古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

器のある暮らし

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

【涼を運ぶもの】丹精に作られた手仕事のカトラリー

こんにちは。
またまたご無沙汰していました。

お盆を過ぎ、猛暑はひと段落といった感じがしています。
朝晩は秋を感じさせるような風が吹くようになり、
暑さの苦手な私としては、とてもありがたい限りです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

記事にしそびれていましたが…
だいぶ前に、職人さんが作ったこちらを購入していました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4158
真鍮製のマドラー。

 
こちらの急須を買ったお店で、
一目惚れして思わず一緒に買ってきたものです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4112
愛知県は瀬戸市の
原口潔さんという作家さんのもの。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4159
この繊細な作りの中にも、
職人さんの手打ちの跡がしっかりと残り、
なんとも素敵な雰囲気に。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_410a
真鍮製のカトラリー、って、
クラフトフェアなんかを覗くと
結構高価なお値段のものが多いのですが…

こちらは迷うことなく手が出せる、
「え?いいんですか、このお値段で??」
という価格で。
(真鍮の素材自体の値上がりがあり、
全般的に真鍮作家さんは苦労されている、と店主さんもおっしゃっていました。)

わが家はマドラーがなかったこともあり、
この美しい一本を購入しました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4109
よーく見ると、小さな小さな刻印も。



フタガミさんのものも美しいですね。

そういえば、わが家のコーヒーメーカーも真鍮を使っています。
ぴかぴかすぎない、落ち着いた光沢が好きです。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4108
小さな一つ一つの凹凸も、
丹念に作られた証だと思うとまた愛おしく。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4107
今でこそ、猛暑はひと段落しましたが、
この夏、わが家の一息の時間に、
大活躍してくれたマドラーなのでした。

scopeさん別注のiittalaのフルッタグラス。
こちらも大活躍な夏でした。

にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)


カラカラとグラスの中で氷を回す音。
真鍮の経年変化。

また、長く愛でたいものが増えました。

参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



↓今までの「ラインで読者登録」がリニューアルされより便利になりました。
更新情報をお届けできます♪
(すでにご登録いただいている方は更新不要です)


QRコードでも登録できます。




☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。 




 

陶器市には行けなかったけれど…手に入れた念願の器

始まる前は長いと思っていた10連休も、
気が付けばあっという間に終わってしまいました。
遠出をすることはありませんでしたが、
近場で一泊旅行をしたり、お出かけをしたり、
気になっていた庭の手入れや家のメンテナンスをしたり…と。

長期連休ならではこそのんびりもでき、
やりたいこともでき、とありがたいお休みでした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さてGWと言えば…
わが家の恒例行事の一つに陶器市へのお出かけ、があります。

でも今年は、数年続けて行っていた陶器市には向かわず…
ずっと気になっていた作家さんの古典へ足を運びました。

会場は水戸にあるうつわや季器楽座さん。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4106

こんな素敵なお店が県内にあるとは初めて知りました。

で、お目当ての作家さんはというと…
山崎さおりさん。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4103

茶器を中心に手掛ける陶芸家さんです。

とあるマーケットで初めてご本人とお会いし、
作品を見て以来、
いつか山崎さんのものを!と決めていました。

足を運んだのは個展2日目。
いい出会いがあるか心配だったのですが…
無事に素敵な器と出会うことができました。

(わが家の器についてはこちらからどうぞ↓)

こちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fb
あけびの持ち手が美しい、土瓶。

なんと、今回の個展のパンフレットの
プロフィール欄を飾っているものです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4104

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4105
白っぽいものと最後まで迷ったのですが…
店員さんのご厚意で、
ありとあらゆる場所で二つの土瓶を比較させていただいて、
こちらの黒とも藍とも墨色とも呼べるような、
土瓶を選びました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fc

秋田のあけびのつる。
隣県生まれとしてはさりげなくうれしいポイント。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fe

こんな風に、ちゃんと持ち手は倒すことができ、
使い手のことがいたるところで考えられている作品です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40fd

あけびの持ち手がもし壊れたとしても、
付け替えていただくことも可能なんだとか。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_40ff

ちゃんと内側もこんな風に。
ああ、手仕事ってなんて素晴らしいんだろうと感嘆。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4100


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4101

陶器の表面も見れば見るほど、
引き込まれていくようなまるで銀河のような美しさ。
使い込むほどにより黒く育っていく、と
インスタでわざわざ山崎さんご本人から教えていただき感動もひとしおです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4102
持ち手も陶器もすべて含めて、
経年変化が楽しみなうつわ。

陶器市には行けなかったけれど、
念願の器を迎えることができて大満足。

お茶のひと時が、より贅沢なものになりそうです。

まずはおいしいお茶探しを始めたくなりました笑。

わが家の台所。
気が付けばほぼお気に入りだけで成り立つようになりました。

これからも少しずつ、一つ一つ慎重に。
好きなものを集めながら、
それを大切にする暮らしを楽しんでいきたいと思います。        
 


↓Instagramはこちらからどうぞ
時々、だけど、作家さんご自身とお話しできるのも
インスタの楽しいところです。
Instagram

↓今までの「ラインで読者登録」がリニューアルされより便利になりました。
更新情報をお届けできます♪
(すでにご登録いただいている方は更新不要です)


QRコードでも登録できます。




☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。 




 

「白いけどただの真っ白じゃない!」奥深い雰囲気のある器、また一つ増えました。

去年のことになりますが。


毎年楽しみにしている個展の一つ、
西麻布は「桃居(とうきょ)」さんで開催されていた
横山卓也さんの作品展に足を運んできました。


ちょうどお昼時だったので、
初めは横山さんは在廊していらっしゃらなくて。

「今年はお会いできないかな~」と
諦めかけたところに戻ってきてくださって。


作品の話はもちろん、
愛猫ちゃんのことからのバンプオブチキンの歌詞にまで至り、
最後にはウルウルしてしまい…。

相方さん曰く「二人とも泣き始めんじゃないかと思って焦った」
というくらい、心がジーンとするお話もしてきました。


で。

肝心の選んだ器は、というと。

今回も迷いに迷いに迷いに迷って。
最後には家族3人でお決まりの「せーの!」で選んだ器にしました。



その器は、
お正月飾りの時にすでに登場しているのですが…。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c01


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c03

憧れだった横山さんの高杯を購入しました。
横山さんの白い器が好きで、これで3つ目。



ただ、白とはいっても表面のひびのような質感、
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c02

マットでしっとりとした感触、
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c08

よく見ると背後にある灰色…と、とても趣深いところが大好きです。

今までは実用的な大鉢と、平皿を購入していましたが、
今回は高杯に。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c04

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c05

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c06


正直、
使用頻度はほかの器に比べたら減ってしまうかもしれませんが、
オブジェとしても申し分なく美しく、
特別な食卓を囲むときには主役級の器となってくれることは間違いはなさそうです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c07


横山さんの作品はそのお人柄が表れているかのように、
とても繊細で静かな雰囲気があって、
でも温かさも感じられて。



ゆっくりとしたペースで、
また別の形のものを揃えたいと思います。

いつかは花器も欲しいなぁ。




↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

和の器・古道具・北欧雑貨・自然の恵み〜秋の玄関インテリア〜

何も予定のなかった休日。
ドライブがてら、
家族で、近くの森林に散策へ。


そこで見つけた、
季節の美しい草花たち。


お花屋さんに並ぶそれとはまた違う、
控えめな、でも生命力のある姿。
帰ってすぐ、玄関に飾りました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3871

ブログ村テーマ
Flower & Green

季節を彩る草花たち

花のある生活

フラワーアレンジメント、フラワーアート

グリーンインテリア


これは何の実かな?
赤い実と、緑の実。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3872

隣の小さな木の鉢は
古い火鉢。
古道具屋さんで見つけました。 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3873

中身にはこちらを。

大ぶりな枝を飾りたい時、
頼りになるのがホルムガード のフローラ。
悪い顔してる猫がちょっとやそっと触れても
びくともしない安定感で、
安心して飾れます。


旧カラーは限定価格になってます♪ 




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3876

にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)

そして、トゲトゲが痛かったけれど、
見頃になっていた野アザミの花。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3870
アザミの花火のような、
この形が好き。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3875

どの器に飾るか迷った挙句、
大好きな額賀章夫さんのブルーの花器を選びました。 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_386f


そして、わが家の玄関のディスプレイスペース。
靴箱の上はこんな感じに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_386e

和と北欧、そして自然の恵みと古道具。
異素材ミックスですが、
好きなものを好きなように飾り、使う暮らし。


そんな生活が、
古いわが家にはよく似合う感じがします。


ブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活



小さな幸せに


シンプルで豊かな暮らし


日々の出来事



暮らし・料理・ナチュラル生活・日記

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3874

(でもできれば、ディスプレイスペースには、
立ち入らないでください、小梅さん…)


にほんブログ村 インテリアブログへ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪






☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。

金沢旅行の旅みやげ〜喜八工房さんの職人技が光る逸品〜

先月、金沢への小旅行で、
立ち寄った「喜八工房」さんのお店。


喜八工房さんは
旅の少し前に家族分のお椀を揃えたお店。
その美しさ、実用性にすっかり虜になり、
実店舗にもぜひ足を運ぼう!と決めていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_341e

お椀はネットで購入。
旅行が先に決まっていれば、実際に手にとって選んだのに、とちょっと悔しい気持ちも。
ブログ村テーマ






UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32db


素敵な器を作るお店は、
お店そのものもとても素敵な空間でした。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32d7

ひがし茶屋街にある店舗。

お庭のあしらいも初夏の日差しを浴びて、
とても清々しく。

にほんブログ村テーマ
木のうつわ。。。



喜八工房のうつわ


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_32d9 2

フィン・ユールのウッドボウルを髣髴とさせる、
流れるような木目が美しいボウル。


店員さんもとても親切な方で、
気になるもの一つ一つ、
丁寧に説明してくださいました。


そして数ある作品の中から、
わが家が選んだのは、こちら。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3423

白木が美しい、一輪挿し。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3420

他に見たことのないデザインに一目惚れ。
これを1本の木から繰り出して、
割れないように中も掘り出して…

まさに鍛錬された技を持つ職人さんだからこその、
作品だと思います。



ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


スローライフな日常

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3425

底にはこんなアクセントも。

店員さんがお店にある在庫、全てを出してくれ、
一番お気に入りの木目のものを選びました。
手作りだから、手仕事だから、
ひとつひとつ違う美しさ。
「せっかくだから、一番のお気に入りを。」
という店員さんの気遣い、とても嬉しかったです。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3422

耐水性ではないので、
ドライフラワーを飾っています。

でも、中にガラスなどでできた、
細い容器を入れられる程度のゆとりがあるので、
近々見つけてきて、
生花も飾れるようにしたいと思います。




喜八工房さん、
他の器も本当に魅力的なものが多くて、
最終的にどれを選ぶか、
本当に迷いました。


でも、
私は花器が好きなようで、やっぱりこの一輪挿しに。

四季折々の花々を
この花器でも楽しみたいと思います。


↓参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。






kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
archive
楽天市場


sponsored links