ブログネタ
家具・インテリア に参加中!

まだ、今でもあの衝撃は忘れられません。
今の賃貸戸建を見つけてきた相方さんに、
初めてこの建物を見せられた時のことを。


不動屋さんの紙ベースの情報は見ていたし
築年数と家賃から言って…
まあ、ある程度の覚悟はしてたんだけど…。


「ボロい!古い!!なんか薄暗そう~…」


お庭も草ボウボウだったこともあり、
何一つプラスのイメージが持てなかった私。

でも、とりあえず内覧しようよ、とその日のうちにそんな運びになり、
不動産屋さんに見せてもらい、
中を見ると「ん?もしかしていいかも??」
と思えるようになったんです。

たとえば窓が多く日当たりがいいこととか、
建具の色とか、
想像より中身はきちんとクリーニングが入っていたこととか(笑)

と、いろいろとあったんですが、
中でも気に入った場所の一つがこれでした。

IMGP9232


キッチンに備え付けの、真っ白い食器棚です。

まるで家庭科室の食器棚みたいだけど、
真っ白で清潔感があるし、
硝子戸と木の引き戸、引き出しと、
見せる収納も隠す収納もできるし、
なにより、たくさんしまえそう!そう思ったのを覚えています。


今は向かって左側のガラス戸部分を特に好きな食器の収納に、
IMGP9235

右側はグラス、カップ、
使用頻度が高い食器類’ティーマやロールストランドの器、お椀など)
をしまっています。

これとか、これとか。


IMGP9234


上下の引き戸部分は、ストックだったり、
めったに使わない来客用の食器だったり、
おつまみや娘のおやつをしまっていますが、
まだ模索中、といったところです。

IMGP9237

ここのスペースは、大好きな笠間焼の額賀章夫さんのものを主に。
額賀さんのことも、和食器のことも、教えてくれたのは相方さんです。
(私はアラビアとかが好きだったので)


お気に入りの食器を眺められるキッチン、
なかなか古くても悪くないです。


↓参加しています。読んだよ、のポチ頂けると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村