先日、買った
こちらの本に
どはまりしています。


にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング


にほんブログ村テーマ 照明・ペンダントライト・デスクライトへ
照明・ペンダントライト・デスクライト

 



照明って本当、
その空間の要だなぁ、と
今の家に住むようになってから
つくづく思うようになりました。


thumb_IMG_1343_1024

国内外問わず、
新旧問わず、
北欧ものに限らず、
名作ぞろいの一冊ですが、
照明に詳しくない私でも
虜になる程、見応えがありました。


個人的に嬉しかったのは…

thumb_IMG_1342_1024
ポールヘニングセンについての特集が組まれ…

にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ
Louis Poulsen ルイスポールセン


わが家のこのダイニングの照明の
ph5と
thumb_IMGP6717_1024
リビングの照明、
コントラストが
大きく掲載されていたこと♪



フィン・ユール様のお宅にもある
ライトなのです…。 

「えへ、うち、同じ部屋に両方あるし〜」
って自己満足に浸る、
ちっちゃい私…。

寝室には、破格で見つけた
こちらのヴィンテージを置いていますが…


賃貸物件で
照明が取り付けられていたにもかかわらず、
↑のような大好きな北欧のものから、
東欧のインダストリアルなもの、
フランスの古い裸電球、
古道具屋さんで見つけた
ガラスシェードの古い日本のライト、などなど…

照明を取り替えたことで
この
アラフォーの家も
ちょっとましになったというか、
それ以上に、
古さを生かすアイテムになっているな、と
感じます。

にほんブログ村テーマ 我が家の照明☆ライト☆灯りへ
我が家の照明☆ライト☆灯り


と、こんな感じで、
家具もだけれど、
照明も大好きなわが家なのですが…

先週末、都内に出た時に
足を運んだ
keizoさんにて…


「うわぁ〜、これだ…」


と、
とある照明に
一目惚れをしてしまって
困っています…。


それは、こちら。

louis poulsen(ルイスポールセン) PH 3 1/2-2 1/2
Copper Floor (カッパー フロア) 純銅製


楽天でも2社さんが
扱っているようです。





今年9月から
来年1月末までの
完全受注生産。


実は、
去年、何かの雑誌で
これのテーブルランプが限定発売される、
という記事を目にした時も
「はぁ〜」
って、溜息をこぼした覚えがある照明。


通年発売されているのは、
このカラーのタイプ。

もちろんこちらも素敵で、
憧れではあったんだけど…

thumb_IMGP6822_1024

この、カッパーの色の
美しさは、ずるい。

thumb_IMG_1347_1024

お店の空間。

このライト、
シェードがカッパーと
ホワイトガラスの2種が付いてきて
気分によって取り替えられるっていう、
これまた心憎い演出力の持ち主。

thumb_IMG_1348_1024

ガラスも3層に分かれていて
光の美しさが
計算され尽くされているのだとか。

thumb_IMG_1349_1024

上から覗き込む、の図。


はっきり言って店内は
私たちが場違い、という感じの
名作ぞろいでしたが、
対応してくださった店員さんの
親切なことと言ったら…。

おみやげに、
パンフレットまでいただきました。
thumb_IMGP6821_1024

こちらのカードは
そのまま飾れそうなくらいの
クオリティ。
thumb_IMGP6819_1024

thumb_IMGP6820_1024


た、溜息…。

このラインは
ペンダントラインに始まり、
テーブルランプ、
そして今年の
フロアランプと
3年にわたって展開されているそう。


中でも昨年のテーブルランプは
販売後も、
問い合わせもとても多かったそう。
「心苦しい思いでした〜」と
店員さんがお話しされていました。



でね、オークションとか覗いてみるとですね…
去年のテーブルランプが
3倍近いお値段で
出品されているんですよね…。



って考えると…


この惚れ込んでしまったフロアライトは
この受注期間を逃してしまうと
べらぼうなお金を出さないと
そうは簡単に
手に入らない、ってことだなぁ、って。



夫婦ともに
惚れ込んだライト。


これを逃すと、
きっとわが家には来ないライト。


私が思い描く、
建てたい空間にしっくりはまるのが
容易に想像できる
このライト…。


確かに決して安い、どころか
今のわが家にとったら
とてもとても清水買いなものだけれど、
迎えたことによって
後悔一切ないだろう、って確信があるし、
むしろ、
手に入れなかったら
ずっと
「あれは買いだったかな〜…」
って思う確信も、あるし…


にほんブログ村テーマ 幸せの基準・・・へ
幸せの基準・・・


そう考えると、
ものの値段って、
その価値って、
やっぱりいかに納得いくものを選ぶか、
だと思うのです。


で、そんな喉から手が出るくらい
欲しいこのライトも
リビング、ダイニングと同じ、
ポール・ヘニングセンが元のデザイナーって思うと、
ご縁すら感じてしまって…


もちろん、
今はまだ決断は出ず、
ぎりぎりの1月いっぱい
考えると思います…
(あ、年末ジャンボが当たってたら
即決します…笑)




出会わなきゃよかった〜、とも思うけれど、
実物を間近で見ることができて
良かったと心から思える
美しい照明に出会えました。
 

↓参加しています。
読んだよ〜のお印に
画像をクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

↓Instagramはこちらからどうぞ
Instagram





感謝祭、大物を買うにも、
クリスマスプレゼントを選ぶにも、
帰省&後年始の挨拶にもベストタイミング。
 

 




☆楽天ROOM☆
↑マイペースで更新してます。