古い家具と古い家と暮らすわが家。

ですが、
古いモノ好きは、
家具と家、雑貨だけでなく…


装飾品や
身に付けるものも
古いものが好きだったりします。


もう、この辺は
完全に相方さんの影響で。


もともと私が持っていた古いモノといえば、
アイルランドのキルトスカート
(オニールみたいなウールの巻きスカートの古着)だけで、
20代半ばに買ったもの、くらい。
あ、あとは
あったことはないけれど私の祖母の形見の
手巻き式の腕時計もかな。



でも、
古いカルティエの時計をプレゼントされてから、というもの
ちょっとその辺の持つ味わいにも
魅了され始めています。
thumb_IMG_1727_1024


手首、太っ…。
じ、実際はここまで太くない…はず…。


さて、そんな
私の師匠的存在でもある彼の宝物が
このたび綺麗に生まれ変わりました。

thumb_IMG_1679_1024

古いオメガの時計。
シーマスター、っていうの??
(私はその辺、疎いのです…)


長く日常で
バリバリ使い続けて
気づけばベルトが
こんな状態に…

thumb_IMG_1677_1024

 
それで、ちょっと可哀想に思えて(笑)
前回のお買い物マラソンで
替えベルトをポチしたのでした。



買ったのも、この大きく載っているカラーのもの。

thumb_IMG_1676_1024
この状態のベルトから、

thumb_IMG_1678_1024
このベルトに付け替えた時の、
相方さんの嬉しそうな表情と言ったら(笑)。


年上、なはずなのですが、
時々、なんだか
少年がいるような、
(いや、幼児の時もあるか… )
そんな感覚になることが
多々あります。


相手が笑顔になるような
お買い物をするのは
私にとって
喜びの一つでもあります。


今って腕時計って、
100円ショップでも売っていたり、
その一方でおうちが建てられる値段のものもあったり…


でも、その中の選択肢の一つとして、
古いものを譲り受けたり、見つけたりして、
大切に使っていくって
素敵だな、って思えるようになってきました。


にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


さて、話がガラッと変わりますが…


私はノートに
「いつか欲しいものリスト」 
というのを綴っていまして…


それは手に入れようとすれば入る価格のものから、
多分、到底無理だろうというような
憧れのものまで、様々なんですが…


そのリストにある一つのものが、
再入荷通知が来たので、
次回の買い周りイベントを待たずに
ポチっとしました。


こちらです。




いくつかのお店で
再入荷していたのですが、
こちらのお店は26日まで全品ポイント2倍だったので♪。


他のショップでも
同じ価格で
再入荷されてますね。



実は…

scopeさんでこのキャセロールが再入荷する、
という情報を知ってから…



ずっと睨んでいたのです。


他のお店も再入荷するんじゃないか、と…



scopeさんは正規取扱店。

でも私は、
このお鍋を欲しいと思ってから、
ずっと最安値のショップをチェックしていたのですが、
今回は最安値、ではないけれど、
並行輸入を取り扱うお店で
かなり定価より安く買えたので…。


scopeさん大好きだけど、
この値段差には、勝てませんでした…。

 

ティモ・サルパネヴァのデザインのものは
これでわが家は二つ目。 
 
フェスティーボ、という
キャンドルホルダーに次いで、になります。


ガラスのものも
たくさんデザインしているんですよね。

ちなみにわが家のは
いつもお世話になっている
古道具屋さんで3000円で売られていたのを
見つけたものです。
あっ、これも古いものですね(笑)。


念願のサルパネヴァのキャセロール。

きっとこのお鍋も
ずっと長く、
きっと一生寄り添うわが家の宝物となるだろうな♪


↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram



☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。