古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

器好き

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

〜初めての動画取材〜「うちでいいんでしょうか?」と何度も聞いて、その結果。

夏休みも後半。
海レジャー旅行帰りの翌日…

人生で初めての、
動画撮影のご依頼いただいて、
とっても緊張しながら、わが家での撮影に臨みました。


雑誌とか、テレビとか、そういう撮影ではなかったのですが、
写真撮影でも緊張するのに、
初の動画ということで、
もう名刺交換から手が震える始末…。

「なんでもない日常の、
普通の朝ごはんを作っている風景」

ということで、
ある道具を使っているわが家をカメラマンさんが選んでくださったのですが…。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*

丁寧な暮らし

スローライフな日常

暮らしをつくるインテリア*

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_426a
とーっても古い家の、
とーっても古いキッチン。

雑多ですっきりさもなくて、
オシャレでもなんでもない、
昭和感半端ないキッチン、いや台所をメインでの撮影。

しかも私が料理をそこでする画が欲しいですと!?

正直、お話をいただいた時は
「いや、これ何かの勘違いでしょ〜」
と思いました。

だってうちより素敵なおうちは数多とあり、
そして私よりお料理上手な人も数多とあるはずだから…。

「なぜ、わが家なんだ?」

そんな疑問を抱きつつ、
うちで本当に大丈夫ですか、というやりとりを
カメラマンさんとも幾度もして…

最終的には、その、カメラマンさんの想いに
少しでも協力できれば、という風に気持ちが変わり、
お受けすることにしました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_43f1
台所でのシーンは、
私は調理中だったので
記念に残せませんでしたが、

いやぁ、緊張したぁぁぁぁ。



だって私、料理、嫌いじゃないけど丁寧に作れないし…

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_43ee
冷蔵庫にあるものも加えて、
朝ごはん、の完成。




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_43f0
20代半ば、
甥っ子と数歳しか変わらない若いカメラマンさん。

だけど、
その考え方というか、
軸というかは、
こちらがはっとさせられるほどしっかりしていて。

撮影後、
インタビューも受けて、雑談もしたのですが、
ああ、こんな20代の方もいるんだ、と
本当に目から鱗で。

海帰り。
怒涛の撮影でしたが、
でも、とてもとても私は充実した時間を
過ごすことができました。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_43f2
撮影後、カメラマンさんが撮ったものを
拝見させてもらいましたが…
同じ料理とは思えないほど、
自分が作ったご飯が「映え」ていました。
さすが、プロ。

作ったご飯は昼食がわりに、
お話ししながら二人でいただきました。
(ムスメはすでに食事後だったので。
好きな卵焼きとご飯と漬物だけ食べてました。)

拙く、偏りが強い、
私のブログ、インスタグラム。
でも続けているうちに、
何か分かり合える、通ずることのできる人とお会いできる機会があることに
いつも感謝しています。

今回も
お受けしてよかった、と
心から思う依頼でした。

カメラマンさん!
きっとあなたは素敵な道を歩むことができると思います。
またいつか、
超有名になった時も
お声がけくださいね♪

若くて志がしっかりした人を
もう支える側に立たなければならない、と感じた日。


若き若き、彼の未来に、
幸多からんことを心から祈ります。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

素敵な時間をありがとうございました。

参加しています↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram

↓今までの「ラインで読者登録」がリニューアルされより便利になりました。
更新情報をお届けできます♪
(すでにご登録いただいている方は更新不要です)


QRコードでも登録できます。

エントリーお忘れなく↓

今回の私のポチレポは
こちらからどうぞ



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。 




 

陶器市には行けなかったけれど…手に入れた念願の器

始まる前は長いと思っていた10連休も、
気が付けばあっという間に終わってしまいました。
遠出をすることはありませんでしたが、
近場で一泊旅行をしたり、お出かけをしたり、
気になっていた庭の手入れや家のメンテナンスをしたり…と。

長期連休ならではこそのんびりもでき、
やりたいこともでき、とありがたいお休みでした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さてGWと言えば…
わが家の恒例行事の一つに陶器市へのお出かけ、があります。

でも今年は、数年続けて行っていた陶器市には向かわず…
ずっと気になっていた作家さんの古典へ足を運びました。

会場は水戸にあるうつわや季器楽座さん。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4106

こんな素敵なお店が県内にあるとは初めて知りました。

で、お目当ての作家さんはというと…
山崎さおりさん。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4103

茶器を中心に手掛ける陶芸家さんです。

とあるマーケットで初めてご本人とお会いし、
作品を見て以来、
いつか山崎さんのものを!と決めていました。

足を運んだのは個展2日目。
いい出会いがあるか心配だったのですが…
無事に素敵な器と出会うことができました。

(わが家の器についてはこちらからどうぞ↓)

こちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fb
あけびの持ち手が美しい、土瓶。

なんと、今回の個展のパンフレットの
プロフィール欄を飾っているものです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4104

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4105
白っぽいものと最後まで迷ったのですが…
店員さんのご厚意で、
ありとあらゆる場所で二つの土瓶を比較させていただいて、
こちらの黒とも藍とも墨色とも呼べるような、
土瓶を選びました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fc

秋田のあけびのつる。
隣県生まれとしてはさりげなくうれしいポイント。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fe

こんな風に、ちゃんと持ち手は倒すことができ、
使い手のことがいたるところで考えられている作品です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fd

あけびの持ち手がもし壊れたとしても、
付け替えていただくことも可能なんだとか。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40ff

ちゃんと内側もこんな風に。
ああ、手仕事ってなんて素晴らしいんだろうと感嘆。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4100


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4101

陶器の表面も見れば見るほど、
引き込まれていくようなまるで銀河のような美しさ。
使い込むほどにより黒く育っていく、と
インスタでわざわざ山崎さんご本人から教えていただき感動もひとしおです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4102
持ち手も陶器もすべて含めて、
経年変化が楽しみなうつわ。

陶器市には行けなかったけれど、
念願の器を迎えることができて大満足。

お茶のひと時が、より贅沢なものになりそうです。

まずはおいしいお茶探しを始めたくなりました笑。

わが家の台所。
気が付けばほぼお気に入りだけで成り立つようになりました。

これからも少しずつ、一つ一つ慎重に。
好きなものを集めながら、
それを大切にする暮らしを楽しんでいきたいと思います。        
 


↓Instagramはこちらからどうぞ
時々、だけど、作家さんご自身とお話しできるのも
インスタの楽しいところです。
Instagram

↓今までの「ラインで読者登録」がリニューアルされより便利になりました。
更新情報をお届けできます♪
(すでにご登録いただいている方は更新不要です)


QRコードでも登録できます。




☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。 




 

キッチンの調味料スペース|お気に入りに囲まれながらきれいを保つ方法

古いわが家の台所。
シンク前には、出窓があります。
そこは主に、砂糖や塩、と言った調味料や、
包丁類、
そしてブラバンシアのブレッドピンを置いて、
収納スペースとして活用しています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f11

もう40年近く前に建てられた戸建。
気の利いた調味料収納スペースなんてないのですが、
ここがあるおかげで助かっています。





砂糖、塩の壺は
大好きな陶芸作家、額賀章夫さんのもの。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f10
左側の陶器は確か、ですがグスタフスベリ 。


奥のガラス瓶はBODA。
それぞれ北欧の古いものです。

スプーンは、相方さん手彫りのもの。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f12
左は竹、右はチークだったかな?
ちょうど壺に合う大きさで、
使いやすく、気に入っています。

これらの調味料。
日々使うものだから、当然その周りも汚れやすくなります。
そこで、使っているのが無印の手ぬぐい。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f0e
4枚セットくらいで売っている、リーズナブルなものですが、
一般的な手ぬぐいのハーフサイズ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f0d
こんな風に、調味料スペースに敷き詰めて。
定期的に交換しています。

交換するときは、軽く周りもふいて、洗濯機へ。
そして、予備の新しい手ぬぐいをまた敷いて。

お気に入りの器たちの下に、
布を一枚敷くことで、
器の衝撃も少しかもしれないけれど軽減され、
そして汚れたら交換というだけで、
きれいが保てます。
にほんブログ村テーマ
家事が楽しくなるモノ・工夫


そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

時短家事の工夫

<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア

明日のためにできるシンプルなこと

本当はもうちょっとここに収納スペースが欲しくて、
ラックを置くか検討しているのですが。

今の所はこの方法が、
面倒くさがりな私でもきれいを簡単に保てて、
自分に合っているなぁ、と感じています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f0f
少しずつですが、脱プラスチックを進めているキッチン。
お気に入りにが調理中視野に入り、それを手に取るという時間は、
ちょっとした幸せすら感じます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

やっぱりうつわが好き〜新入りの額賀章夫さんの作品たち〜

先日、額賀章夫さんの工房へ
ムスメと二人でお出かけしてきました。


わが家にある器の中で
圧倒的な数を占めている、額賀さんの作品。
陶器、磁器を含め、
多分一番数が多いと思います。


(こちらにも紹介されている作家さんです。
世界中でご活躍されている姿を拝見するのは
ファンとしてとても嬉しい反面、
もうこれ以上、有名にならないでほしい…とちょっと思ったり…。)


その日は、晴天にも恵まれ、
紅葉が見頃を迎えた里山を超えてのドライブは
とても清々しいものでした。

ムスメとの女子トークも弾む弾む(笑)。


今回は2日目に足を運んだので、
器の数はだいぶ減っていたようですが、
それでもお気に入りを無事見つけることができました。

今回迎えたのは、こちら。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e4



オーバルプレートを3枚。
小皿を2枚。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e7

今回買ったこのオーバル型より、
一回り小さいものも3枚持っていますが、
そのお皿のヘビーユース率が高く。

もう少し大きいのも欲しいな、と思っていたところでの
嬉しい出会い。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e5

黒を2枚、生成りを1枚。
意外にもムスメが
「黒、かっこいいよね!」
と。
私も同意見だったので、びっくり。

もうすっかり、個展などに連れ回され慣れたムスメ。
今となっては、同じように関心を持って、
作品を一緒に見てくれるのが嬉しい。
迷った時も、どちらがどういいか、
アドバイスをしてくれる、頼もしい存在になりました(笑)。

色は全部統一するのもいいけれど、
色違いで持つのも食卓が華やいでいいので、
1枚は生成りにしました。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e6

他にはこんな豆皿も。
小さなお菓子を装うのにも良さそうです。


で。
写真を撮った後、額賀さんの作品がわが家にどれだけあるか、
全て集めてみました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e8

一気に買い揃えたわけでは決してなくて、
一つ一つ、
ご縁のあったタイミングで、
少しずつ揃えてきた額賀さんの器たち。

これだけあるのにも関わらず、
どれも食器棚で眠りっぱなし、というものはなく、
日常的に使っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39e9

額賀さんの温もりがあって、でもシンプルなデザインが
とても好きです。

どの器も、世界に二つとないもの。
端正に、一つ一つ、
手作業によって作られたもの。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準 


そういったものを日々使う幸せ。
素敵な作家さんに出会えて良かったな、と改めて思ったのでした。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村




↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

陶器市で買ってきたもの〜お気に入り作家さんの男前な器〜

益子の陶器市、この秋も出かけてきました。
その時に、買ってきたうつわ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393f

稲吉善光さんの小鉢。

あれだけ何万?何十万?と作品の並ぶ陶器市の中で、
買ってきたのはこれ一つっていう(笑)。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

でも、それくらい、
消耗品と思わないものは真剣に選びたいです。



楽天でも買えるの!?
お気に入りリストに即登録しました。




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393d

このマットな質感がなんとも言えず。
砂を交えて作られている、と、
以前お話をした際に聞いた気がしますが、
ざらっとした表面がなんとも味わい深い。

テントにはいつもご夫婦でいらっしゃって。
「(作品の)写真を撮ってもいいですか?」
と以前、お声がけしたら、
「これでいい?」
ピースサインで稲吉さんと奥さんが並んでくださったことも。

とてもユーモアがあって、
暖かな作家さんです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3940

見れば見るほど、
使えば使うほど、
うっとりする、うつわ。

手に取ると、
吸い付くようにしっとりと。


説明書にあった通り、
一晩、水に浸してから使いました。
そのあと、お料理を盛り付けた際、
この工程で染み込むことを防ぐことができるのだとか。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3941
稲吉さんの器は、二つ目。

お世話になった方への、贈り物としたことも。
男性でしたが、インスタでも、
愛用していてくれてることをあげてくれて嬉しかったな。
渡した時、涙目になってたことも忘れません。
上田に会いに行かなくっちゃね。


話が逸れましたが。


そこにあるだけで、一気に雰囲気を変えてくれる、
かっこいいうつわ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_393c

うっかり割ることのないように。

末長く、どうぞよろしく。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

整理収納アドバイザー資格有保持者のくせに、
うつわと服は増えていってるような…。
でも私にとって快適なのは、
ミニマムな暮らし、ではなく、
選びたい時に選びたいものがある、
好きなものに囲まれた暮らしだと思います。

ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


でも、快適に使えるように
収納の工夫をすることが
昨今の急務です。



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
archive
楽天市場


sponsored links