなりそう。

そうなると、炊飯器を収納していた場所も
見直して…
そしたらもっとキッチンもすっきりするかも…
なんて思うと
おいしさだけじゃない、プラスαのうれしさも湧いてきました。

あ、使用後、のライスクッカーですが…
一度だけではほとんど、焦げ付きもなく
こんな感じでした。
thumb_IMGP3677_1024
どんどんいい味にしていくんだ〜♪

おいしい朝ごはんを食べた後は、
食器をお片付け。
thumb_IMGP3693_1024
出勤前に、拭く、までの余裕はないので
たいがい朝はこんな感じです…。

便利、より
アナログを選ぶ、っていう家事。
思っていた以上に実はシンプルで
簡単なことも多いんだな、って
改めて思いました。


トラコミュ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


〜食卓に登場したものたち〜



 


リストアップ、始めました。





 

数年待ちの、「暮らし」のための白くシンプルな台所用品を迎えました

丁寧な暮らし、
豊かな暮らし、
ゆとりのある暮らし…

そんなふうに
「暮らし」
というものを
その意味を
周りに多々影響されてではあるけれど
ここ数年意識するようになりました。

トラコミュ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


そんな中、変わっていったのは
自分の身の回りのものに
作家さんのものを取り入れる、ということ。

使い勝手優先、から、
ちょっと欲を出してみて。
自分の身の回りに
ずっとあったらいいな、と思うものを選んでいたら
好きなものがより
わかってくるようになりました。


大谷哲也さんのうつわも
そんな中の一つ。


こんなコミュ、探してました!


(先日、いつも拝見しているトップブロガーさんの記事も
大谷さんの作品に触れていて
なんだか嬉しくなりました♪)

10082

去年の10月に我が家に迎えた
平鍋。
(過去記事→

それ以来、
すっかり大谷さんの作品の魅力にはまってしまい…

ご近所で個展が開かれたこともあって
ついに
憧れのキッチンアイテムを
手に入れることができました。

キッチンアイテム、というより
台所用品、という方が、
大谷さんの作風と
ぴったりはまるかもしれませんね。

お迎えしたのは、こちらです。 

thumb_IMGP3625_1024

これ、なんだと思いますか?

実はこれ、
thumb_IMGP3631_1024
ライスクッカー、
つまり
御釜なのです。
thumb_IMGP3632_1024


thumb_IMGP3630_1024
白くてぽってりとした
優しい雰囲気のフォルム。

thumb_IMGP3626_1024

 真上から見ても美しく、かわいい。

thumb_IMGP3629_1024

蓋のデザインも
あたたかみがあって。

 
本やネットで
お釜を使ってご飯を炊いている方たちを見て
ずっと憧れを抱いていました。

でも、私みたいに
日々バタバタしてて手抜き大好きなタイプには
向かないのかな、と思っていて
なかなか手が出せず。

でも、このお釜はね。
すごいんです。

水にお米を浸す、蒸らす、
という工程を除けば
火にかけるのは4、5分。

全工程でも
炊飯器の早焚きコースと
ほぼ変わらない時間です。

それなら私も使いこなせるかも、
と思い、
ご縁のあるお店での個展だったので
わが家に迎えました。

thumb_IMGP3645_1024
manufact jamさんという
とてもセンスのいい日用品のお店。
ご近所にこういうお店があること、
とても嬉しく思います。


ちょっと思い切ったお買い物になりましたが、
買いたい!と思っても
このライスクッカー、
数年待ちなんだそうです…。

(秋の中目黒、SMLさんの個展でも
私が足を運んだのは
たしか二日目、とかだったんでが
すでにこのサイズは売り切れでした。)


今回の個展でも
1つしか入荷はなく、
いつもお世話になっている大好きなお店だったので
買うなら今だ!と
自分にいいように理由付けしました(笑)。


thumb_IMGP3628_1024

お鍋を使ってわかったのですが、
保温力、伝熱力に
とても優れているんです、
大谷さんの作品って。

だからきっと、
そんなに少しの時間で
美味しいお米が炊けるんだろうなぁ。


ちなみに、
まだ使ってはいません(笑)。
この連休、家族が揃ったタイミングで
お披露目かな?

でも、待ちきれず。
台所に置いてみる、の図。
thumb_IMGP3638_1024



thumb_IMGP3637_1024

はやくほかほかのご飯を
みんなで頬張りたいです♪

ちなみに
その去年の秋に迎えたお鍋はというと…

thumb_IMGP3634_1024

 いい感じに味が出始めてきています。
心配だったこびりつきも
重曹をいれて一沸かしすれば 
力を入れなくても綺麗になります。

thumb_IMGP3633_1024

使う前のものと、
使っているもの。

このお釜も
どんどんいい味にしていきたいと思います。

大切に使って
おばあちゃんになるときも
このお釜で
ご飯を炊いていたい、
そんな暮らしの夢が
一つできました。

そして、
そんな暮らしの似合う、
おばあちゃんになっていたいと思います。

thumb_IMGP3648_1024
素敵な作品に出会えて、感謝です。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

↓Instagramはこちらからどうぞ。
Instagram 



お釜を手に入れたら、
こんなアイテムも欲しくなります…



 

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • ワーキングマザーのひとりごと〜娘の成長に思うこと〜
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 自然素材がいっぱい☆今年のナチュラルクリスマスリース、届きました
  • 【中川政七商店】憧れのお正月飾り、届きました。
  • 【中川政七商店】憧れのお正月飾り、届きました。
archive
楽天市場


sponsored links