古く小さく愛しいわが家~北欧家具とのくらし〜

ようこそ、my old little houseへ。 北欧ヴィンテージ家具と古い住宅でつくる、居心地のいい住まい。時々、器や服、仕事、子育てのこと。

ていねいな暮らし

築約35年の賃貸戸建×北欧家具と手仕事のくらし。
家族にとって、私にとって、心地よい空間、心地よいすまいを。

フルタイムワーキングマザー。趣味が高じて整理収納アドバイザーの資格を取得。
目指すのは、「本当に好きなものに囲まれた暮らし」。

Instagram☆古く小さく愛しいわが家 side-B はインスタで↓

Instagram

登録されると、更新情報が届きます。

***
整理収納アドバイザー
ルームスタイリスト1級

うつわのこと、お花のこと、日々の出来事、子育ての記録も時々綴っています。

※このブログの文章、および画像等を無断で使用・転載しないようお願いします☆。

高価じゃなくても、年相応なものを選びたい。

一昨日から
東京蚤の市についての記事を
しつこーく書いていますが…(笑)。


ここに足を運ぶ
理由の一つとも言えるのが、
こちらのお店のアクセサリーを買うため、
と言っても
私的には
過言ではないのです…。
thumb_IMGP8422_1024

今回は朝早く訪れることができたので
作家さんご本人ともお話できて、
本当に嬉しかった〜。

trois produits.さん。
thumb_IMGP8493_1024


お気に入りの作家さんです。


今回私が迎えたのは、
こちらの繊細なバングル。

thumb_IMGP8489_1024


真鍮、だったかな?
(お話に夢中になってしまい、
金メッキか真鍮か、
忘れてしまいました…。)


モデルさんでもある作家さんは
トンカントンカンと、
一つずつ作品を作ったり、
自分で鋳型をつくっては
唯一無二のアクセを作り出しています。

thumb_IMGP8492_1024


傷、多い…私の左手…
(加齢も隠せませんね…笑)

同じデザインのバングルも
一つずつ手作りだから
微妙にサイズや太さが違ったり、
色合いも違います。

バングルが目に止まり、
お話をしながらああだこうだと試着していたら、
在庫の方からも取り出してくれ、
一通り身につけさせていただきました。


これも、混んでなかった時間帯ならでは。


「せっかくだから、ぜひいろいろつけてください〜」
と、優しいお言葉がけもいただきました。


で、散々試着した挙句、
決めたのは
最初に取ったバングルだったっていう…。

「いろいろ出していただいたのに、ごめんなさい」
という私に対して


「そういうの、よくあるんですよ〜。
第一印象って大きいですよね。」


と笑顔で受け答えしてくださいました。
ほっ。
実はとっても根は小心者なので
(そこで「え〜!?」って言ったの、誰?…笑)
お店の方や作家さんに
親切にしていただけると嬉しいです。


さらに嬉しかったのは…
「女の人は、アクセサリーって
プレゼントされたら嬉しいもんでしょ?」
と、相方さんが!
うちの出来のいい相方さんが!!
さりげなーく、支払いをしてくれました(涙)。


こちらの作家さんから
アクセサリーを購入するのは
これで3度目。


thumb_IMGP8491_1024

蚤の市当日も
このユーカリのリングと
スミレ?だったかな、
このピアスを身につけてお出かけしていました。


そしたらつかさず、

「わっ、いつもありがとうございます〜」
と店主さんも嬉しそうで。


爆買いしたい気持ちはあれど
そこは常にお財布と要相談。
でも、こうして、
ずっと使い続けることができる
アクセサリーを手に入れられる喜びといったら。

thumb_IMGP8423_1024


数年前までは。

安いから、可愛いから、
そこだけが基準でしかなかった、
アクセサリー選び。


でも、40が間近に見えてきて…。


ピアスは週3くらいで
こちらを選ぶし、
リングも週末のお出かけのアクセントには
欠かせない存在になりました。


今回のバングルは
御守り代わりに
ずっとつけることにしました。


早速今日、
職場のお姉さまに
「わぁ〜、それ素敵〜♪」
とお褒め頂き、嬉しかったです。



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


アクセサリーにお洋服。
身に纏うもの、全般。


それがハイブランドだとか、
そういうことではなくって、
(この間GINZA6行った時、
1、2階には
私にご縁のあるブランドはなかったし、
そういうとこには惹かれないし、
日本人はほぼいなかったし…)


この歳だから、似合うもの、
選べるものを
大切にしたいな、って
思ったのでした。
(自分が服装なりメイクなり、
小物なり…
値段、とかじゃなく、目がいってしまうから、
余計そうなんだと思います…)



にほんブログ村テーマ
30代のファッションと毎日。


30代~アラフォー主婦のファッション



気になるファッション



大人ナチュラルファッションが好き



こだわりアイテム



大人可愛い 素敵スタイル!



シンプル・ミニマルライフのファッション


少ない服で着回す


若作り、ではなく、
見栄を張る、のでもなく、
身の丈に合って…


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


そして何よりも

「今の自分に、
そしてこれからの自分にも似合うものを」


という基準を…


ブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活



小さな幸せに


シンプルで豊かな暮らし


日々の出来事



暮らし・料理・ナチュラル生活・日記


私は大切にしたいなぁって思っています。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログへ



今週末、確定?かな?
盛り上がり始めてきましいたね〜。


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











北欧家具好きなわが家のリビングに、化学変化をもたらしたもの

昨日、さいたま市の浦和に
新しくできた素敵なお店、
TAKASE さんに足を運んだ記事を書いたのですが…


ブログ村テーマ
*シンプル&ナチュラルなお洋服と雑貨*


雑貨屋めぐり


お気に入りのお店



(過去記事はこちら→


そんな気配は、
お店訪れる前から、
もうひしひしとありましたが…


とても素敵な
アートとお店で出会って
わが家に迎えました。


こちらです。

thumb_IMGP7987_1024


フランスの古い押し花。
そして、それを囲むのも
フランスのとても古いフレーム。


thumb_IMGP7982_1024

フレームは見るだけで
自分が経てきた時代を物語っていて…


thumb_IMGP7986_1024

もともとは真っ白に塗られていたであろう姿も
その経年のうちに姿を変え、
味わい深いものに。

thumb_IMGP7983_1024

飾られているのは
こんな植物。

thumb_IMGP7984_1024
上の行はおそらく植物名、と、
下はサイン、かな?

どんな人が
どういう考えで
この植物を
何十年も前に(もしかしたら100年以上前に)
採取して、
保存しよう、って考えたんだろう…。


thumb_IMGP7981_1024


もうこの一つが、
ロマンの塊で。


thumb_IMGP7988_1024

繊細な植物。
台紙からうっすらと浮かび上がっているのが
また雰囲気があり。


台紙一つとっても。
thumb_IMGP7989_1024

おそらくリネンが混じった布地、ではないかと
思われるこだわり方。

というより、
当時はプラスチックなんてなかったろうし、
ピカピカした紙なんかも
無かったからなんでしょうね。

thumb_IMGP7990_1024

後ろ姿も、
またその歴史を物語り…

thumb_IMGP7991_1024

フレームには、
ちゃんと引っ掛ける道具は付いていますが、
押し花自体は釘で止められていて…(笑)。
ずっと、一緒のコンビです。




さて、これをどこに飾ったかというと…


私がディスプレイする場所として
一番お気に入りのこの場所へ。
thumb_IMGP7994_1024


リビングの
古いデンマークのサイドボードの上。




もう、買うと決める前から
ここに飾ることを決めていました。


thumb_IMGP7998_1024

私も
相方さんも
これを飾った途端、

「ホンモノだ〜」

「ホンモノがきちゃったね〜」

と(笑)。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


thumb_IMGP7993_1024
基本、北欧の家具が好きです。





でも、それ一辺倒じゃつまらないし、
それ以外にも
素敵なものはたくさんあって。


thumb_IMGP7999_1024

あっ、カメラレンズのキャップ置いてるし…。


この装飾品を飾るに当たって
サイドボードの上に置くものも
ちょっと模様替え。


自分たちで海で見つけた流木と
笠間の陶器市で偶然出会った作家さんのお人形と、
井藤さんのシェーカーボックスを合わせました。
thumb_IMGP7975_1024


北欧の上に
日本があって、
隣には北欧があって、
そして一番上には
フランスが。




ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


そして…


目を見張ったのが
この夜の風景。

thumb_IMG_1830_1024


thumb_IMG_1828_1024

カッパーの艶やかなランプから溢れ出る
柔らかい光に照らされて
このワンコーナーに
見事な調和が。



thumb_IMGP7980_1024

「やっちゃったな〜」

「やっちゃったよね〜」

そんな私たちにしか通じない、
褒め言葉の応酬が
しばらく続いて、
その夜は
アートについて、インテリアについて、
はたまた今後建てるであろう家について、
お酒を片手に
楽しい会話が続きました。

thumb_IMG_1829_1024


わが家…、35年を超えた
団地にある
古い賃貸戸建。


とてもとても
初めはコンプレックスしかなくって、
新しいおうちがどこも眩しかった〜。


けれど。


なんか、いつかこのお家を離れると思うと
もうすっかり愛着が深く深く湧いてしまって
ちょっと寂しくもあります。


↑今日のポチ。
テーマに引き寄せられます。




ちょっと前に、
インスタでお付き合いしてくださってる方が
わが家を「唯一無二」と
とても嬉しい言葉のコメントをくださって…


正直、泣いちゃいました。
あまりにも、嬉しくて。



試行錯誤の毎日。
相方さんに作家名を間違えて怒られた日々(笑)。
アンテナを張って、
とにかくいろいろ足を運んだこの数年…


そして、この一枚との出会い。

thumb_IMG_1831_1024


この子は
来るべくタイミングにして
わが家に来て、
そしてまた
私たちに
新しい気づきを与えてくれました。



このコーナーが私たちの理想形。
じゃあ、そうすると、
このリビングの他の雑貨たちは?
アイテムは?
そして他の部屋の部分は??
と、見直したい気持ちが急速に進んでいます。



そんな素敵な道具を私たちに届けてくれた
TAKASEさんにも
心からの感謝を。



 何事も、
出会いから始まりますね。


そして、
素敵な出会いが多いと感じられる日常を送れる環境を
心から嬉しい、と思った、
科学変化が起きた1日の出来事でした。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











うちのご飯はうつわと道具に助けられている〜春のうつわ展で出会ったうつわ

先日、ミモザのリースを作り終えたその足で、
こちらの個展まで
足を運んできました。


thumb_IMGP7569_1024


いつもお世話になっている、
(というほど買えてませんが…)
大好きなお店、
manufact jam さんでの個展です。


店内は
この個展のためにやってきた
うつわでいっぱい!


ムスメと一緒に
足を運んだのですが、
お店に向かう車中…


「おかあさんがもし、
お皿を買いそうになったら
止めてね」

と無理なお願いをして。
そうでもしないと、
暴走しそうだったので(笑)。



でも、そんな防止策も虚しく…

やっぱり好きな作家さんのものには
手が止まってしまい…


「やっぱりお母さん、我慢できない…」
と話す私の隣で
横にブンブン頭を振るムスメの抑えを押し切り…
(そうしてって、お願いしたくせに…)
こちらのうつわを
わが家に迎えました。



thumb_IMGP7958_1024



桑原典子さんの
曲線鉢、5寸。


 



その名前の通りの
緩やかなカーブと、
桑原さんの持ち味の
マットで少しざらっとした
白っぽいけど真っ白ではない、
質感に惹きつけられて。

thumb_IMGP7957_1024


大鉢はあるけれど、
このくらいのサイズの
中鉢?とでもいうのかな、
ボウル状のうつわが
わが家には少ないな〜、と感じていたので
それも気に入って。


thumb_IMGP7958_1024

桑原さんのうつわは
どこかしっとりした女性らしさが
にじみ出ているような感じがあって。

春のうつわ、にぴったりな、
あたたかみのあるうつわが多くて
好きな作家さんです。


わが家の桑原典子さんの作品。


thumb_IMGP7830_1024
これで4つ目です。


北欧のうつわも好きだけれど
最近は日本の作家さんのものの方に
心が奪われることが多くなりました。

直接、作家さんとお話しする機会とかが増えると、
作品だけじゃなく、
そのお人柄にも引き込まれて、
そこでやっぱり
「この作家さんのうつわを買いたい!」
と思うようになりました。


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

thumb_IMGP7825_1024

期間限定ですが、
購入したマニュファクトジャムさんのオンラインショップに
桑原典子さんの作品が展示されています。
(オンラインストアはこちら→


私が迎えたものは
もう売り切れているようですが、
他の作品はいくつか在庫がある模様。

素敵な作品だらけで、

「作家さんのうつわが欲しいけれど
どんなものがあるのかわからない?」

と言う方にも
マニュファクトジャムさんのセレクトは
幅広くて、でも審美眼がすばらしくって
おすすめです。


ブログ村テーマ
暮らしまわりのこと*


丁寧な暮らし


スローライフな日常


暮らしをつくるインテリア*


thumb_IMGP7823_1024

今回も前回に引き続き、
益子のstar netさんの 
お箸を購入…。


先日、相方さんのを
買いに行った翌々日くらいに、
今度は私の箸先が折れ…


今回は以前と同じ方でも
無塗装のオイル仕上げの
瓢箪鉄木というタイプを買ってきました。
(こちらもオンラインストアで買えます→

 
生活に追われる中…


せめてうつわだけでも
おはしだけでも
ふと手に取った時、
ちょっと和むもの、
あ〜、これいいなあって思うもの、
そんな道具たちを選んで、
私の質素なご飯も
美味しく感じられるようにする…

 

 



わが家のご飯は
うつわと道具たちに
たくさん助けてもらっています(笑)。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











苦手なスペースこそ、お気に入りとこだわりを

住み始めて3年目。
築35年を超したわが家。

にほんブログ村テーマ 古い家に住むへ
古い家に住む


その古さに合わせて
お気に入りになったスペース、
例えばリビングや
台所、玄関などがその例ですが…


その一方で、
古さゆえになんとなく好きになれない、
というか、
どうやっても
自分の納得いくような空間にならない場所もあります。

 
洗面スペース、
お風呂、
トイレ、
などがその顕著な例。




でも…現状を克服できない、とはいえ、
100%諦めるのではなく、
より快適に思えるような工夫もしています。


その一例が、
トイレ。

18


タンク付、
一応簡素なウォシュレット
(住み始めてすぐに故障したので
不動産屋さんに相談したところ、
新品に交換してもらえました♪)
がついたトイレ、
あとは小さな窓と、
その上に棚が一段備え付けられているだけの、
シンプルで基本的なトイレです。

 
トイレ、は家族だけじゃなく、
来客時にも使う機会が多い場所。

 
なので清潔を保つことは大前提で、
それプラス、お気に入りを配置したり、
香りの演出をしたりして、
どうにかこうにか、私なりに凌いでいます(笑)。

 
トイレの中の、お気に入りたち。
fog linen workの真鍮のタオルハンガー。
18


シンプルなフォルムとこの色合いが
古い空間に似合うな、
と思って迎えたものです。 
18
トイレブラシ&サニタリーポットは
倉敷意匠の陶器製のもの。トイレの中でも脱プラスチック計画は進んでいます。
2階のトイレでは
ブラシ部分を流せるタイプのクリーナーを使っていますが、
あの色が主張している感じよりも、
よりこの場所に似合うものを、
と選びました。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準 
スペアのブラシも販売されているので、
衛生的にも安心して長く使えます。


 
ほかには…

18

ドライフラワーを施してみたり、
18

お気に入りのHOLSTEEのポスターに添えられていた、
英詩とその翻訳文を白いフレームに飾ってみたり。
18

 
(これ、トイレットペーパーの上にあるせいか、
なかなか皆さんの目につくみたいで、
「トイレにあるカード、いいこと書いてますね〜」
って言われることが多いです。)

 

 
それと香りは無印のフレグランスオイルを。

18

この木のディフューザーは廃盤になったみたいですが、
その前にセールになっているタイミングで
大量に買い込んでおいてあります。

 
普通のまっすぐな棒状のものより
香りの広がりがいい気がするし、
何よりツリー型がお気に入り。

 
トイレの香りはここ最近はずっと、
「リフレッシュ」を選んでいます。




そして、家族にも
お客様にも使いやすいように
消臭スプレーはデザインがすっきりしていて素敵な
ロハコのエステー トイレの消臭スプレーも置いて。
(一番↑の写真に写っています。)

 

 
昨年、クリーナーは
見た目も効果も抜群なこちらに変えました。
18
それまでは普通のクリーナーを使って
窓上の棚に置いてあるバスケットに入れて隠していましたが、 
お気に入りのデザインを
「見せる収納」にすることで、
空間のレベルアップにもなるかなあ、
という望みを込めています(笑)。 
何気ない場所の何気ない個所。
自分の好みとはかけ離れている場所。
でも、完全に諦めて放棄するより、
自分が好きなものを置いたり、
使ったり、で、
ちょっとは気分よくする、というのが
古いわが家に暮らすという経験から、
学んだことの一つです。



↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











長く使いたいモノを持つこと、と待望の再入荷♪北欧のあの子をスピードポチ

古い家具と古い家と暮らすわが家。

ですが、
古いモノ好きは、
家具と家、雑貨だけでなく…


装飾品や
身に付けるものも
古いものが好きだったりします。


もう、この辺は
完全に相方さんの影響で。


もともと私が持っていた古いモノといえば、
アイルランドのキルトスカート
(オニールみたいなウールの巻きスカートの古着)だけで、
20代半ばに買ったもの、くらい。
あ、あとは
あったことはないけれど私の祖母の形見の
手巻き式の腕時計もかな。



でも、
古いカルティエの時計をプレゼントされてから、というもの
ちょっとその辺の持つ味わいにも
魅了され始めています。
thumb_IMG_1727_1024


手首、太っ…。
じ、実際はここまで太くない…はず…。


さて、そんな
私の師匠的存在でもある彼の宝物が
このたび綺麗に生まれ変わりました。

thumb_IMG_1679_1024

古いオメガの時計。
シーマスター、っていうの??
(私はその辺、疎いのです…)


長く日常で
バリバリ使い続けて
気づけばベルトが
こんな状態に…

thumb_IMG_1677_1024

 
それで、ちょっと可哀想に思えて(笑)
前回のお買い物マラソンで
替えベルトをポチしたのでした。



買ったのも、この大きく載っているカラーのもの。

thumb_IMG_1676_1024
この状態のベルトから、

thumb_IMG_1678_1024
このベルトに付け替えた時の、
相方さんの嬉しそうな表情と言ったら(笑)。


年上、なはずなのですが、
時々、なんだか
少年がいるような、
(いや、幼児の時もあるか… )
そんな感覚になることが
多々あります。


相手が笑顔になるような
お買い物をするのは
私にとって
喜びの一つでもあります。


今って腕時計って、
100円ショップでも売っていたり、
その一方でおうちが建てられる値段のものもあったり…


でも、その中の選択肢の一つとして、
古いものを譲り受けたり、見つけたりして、
大切に使っていくって
素敵だな、って思えるようになってきました。


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


さて、話がガラッと変わりますが…


私はノートに
「いつか欲しいものリスト」 
というのを綴っていまして…


それは手に入れようとすれば入る価格のものから、
多分、到底無理だろうというような
憧れのものまで、様々なんですが…


そのリストにある一つのものが、
再入荷通知が来たので、
次回の買い周りイベントを待たずに
ポチっとしました。


こちらです。




いくつかのお店で
再入荷していたのですが、
こちらのお店は26日まで全品ポイント2倍だったので♪。


他のショップでも
同じ価格で
再入荷されてますね。



実は…

scopeさんでこのキャセロールが再入荷する、
という情報を知ってから…



ずっと睨んでいたのです。


他のお店も再入荷するんじゃないか、と…



scopeさんは正規取扱店。

でも私は、
このお鍋を欲しいと思ってから、
ずっと最安値のショップをチェックしていたのですが、
今回は最安値、ではないけれど、
並行輸入を取り扱うお店で
かなり定価より安く買えたので…。


scopeさん大好きだけど、
この値段差には、勝てませんでした…。

 

ティモ・サルパネヴァのデザインのものは
これでわが家は二つ目。 
 
フェスティーボ、という
キャンドルホルダーに次いで、になります。


ガラスのものも
たくさんデザインしているんですよね。

ちなみにわが家のは
いつもお世話になっている
古道具屋さんで3000円で売られていたのを
見つけたものです。
あっ、これも古いものですね(笑)。


念願のサルパネヴァのキャセロール。

きっとこのお鍋も
ずっと長く、
きっと一生寄り添うわが家の宝物となるだろうな♪


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。











kanade

kanade

好き、に囲まれたくらし

北欧家具・古いもの・うつわ
お花・日々のこと…etc.
整理収納アドバイザー

sponsored links
search
gallery
  • 【寒い季節の温活】身体がホッとする、マイ定番
  • 【寒い季節の温活】身体がホッとする、マイ定番
  • 【寒い季節の温活】身体がホッとする、マイ定番
  • 【寒い季節の温活】身体がホッとする、マイ定番
  • 【メイクは誰のためにする?】気分を上げてくれたクリスマスコフレ
  • 【メイクは誰のためにする?】気分を上げてくれたクリスマスコフレ
  • 【メイクは誰のためにする?】気分を上げてくれたクリスマスコフレ
  • 【メイクは誰のためにする?】気分を上げてくれたクリスマスコフレ
  • 【メイクは誰のためにする?】気分を上げてくれたクリスマスコフレ
archive
楽天市場


sponsored links