数日前は、
相方さんの誕生日でした。


都合がつく限り、
お互いの誕生日は
お休みをとって、その日を楽しむようにしています。


で。


どこに行きたい?
という話になり、
足を運んだのは
新国立美術館。
thumb_IMG_0101_1024


ここの美術館、好き。

にほんブログ村テーマ 美術館、博物館、ミュージアムへ
美術館、博物館、ミュージアム



2回目ですが、
前回訪れたのは、
数年前の私の誕生日。

写真家の
アンドレアス・グルスキーの
日本初の個展の時でした。


おそらく、
世界一の高値がつくフォトグラファー。
プリントのポスターでいいから欲しかったけど、
桁が違って諦めたっけ…。



どうやらお誕生日に
ご縁のある美術館のようです。

 thumb_IMG_0102_1024


thumb_IMG_0115_1024


ロビーを見上げた先には
レストラン。
こちら側はYチェアが見えますね。

 
thumb_IMG_0114_1024

いたるところに
名作と呼ばれる椅子や、照明が。

それだけでも、
テンションを上げてくれる場所。

 

 

で、肝心の、

thumb_IMG_0103_1024

ジャコメッティ展。
(オフィシャルサイト→

インスタで繋がってる方とか、
好きなお店の店員さんとかの
SNSの投稿を見ては
早く行きたいとうずうずしていました。


1900年初頭に画家を父に持つ家庭に生まれた彼の作品。



恥ずかしながら、彼のことは、
有名な作品を何かで見たことがある程度で
じっくりと彼のことやその他の作品や、
それを取り巻く芸術史は
今回改めて知りました。


thumb_IMG_0104_1024

最後のコーナーだけ
写真撮影可だったので、
そちらに展示された彼の有名作を。

thumb_IMG_0106_1024

写真じゃ伝わらないけど、
とにかく大きい。
2メートルはあるんじゃないかな。

thumb_IMG_0108_1024

「歩く男」。


thumb_IMG_0109_1024

たくさんの人で賑わっていたけれど、
何か、静寂な感じが空間にはあったのは
作品の持つ迫力からなのかな。


thumb_IMG_0111_1024



その影さえ
見入ってしまう。
thumb_IMG_0112_1024

thumb_IMG_0107_1024


作品を見ると、
とってもガリガリなおじいさんが作っていそうな
雰囲気はあるけれど、
当時の写真を拝見すると、
パリが似合うまあ雰囲気のあるおじさまでした。


ずっとずっと、
その形を追求することに取り憑かれ。


献身的な弟、妻、そして
日本人の友人。
その3人がとても彼の中で
支えだったのだろうなぁ、と。

 
こんなシュールな作品だけど、
実際に見て暗さや負の感情を抱かないのは、
予想外の展開でした。

にほんブログ村テーマ デザイン、アートへ
デザイン、アート

世の中には自分の知らない、
素敵なもの、かっこいいものが山ほどあるんだなぁ。


thumb_IMGP9361_1024

デザインが気に入って
Tシャツまで買ってきてしまう始末。


帰宅後は、ムスメと一緒に、
ささやかな食事をお家でゆっくり楽しみました。


ブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活



小さな幸せに


シンプルで豊かな暮らし


日々の出来事




肝心のプレゼントは、
まさかのサイズ・型違いで
現在返却中…という間抜けな私。


でも、今年もまた、
大切な人の誕生日を
素敵な思い出と共に過ごせたことに、感謝です。

 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram


↓登録で更新情報をお届けできます♪



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。