古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

フィン・ユール

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

松の内明けのわが家のリビングと、今年欲しい北欧ヴィンテージ家具

お正月気分もすっかり抜け、
今週の半ばには
家族みんなが平常運転モードになってきました。


先日の3連休。

松の内が明けたとともに、
リビングも平常仕様に。


にほんブログ村テーマ WEB内覧会*リビングへ
WEB内覧会*リビング


にほんブログ村テーマ リビングのインテリアへ
リビングのインテリア


にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへ
スッキリさせた場所・もの

thumb_IMGP0174_1024

お正月飾りは収納し、
いつものお気に入りのディスプレイを
サイドボードに施しました。



リビングの照明は、
統一、したわけではないのですが、
たまたまルイスポールセンの、
ポール・ヘニングセンデザインのもの。
照明も一つ一つ集めたもの。

どれも愛着があります。

 

にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ
Louis Poulsen ルイスポールセン


にほんブログ村テーマ 我が家の照明☆ライト☆灯りへ
我が家の照明☆ライト☆灯り


にほんブログ村テーマ 間接照明へ
間接照明


にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング


thumb_IMGP0175_1024

アラジンストーブも
定期メンテナンスを。

でも、そろそろ芯がなくなってきた様子。

ブルーフレームがきれいに出ないので、
近いうちに交換しなくては。

thumb_IMGP0171_1024

お正月やクリスマスなどの
イベント感のある特別な雰囲気のわが家も好きですが、
いつもの「普段着」な状態の
リビングがやっぱり一番落ち着きます。



さて、そんなわが家ですが…


できたら今年、迎えたいな、と思っている
北欧ヴィンテージの家具があります。


スペース(と予算…)があればたくさん欲しい家具はあるけれど、
生活に密着していて、
必要性を感じているのが…

thumb_IMGP0172_1024

この、大きなダイニングテーブルと合わせて使う、
ダイニングチェア、です。
(「君の名は」絶賛観賞中のムスメが写っています…)


と言ってもこのテーブルは、
元はデスク、なんですが…。

フィン・ユールが「ディプロマットシリーズ」、
つまり外交官のような役職の方が使う家具としてデザインしたもので、
「どれだけ地位の高い人が使うんだ?」
というくらい、大きいデスクです。


それがたまたま、袖がない状態で販売されていて…


貴重で美しいローズウッドの木目と
デザインに惹かれて購入したものです。

フィン・ユールのデザインは
どこかすっとしていて、
でも重厚感もあって、かっこいいですよね。

 

 


現在…


その「ダイニングテーブル」には、
北欧ヴィンテージのチェアが2脚、
古いスツールが1脚、
そしてムスメのチャイルドチェアが1脚、という状態。


ムスメの生長もあって、
もうチャイルドチェアじゃなく、
普通のダイニングチェアが欲しい、というのと、

来客の際、
ムスメの学習机のヴィンテージチェアを引っ張り出したり、
2階にある私のドレッサー用の
シェルチェアを下ろしてきたり…と
厄介なので。


一つ一つ、にするか、
2脚セットにするかは全く未定ですが、
ちょっとアンテナを高くして
お気に入りのチェアを迎えられたらいいな、と思っています。


ソファも、
一人がけのピーコックチェアも
大好きなウェグナーのだから、
ダイニングも…とは思ってはいるんですが。


思ってはいるんですが…。
 

 


…。


でも、もともとどのヴィンテージ家具も
デザインが気に入って選んだものばかりなので、
デザイナーにはそんなにこだわらず、
運命の椅子を探していきたいと思っています。


と、今日はそんな取り留めもない、
今年の私の家具物欲のお話でした。


 
↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











初お目見え☆北欧ヴィンテージのダイニングテーブル〜あの作家ものが初めてわが家にやってきました

昨日の記事で
ヴィンテージ北欧家具のお店、
MOTO FURNITUREさんに
購入した家具を迎えに行ったことを書きましたが…
(過去記事はこちらです→


わが家にやってきた、愛しい子。


絶対うちになんか来るはずのない、と思っていた
名作作家の家具。



こちらがうちの
新しい
ダイニングテーブルです。



thumb_IMGP6721_1024


初めまして。

Mr. Finn Juhl。

ようこそわが家へ。

フィンユール様!
thumb_IMGP6764_1024


そう、迎えたのは、
フィンユールの作品なのです。

thumb_IMGP6738_1024

昼間は光が差し込むと
明るく写るので
チークやオークのように見えますが、
材はローズウッド。

thumb_IMGP6728_1024

脚や側面の方が
ローズ感が強いかな。

でも、夜になると
ひときわ色が落ち着いて
また昼とは違う顔をみせる
不思議な素材です。


フィンユールの名作ヴィンテージ

 
 
 

デンマークはCADO社。
1960年代初頭に作られたものだそう。
thumb_IMGP6726_1024

(テーブルの下に潜り込んで撮りましたw
間違ってもムスメに
剥がしてはいけない!ってことを
言っておかないと…)


こちらは
ディプロマット(外交官)・シリーズの
デスク。

そう、本来は
ダイニングではなく、
デスク、なのです。
(こちらも北欧家具といえば、な
スワンキーさんのHPで
デスクの状態の写真を発見→


その名残として、
thumb_IMGP6727_1024
天板裏には
チェストを取り付ける金具が残されています。



このテーブルを見つけたのは
もちろん私、ではなく、
いつもの通り、相方さん。


「どう思う?」

と聞かれた時、
サイズが幅190と、
予定していたどんなダイニングよりも
格段に大きいことにびっくりしましたが、
元が机ゆえに、
奥行きは95と案外普通だったこと。


そして、
元がデスクだけど引き出しがないこと、
お店側の店舗リニューアルのタイミング、などなど…

たくさんのご縁が重なって、

フィンユールの作品としては
手に入らないだろうという値段で
譲っていただきました。


そして何より…

いつか、と考えている
(妄想でしかないけれど…笑)
自分たちの家の
壁に、床に
このテーブルがとてもしっくりと置いてある姿を
簡単に想像できたことも
大きな決定打になりました。

thumb_IMGP6723_1024
これも、デスクの名残、ですね。
こちらがチェアを置く側だったんだと思います。


thumb_IMGP6724_1024

中央部分だけ少し凹ませてありますもんね。

反対側の側面は
こんなふうにまっすぐで
デスクの面影がここにもあります。

thumb_IMGP6734_1024


一体、どんな人が、
どんなシーンで使っていた机なのか…

今、まさにその場所で
ブログを更新していて
それを妄想すると
ドキドキしてしまいます。


thumb_IMGP6722_1024
メンテナンスはほぼ施されていない状態なので、
こういうふうにウレタン塗装が
一部取れていたり、ということはあります。


最初はその
ウレタン塗装による光沢が
どうかな〜、と思っていたのですが、
リビングに置いてみると
まったく嫌なツヤツヤ感はないので
当面はコンディションが気になるまではこのまま使う予定。


もし、メンテをしたい、という時は…
わが家のリペア職人(笑)が、
きっと手を出すんだと思います。
(木工作家とか、リペア職人とか、
なりたい職業がいっぱいあるんです、うちの相方さんw)

引き取る際、
店員さんがリペアの方法について
とてもとても丁寧に教えてくださったのも
感激でした。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



では、
新しいわが家のリビング&ダイニングの眺めを
改めまして
ビフォーアフターで。

Before
thumb_IMGP6397_1024

after
thumb_IMGP6715_1024


その他の角度からも
今の風景を。


ずっとチークのテーブルを、と思っていたけど、
こんなにもローズがかっこいいなんて。
(自画自賛ばっかりでごめんなさい。)

thumb_IMGP6717_1024



ダイニングから見た眺めは
こんな感じに。
thumb_IMGP6729_1024



テーブルが長く、
一部分をガラス棚に隣接させることしか
できなかったので、
その分、長さを生かして
贅沢に一面は
窓際にぴったりとつけて
ディスプレイスペースに。
thumb_IMGP6731_1024

thumb_IMGP6738_1024
椅子も両面
余裕で2脚入ります。
ものによっては
3脚もいけるかもしれません。

(となると、
ムスメのキッズチェアをはじめ、
買い替えや買い足しへの妄想が
むくむくと膨らみます…)

本当に大きく広いので、
家族みんなが、
例えば私はミシンを、
彼は趣味を、
ムスメはお絵かきを…
なんてやっていても
全然余裕だし、
食事以外にも
そんな光景もいいなぁ、と。

thumb_IMGP6732_1024
ディスプレイした、
リンドベリのアシュトレイ。
真ん中にドーンと置いても
かっこいいかも。

thumb_IMGP6733_1024

大きいテーブルなのに、
リビング側のソファとの間に
椅子を置かなくても良くなったことで
部屋自体もスッキリ見え、
そして行動動線もスムーズになったのは
予想外の、嬉しい結果でした。
thumb_IMGP6735_1024


ただ…
ダイニングの奥に置いていた
ウンベラータは移動せざるを得なくなり、
とりあえずこの場所へ。
ウェグナーのピーコックチェアと、
GE236のソファと
グリーンが似合ったので
ポスターを移動させる予定です。
thumb_IMGP6736_1024



より部屋全体が
キリッとした感じがします。

thumb_IMGP6737_1024



わが家に…

こうして、特別な存在が
少しずつ
でも二人で真剣に話し合って
選んできたものが揃っていく…


初めてこの賃貸戸建の、
最近では雨漏りもした(笑)
私と同年代の分譲戸建を初めて内覧した日は…


「うそでしょ〜?ここに住むの??」

と思った私。

でも、そこに対して
古いならではの
良さをいち早く気づいた相方さんには
最大限の敬意を。


わが家の家具って
不思議と
「これ!」
と決めたものから
実は思いもよらないものと(しかもいい方向で)
出会って迎えたものが多いです。


私は本当に
北欧ヴィンテージの家具なんて
わからないことだらけで、
でも、
一緒にたくさんのお店を回って
教わったり
実際見たりして、
すごく微々たるものだけど、
吸収していって、夫婦で納得を行くものを
選んだ結果、自然とそうなってました。



ものを選ぶ、
判断する、という基準が、
自分の中にできつつあって、
それを共有できてるんだな、って
思えるのも嬉しいです。


今のわが家、すごく、
居心地がいいです。

thumb_IMGP6763_1024
この本にも
ディプロマットシリーズについて
記載があったので・・・

私ももうちょっと
好きなら好きで
お勉強しようと改めて思いました。


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



間もなく終了のスーパーセール。
うちはこんな出費があったので、
レポで妄想楽しみます♪。

万能包丁はやっぱり売り切れたか…
でも、お手伝いに興味を持ち始めたムスメに
これ、買ってあげたい!



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。








フィン・ユールも愛用していた北欧雑貨

ブログネタ
北欧インテリアのある暮らし☆ に参加中!
わが家に素敵な北欧生まれの雑貨が
また一つ増えました。




101916

ORSKOV(オルスコウ 、オルスコフ)社の Metal Wastepaper Basket

箱にも書いてある通り
10186
ゴミ箱、です。

これ、フィン・ユールが愛用していたものとも知られていて…
thumb_IMGP2253_1024

彼が愛した北欧雑貨、として
紹介されているほど。
thumb_IMGP2250_1024

 
フィン・ユールは、
このゴミ箱を自邸でも使っていたんですって。 

フィンユールいろいろ
(どれも欲しい…)




 
10185

オルスコフ社は、
デンマークの会社で、
北欧のミッドセンチュリーを代表する老舗、なんだとか。

↑ごめんなさい、品切れの様子ですが…
正規取扱店さんのようなので
再入荷もあるかも?




黒のスチールの潔さと、
持ち手のラタンの異素材ミックスな感じが、
モダンだけど、
意外と場所を問わず、
活躍してくれそうです。

10194

実は、
今回もこちら、
相方さんが見つけてきたもの。

今回はオークションではなく。

たまたまフェイスブックでフォローしていたショップさんで
現品限り、のセールで手に入れたんだとか。
(定価より60%オフ?くらいだったみたいです。)

彼は長年欲しかったものらしくって
(私は今回、初めて知ったんです、これw)
とっても喜んでいました。


とりあえず現在は、
リビングのサイドボードの傍へ。
10197

チークの木目との相性も素敵♪。

101915

まだ、くずかごとして使うか、
その他の使い道でいくかは、検討中ですが。
(マガジンラック、とかに使われる方も多いみたいです。)

また新たに、
長年私たちの相棒となるべく、
北欧雑貨が増えたのでした。


↓参加しています。
読んだよ〜、のお印に、
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



 

kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【夏セールが狙い目】3シーズン活躍できるシンプル服をお得に手に入れました♪
  • 【夏セールが狙い目】3シーズン活躍できるシンプル服をお得に手に入れました♪
  • 【夏セールが狙い目】3シーズン活躍できるシンプル服をお得に手に入れました♪
  • ポイントアップデーのまとめ買いは外せない!【マラソンポチレポ第1弾】
  • ポイントアップデーのまとめ買いは外せない!【マラソンポチレポ第1弾】
  • halutaさんの都内新店舗、『haluta frø』レセプションパーティに行ってきました♪
  • halutaさんの都内新店舗、『haluta frø』レセプションパーティに行ってきました♪
  • halutaさんの都内新店舗、『haluta frø』レセプションパーティに行ってきました♪
  • halutaさんの都内新店舗、『haluta frø』レセプションパーティに行ってきました♪
archive
楽天市場


sponsored links