先日、都内へお出かけした際に、
cotogoto さんへ足を伸ばしたことを記事にしたのですが…


(過去記事→) 


お弁当箱展を目的だったのに、
連れて帰ってきたのは、
こちらでした。

thumb_IMGP9500_1024

 



山田工業所の、打ち出しフライパン。
TARO。
thumb_IMGP9507_1024




今までわが家は…
脱テフロンを徐々に進めていて…


フライパンはすでに
ドイツの鉄フライパン、タークに乗り換えたのですが…

これね…
焼きあがりとか、
伝熱性とか、
デザインとか…

本当に「よくできてる」と思う
キッチンツールなのですが…


欲張って30cmにしたので
お、重いんです…。


例えばフライパンを振るような作業がない調理、
お肉を焼いたり、
パンケーキ焼いたり、
そんなのには問題はないんですが…・


炒め物とか、
ちょっとお鍋を動かしてお料理したい、というのには
私の腕力では無理だったので、
軽い素材のものが欲しいなぁ、と思っていて。


そんな最中、
お店の片隅で
アウトレットで販売されている
この中華鍋を発見!!


そして手にした時の
衝撃的な軽さといったら!!!

thumb_IMGP9506_1024


佇まいまでも美しい…


そのアウトレットの理由、っていうのがですね、
thumb_IMGP9499_1024

かろうじて見えるかな?
この傷のせいなんだとか。


どうせ使っていればそんな傷すぐにできてしまうのに、
いいの〜、と思ったほど。


それでも購入を迷っていたのですが、
最近はもっぱら私より厨房に入る率が高い
相方さんが買ってくれました♪

ありがと〜。



thumb_IMGP9501_1024

日本で唯一の打ち出し製法で作られている
フライパンなのだとか。
それにより、厚さ1.2mmの薄さが実現している
鉄鍋なのです。

持ち手がチタンになっていることで、
熱が伝わりにくく、
特にミトンや布で包まなくても
さっと手に取ってお料理できるのが嬉しいです。

 

お揃いの山田工業所さんの中華お玉も欲しくなります…。
それと、
鉄鍋を愛用するには
ささらが必需品だと実感する今日この頃です。

thumb_IMGP9505_1024

鉄とチタンを繋げる、
こんな柄の細部にまで
職人さんの仕事がしっかり詰まっているお鍋。








普通のフライパンタイプもあります。

 


thumb_IMGP9509_1024
無骨なデザインは、
わが家の古いキッチンに
よく馴染む。


thumb_IMGP9515_1024


TURKのフライパンも
最近ようやく使いこなせるようになってきた感がある中で、
この中華鍋にも
期待大なわが家なのでした。


これからも、
末長く、
どうぞよろしくね♪


まだ炒め物しか使ってないので、
早くチャーハン作りたいです(笑)。

前回放送の
「マツコの知らない世界」も
面白かった〜。


長年悩んでいた卵焼器も、
放送されたこちらにしようかと
影響を大きく受けています(笑)。



どうせ買うなら、
使い捨てなくていいもの、
長く使いたいもの、
支持したいと思う作り手さんが作ったものに囲まれて暮らしたい…
私の基準はそこになるべくおきたいと思っています。

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

↑管理人をしています。
トップブロガーさんも参加してくださっていて嬉しい。



 

今回のこちらも
日本の道具好き、器好きには
オススメの2冊。
雨の日の、いいお供になりました。


 
↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


スコープさんに
あの椅子が、入荷されましたね〜。
今夜10時販売開始とか。


かわいいな〜、素敵だな〜。
迷ってどれか一つに絞れない。

そう言っているうちに争奪戦になるんだろうな…。


このモデルは、今回限り。
再販なし、とされているそうですよ。

にほんブログ村テーマ scope (スコープ)へ
scope (スコープ)





アルテック / スツール 60 。
ミナの生地はちょうちょ、とタンバリン。
[ artek / stool 60 mina perhonen ]


アルテックのスツールを買うなら
3本足、と決めていたので
そこがさらに購買意欲をくすぐられます。


さあ、どうする私。



↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。