古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

北欧デザイン

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

コンパクトで美しい〜北欧、B&Oのスピーカーがわが家に〜

憧れのオーディオブランド、
デンマークのBang & Olufsen(バング アンド オルフセン)。


デザイン性の高さ、スペックの高さ…
庶民中の庶民であるわが家には、
一生ご縁はないだろうと思っていました。


オルフセンといえば…
一度実店舗で、
気さくでおしゃれな店長さんのもと、
相方さんと個室でテレビとスピーカーを体感させていただいたことがあります。

(「いやいやそんな…」と尻込みする私たちに
「せっかくなので、体験するだけでも。」と、快く個室型のショールームに
通してくれました。)


その圧倒的な迫力と洗練されたデザインを目の当たりにして、
素晴らしいなぁ、と実感するとともに
お値段を聞いて「へぇ〜…」としか言えない私たち…(笑)。
私たちと同年代か、
あるいは少し年下くらいの店長さん。
買わない(買えない)と分かっていても、
相方さんとまるでお笑いみたいな会話を繰り広げてくださって、
私は隣で笑いを堪えきれず、
楽しい時間を過ごさせてもらった記憶があります。


と、ずいぶん前置きが長くなりましたが…


そう、そんなふうにわが家には縁遠い存在、と、
ずっと思っていたオルフセンがわが家にやってきました!



それは、こちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3558

今年6月に発売されたばかりのポータブルスピーカー、
Beoplay P6 です。

色はほかにブラックも。




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_355e

パッケージや
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3563
パンフレットからして美しい…。

デザインはとてもシンプル。
北欧のクラフトマンシップをひしひしと感じる、
こちらのデザインはCecilie Manz(セシリエ・マンツ)さんという、
女性デザイナーさんが手掛けたそう。

にほんブログ村テーマ シンプルな道具たちへ
シンプルな道具たち


にほんブログ村テーマ モダンインテリアとデザイン家電へ
モダンインテリアとデザイン家電


にほんブログ村テーマ デザイン家電へ
デザイン家電


本当に無駄が一つもない、
洗練されたデザイン。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3560

ボタン一つのデザインもかっこよくて抜かりがないなぁ、
と思ったら、
BIOマスターシリーズをデザインした
Jacob Jensen(ヤコブ・イェンセン)のものからインスパイアされたのだとか!
(BIOマスターのヴィンテージ、かっこいいですよね…)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_355b


北欧好きとしてはそんなエピソードひとつでもテンションが上がります。



ストラップのナチュラルレザーが無機質な中で、
ちょっとしたアクセントになっていて。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_355f



片手で簡単に持ち運べる重さなので、
部屋だけでなく、アウトドアでも使えるし、
コンパクトなので置く場所も選びません。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_355d


防塵防滴仕様なので、
キッチンやバスルームでも使えるのもうれしいポイント。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3562


そして、やっぱり一番感動したのは、
その音の迫力!


360°のサラウンド、とうたわれているように、
まさにそこで「本物」が演奏していたり歌っているかのよう。



Youtubeの音源すら、とても透明感があリ、
かつ重厚に聞こえるのには圧巻してしまいました。


一見すると使い方が難しそうに思えますが…
とてもシンプルな操作なのも大きな魅力。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3560


電源をオンにし、
Bluetoothをオンに。
あとは、手持ちのメディアと同期させれば、
簡単に再生ができます。
(iPhoneの場合だと、
設定→ブルートゥース→Beoplay P6をクリックして接続、
これだけです。)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3561

製品についてはこちらで詳しくチェックできます→

バッテリーはUSBを使って充電しますが、
3時間の充電で16時間も再生できるのも便利ですよね。


最近はCDを買うことより、
ダウンロードして聞くことが多くなったわが家。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3564

まさに「何処へ置いても際立つ美しさ」のスピーカー。
空間に溶け込んでくれるのがとても嬉しいです。
 

にほんブログ村テーマ 美しく暮らすモノたちへ
美しく暮らすモノたち


にほんブログ村テーマ 暮らしにもっとデザイン家電をへ
暮らしにもっとデザイン家電を





UNADJUSTEDNONRAW_thumb_356e
 
これからは、より音楽を楽しむ時間が増えそう♪
音楽がある時間っていいな、って改めて実感しました。


にほんブログ村テーマ デザインのある生活へ
デザインのある生活



思いがけない素敵なプレゼント、
本当にありがとうございました。 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











かもめ食堂風シナモンロール作り、と、30代になってからのお友達について

ちょっと前になりますが…、


お友達のお料理教室cocochi主催の
みほちゃん宅で
プライベートレッスンを開いてもらいました〜。


↑こちらの著者さんです。
このレシピ通りに作ると、
そんじょそこらのレストランのフォカッチャよりも
格段においしいフォカッチャができます!
レシピ通りに作った私のフォカッチャ、
銀座のとあるイタリアンのお店よりも美味しかった(笑)。



お友達の、お花師匠、
la renonculeちゃんと(可愛いムスメちゃんも)一緒に。


なかなか都合が合わないメンバー。
でも、私の
年度始めはちょっと動きにくいかも…
というリクエストによって
忙しい中、企画してもらって、感謝、感謝。


初めてお邪魔するお宅は
センスあふれる雑貨や家具が
配置されていて居心地がよく。
thumb_IMG_1853_1024

このとき、私は
引き継ぎ作業の残業続きで
ノックアウト寸前(笑)。

最初はうだうだ〜と、
レザーの心地よいソファに横になってました…。


あ、で、今回のレッスン。

何を教わったかと言いますと…

thumb_IMG_1854_1024

フィンランド帰り、直後のみほちゃんによる、
オリジナルレシピ。

「かもめ食堂風 シナモンロール」


写真に写る、
かわいいブーケは
la renonculeちゃんから。
私も同じものをいただきました、ありがとう〜。
そして、私だけ手ぶらで、
ごめんね〜…。


おしゃべりに花を咲かせつつ、
生地を捏ね、
発酵させ。 

thumb_IMG_1855_1024

かもめ食堂風、というのは
わけあって、
フィンランドのシナモンロールって
こんな風にくしゃっとなってるんですって。

thumb_IMG_1857_1024

ここで不良生徒は
午前中なのにも拘らず、
手土産ゼロにもかかわらず、
自前のおいしいビールをいただきました〜。

クッキングマットは
やっぱり一枚は確保しようと思ったレッスンでした…



オーブンで焼きあげる間は
みほちゃんオリジナルレシピのランチも。

thumb_IMG_1859_1024

お野菜たっぷりの春色散らし寿しを中心に…

調味料が塩だけ、っていうのが
嘘みたいな
まろやかな蕪のポタージュに…

thumb_IMG_1860_1024
色鮮やかな、サラダ。

thumb_IMG_1865_1024
 
新玉ねぎのドレッシングが
美味しすぎて
欲張って全部かけて食べました〜。


おいしいお料理を頬張るうちに…
thumb_IMG_1862_1024
師匠お手本のシナモンロールがまず完成♪


ご飯でお腹いっぱいなのに、
香ばしい香りには勝てず、
熱々のうちに頬張って。


もうね〜。

ふわもち、という言葉がぴったり♪
別腹とばかりに、
まるまる一つ、食べちゃいました。


その後すぐに、
私たちレッスン生二人の
シナモンロールも焼き上がり♪

thumb_IMG_1867_1024


私の生地は
なぜか同じ配合なのに
性格が反映されてか
だらりん、としていたので…
thumb_IMG_1869_1024
ちょっといびつなものもありますが…汗


thumb_IMG_1870_1024
でも、焼きあがったシナモンロールはとっても美味しくって

シナモン好きなムスメに大好評。
お持ち帰りした6個中、
4個を食べてくれました。




生地作りも
ゴムベラでさっくりできるので
手も汚れにくく、
スタバやカルディには負けない仕上がりです!
生地が軽やかで、
シャクっ、モチっ、とした
食感がクセになるレシピ。


いつか、手土産がいるときは
さも、自分でオリジナルで作りました、的な顔をして
このシナモンロールを持っていこうと思います(笑)。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


サラリー(ウー)マン、な私。

好きなことを職として、
活躍している、お友達二人。


話すことは多岐にわたるけれど、
お互いに「働く」ということに関して
やっぱり多少なりとも
ジレンマ?みたいなものもあり。


私は所詮、勤め人だから
手に職があって、好きなことを仕事にしている、
二人が羨ましいよ、というと
「kanaedeちゃんは、
人脈を広げる力がすごいあるよ〜」
と褒めてもらえたのが嬉しかったです…♪



職場仲間、でもなく。
ママ友、でもなく。



そんな存在のお友達で
しかも、価値観も共有できるお友達に
30も半ばあたりから
ホンネのホンネで
話せるお友達に出会えたこと。


それって本当、
恵まれているな〜って思います。


整理収納アドバイザーの資格を取ったのも、
la renonculeちゃんのレッスン(しかも初回)が
きっかけだったから…。


いろんな経験をして。
いろんな出会いがあって。
だからこそ、大切にしたいな、
ありがたいな、という繋がりができて。


今回の二人はもちろん、
その他のお友達も、
とても大切。



こんな私と
(だいたいみんな、
私のことを紹介するときに
お酒の話を絡めますが…)
いつも仲良くしてくれて
ありがとー、って
心から思ってます。


ブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活



小さな幸せに


シンプルで豊かな暮らし


日々の出来事



暮らし・料理・ナチュラル生活・日記




子育ても、仕事も、家庭も大切。

でも、
この歳だからこそ、
お友達、という存在の
ありがたみも感じます。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











手にしたのは、Hans J Wegner の、あの作品

先日の記事でも
ある北欧家具を、
リビングに新たに
迎え入れたことを綴りましたが…

(過去記事はこちらからどうぞ→



今日の記事は、
そちらのご紹介です。



ブログ村テーマ
北欧ヴィンテージ家具との暮らし。


北欧雑貨


癒しは北欧インテリア^^


北欧デザイン


北欧ヴィンテージ


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器


北欧×モダン=北欧モダン


アンティーク・ヴィンテージのある生活



もう、タイトルに書いているのですが、
迎え入れたのは
大好きな作家、
ハンス・J・ウェグナーのもの。


ウェグナーといえば、
一番みなさんにお馴染みなのは
こちら、かな?



北欧ブロガーさんのところで
お目にかかることが多い、
Yチェア、ことCH24が
彼の作品としてはポピュラーかな。


私も
好きな1脚の中の一つ、です。


このポスターを
「北欧の椅子っていろいろあるんだなぁ…」
と、興味津々に眺めていました。



わが家のウェグナーさんは、

thumb_IMGP7970_1024
この、ピーコックチェアと、


隣に写っているソファ、CH236。


 
ベアチェア(パパベア)も、
いつかは、の憧れですが…


今回迎えたのは
椅子、ではなく、
こちら、です。


thumb_IMGP8043_1024


Book shelf RY8 Teak wood

ウェグナーのRYシリーズ。
チークのずっしりとした本棚、を
ご縁があって手に入れました♪。


詳細はこちら、
大好きな北欧家具のお店HIKEさんの記事リンク、です→

thumb_IMGP8036_1024
いきなりですが、裏面。


そこには…

正規品であることの
立派な印が。

RYの刻印とともに、
お誕生日までが!!

1958年2月19日。
このこはデンマークで生まれました。


おおよそ60歳。


しっかりとリペアされて、
目立つ傷もなく、
コンディションは言うことなし。



きっとこれから何十、いやもしかしたら
3桁の年数を
使っていける家具だと思います。

thumb_IMGP8039_1024
一番惹かれたのは、
このチークの木目の美しさ。

色々なサイトでRYのこのシェルフを見たけれど、
うちの子が一番美しい、と思う(笑)。


thumb_IMGP8040_1024

棚板の跡こそあるけれど、
それ以外はまったく綺麗な状態です。


そのこだわりは、
まさに細部まで行きわたり。

棚板を支える鋲も
真鍮の美しいデザイン。

thumb_IMGP8038_1024
棚板は手前部分には無垢材が施され、
しかも、下の部分になる面は
斜めになっていて、
シェルフが完成した時、
よりスッキリした見た目、となるよう
計算されたのだそうです。


そして、棚板を早速取り付ける、の図。

thumb_IMGP8043_1024

 
美しい…


棚板は
細かく高さが変えられるよう、
 鋲穴が多めに空いているのも、
家具は実用品であってほしい、とデザインしてきた、
ウェグナーの思いが込められているように思いました。





チークではなく、オークのものなら、
楽天さんにも在庫がありました。


thumb_IMGP7970_1024
今日の一枚目にも登場しましたが…

こんなだったスペースが、



thumb_IMGP8047_1024
こんな形に、生まれ変わりました。


ウンベラータは2階に置くか、
お友達に譲るか、検討中。


ピーコックチェアはこのあと、
シェルフの手前に置き、
その奥にあったダストボックスは
ダイニング側の角に移動させました。


thumb_IMGP8044_1024

 
身の丈知らず、と言われれば
そんな買い物かもしれないけれど、
(でもそれでも、
ほぼどの家具も、
国内最安値で手に入れられたと思っています…)、

この子も含めて
この数年かけて
わが家に迎えた家具たちは
もう、処分する気もなく、
一生使っていきたい、と思うものばかり。


それって結局、
一番お買い得で
環境にも優しいお買い物、だと思っています。


(そんな数々の家具を作り上げてきた、
ヨーローッパのあの時代は
素晴らしい、と本当に思います。)


置けるスペースがあれば、
こちらもいつか…な、
同じRYの憧れです。


そして、そういうものを迎えれば迎えるほど、
今、手にしている自分たちのものに
疑問が生まれてきたり…。


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準
管理人をしています。
参加してくださって、ありがとうございます。
是非、色々な方の「価値観」を
拝見させてください。



ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


古い古い本棚は、
わが家にまた、
新しい息吹をもたらしてくれました。




本が収納したくて
迎えた本棚なので
がっつり本棚としても
活躍してもらう予定ですが、
新たなディスプレイスペースとしても、
活躍してもらおうと考えています。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











あの名作がわが家に!北欧ヴィンテージ家具のある春のリビング

わが家のリビング。
ちょっと前のものになりますが、
週末のリセット、を終えて、な風景。

thumb_IMGP7835_1024

ルイスポールセン3兄弟。


にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ
Louis Poulsen ルイスポールセン


にほんブログ村テーマ 我が家の照明☆ライト☆灯りへ
我が家の照明☆ライト☆灯り


にほんブログ村テーマ 間接照明へ
間接照明


にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング



ついに売り切れたか〜。
やっぱりね。








窓が南西に向かって
たくさんあるわが家のリビング。

光がたくさん降り注いで
とても明るく、
古い建物でも、
暖かく過ごせる日もあります。




thumb_IMGP7837_1024

この日は久しぶりに、
サイドボードにオイルを。


玄関に入り、
リビングのドアを開けると
広がるのは、こんな風景。
thumb_IMGP7813_1024


thumb_IMGP7811_1024


北欧の古いもの、新しいもの、
日本の古いもの、
ペルシャの古いもの…


北欧家具が好きだけれど、
気がつけば
本当に多国籍な空間になっていました。


thumb_IMGP7812_1024


ダイニングスペース側から望む、リビングは
こんな感じ。
thumb_IMGP7808_1024


フィン・ユールの
ディプロマットデスク。


外交官机、と日本語では訳すのでしょうか?
とにかく、そんな感じで
お偉い方がでーんと鎮座するような大きなデスクは
ダイニングとして使うのにも
まったく遜色ありませんでした。

幅190という予定外の大きさでしたが、
意外とどうにかなってます(笑)。

ハプニング的なお値段で
迎えたテーブルだけど、
お客様が来ても
今の配置でも
大人6人が座れます。


最近、お客様を招いてないから、
今年は色々な友達と
ここで飲みたいと思っています♪


 

thumb_IMGP7836_1024

ですが…このリビング。


今回新たに
予想外の大物を迎え入れることになりまして…


thumb_IMGP7810_1024


リビングのコーヒーテーブルに
常に置きっぱ、な
サガフォルムのコースター。
こちらも時々オイルでお手入れしていますが、
邪魔にもならず、
コロンとした風貌がむしろオブジェみたいでもあり、
お気に入りです。




そうでなくても
なかなかキャパオーバーだったのですが、


でも。


その、大好きな作家さんの作品は、
わが家のリビングを
より、素敵な方向に導いてくれました。


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


うちには縁のない、と思っていた
大好きな作家さんの家具。


また後日、
その家具について
ご紹介させてください。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











一番欲しかったお鍋〜イッタラが誇る最高峰、ティモ・サルパネヴァのキャセロール

少し前の記事にも書きましたが…

わが家にこちらのお鍋がやってきました。

thumb_IMGP7570_1024


Timo Sarpanevaデザイン、
iittalaのキャセロール♪


ブログ村テーマ
iittala/ARABIAイッタラ・アラビア北欧雑貨


iittala * ARABIA * marimekko 北欧ラブ♪


北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器


イッタラ カステヘルミ  *ガラスウェア




私のつけている、
「欲しいものリスト」
の中に明記していた、これ。

ついに二重線で消す日が来ました。



まず届いて、
パッケージのデザインから
いきなりため息。

thumb_IMGP7577_1024

「永遠のデザイン」
「時を超えるデザイン」


まさにそう思う!
本当そう思う!

thumb_IMGP7578_1024

イッタラの歴史について。
錚々たる面々が名を連ねています。
それも好き。

thumb_IMGP7579_1024
こんなお鍋そのままのデザインの裏には、

thumb_IMGP7580_1024

なかなかダンディなイケメンおじ様、
きっとこの方がティモ・サルパネヴァなのかな?


彼は、フィンランドのデザイン評価を
世界に向けて高めた
デザイナー、彫刻家、そして教育者、だったのだと
イッタラのホームページで改めて知りました。
彼の独特な
工業的センスがとても支持され、
イッタラのアイコン「i」を考えたのも
彼だったとは!!

フィンランド政府からも
名誉教授の称号を与えられた彼。
北欧デザインの
巨匠中の巨匠、とも言えるのかもしれません。






thumb_IMGP7571_1024
上から見ると
まるでボタンのような蓋が愛らしい。

thumb_IMGP7572_1024

取っ手はスライドすると簡単に外れて、
火にかけた時は
その溝で
蓋の中央部分を引っ掛けて外します。

また、この仕草が楽しい♪
thumb_IMGP7575_1024

そして取っ手の
変なツヤ感のない、
無垢のオーク材がとてもいい味を出しています。


蓋を外すと…

中は底面以外は
琺瑯仕立て。
thumb_IMGP7573_1024

thumb_IMGP7574_1024

清潔感のあるお鍋。
琺瑯面以外は
錆びやすいそうなので
丁寧にお手入れして
綺麗に長く、
でもガツガツ使っていきたいと思います。


スコープさんで入荷されてから、
並行輸入をしているお店を
ずっとチェックしていて
買えたこのお鍋。

楽天さんでは
3店舗で同じ価格帯であるけれど、
姉妹店(というか、同一店舗?)なので
在庫はそうはないと踏んで
買い周りの時期を待たずに買いました。
(結果、まだ残ってるから、
ちょっと惜しいことをしたなぁ、と思うけれど
売り切れて買えなくて
また数ヶ月も入荷待ちをするのは嫌だったのです。)


スコープさんは正規取扱店。
そして商品説明を見ても、
やっぱり一線を画すな、と思いました。



お値段は正規価格だけれど、その分、
iittala・ARABIAキャンペーン
 として、
なんと、こちらのイッタラのフローラをプレゼントする
キャンペーンを開催しています。

これはスコープさんでしか
買えないものですもんね。
毎回、すごい作戦を立ててくるなぁ、と
尊敬しています。


わが家にティモのデザインしたものが来るのは、
このキャセロールで二つ目。

thumb_IMGP7581_1024

このガラスのキャンドルホルダーも
彼のデザイン。
鍾乳石からヒントを得て
作ったと言われています。

thumb_IMGP7582_1024
相方さんと最初にお買い物した時に
買ったヴィンテージのこのホルダー。
その作者とここでまたつながるなんて。
とても嬉しいし、
迷いながらもこのキャンドルホルダーを
買った自分を褒めてあげたい気分です(笑)。



このお鍋は
鋳物職人だった彼のおじいさんの影響を受けた、
とも言われているのだとか。


そして、
イッタラのHPを見て
買ってから知ったのですが、

「イッタラのサルパネヴァ(鋳鉄のポット)は、
世界的なデザインアイコンとして認められてきた、
時代を超えて愛される最高傑作です。」


との文章が!
(掲載元はこちら→



この記事を書きながら、
その事実をまさに今知って、
ちょっと興奮しています。


このお鍋を実物で見たのは、
那須のアンティークショップで。

このお鍋そのものは知っていたけれど、
実物の迫力、というか、
美しさ、というか、
存在感、というかは
とても素晴らしくて。


でもその古いものは
中が白ではなく、赤で、
相方さんとの意見の結果、
やっぱりこのデザインは
現行の黒×白をいつか手にしよう、
と決めたのは去年の秋のこと。



そして、リストアップして…
わが家にやってきました。


thumb_IMGP7576_1024


イッタラ自身が、
自らの最高傑作、なんて
謳っていることなんかつゆ知らず、
二人で直感で
「おティモ様を買おう!」
って決めたことが
すごい嬉しいし、
なんか自分自身の
そして二人の目の
自信に大きくつながりました。


thumb_IMGP7586_1024

そして、古い昭和のキッチンに置かれた、
ティモのお鍋。

うん、うちにでも似合う。
うちだから、似合う。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準  


欲しい、と思ったものは
妥協しないで、その時を待つ。
出会ったものは
(お財布がOKなら)
他を節約してでも手に入れる瞬発力も備える。


わが家のお買い物は
この2極化が進んでいて、
結果、
お気に入りがどんどん増えています。


とても素敵なお買い物ができました。
生涯のパートナーが増える幸せ、
たまりません。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram

 

☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 【大は時短を兼ねる】2分あればキレイ肌ができるメイク小物
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
  • 賛否両論?無印の新製品使用、買ってみての本音レポ
archive
楽天市場


sponsored links